2017.06.16
FASHION

“スケスケ”が正解だった! 40代必見の失敗しないサングラス選び

夏の定番アイテム“サングラス”。しかし、「なんだかイカつくなってしまう……」「自分の顔には馴染まなくて……」と敬遠してしまっているOC世代も多いのではないだろうか。 実はそれ、正解を知らないだけかも? そう、夏のサングラス選びには正解があったのです。それは“スケスケ”。一体どういうことなのか⁉ 実際のアイテムを見ながら、解説していこう。 加えて、夏のサングラスのお供にぜひ手に入れたい“あいつ”も合わせてご紹介。

クリアで立体的なデザインが作る“ヌケ感”

パイン/ME1021SG
素材から仕上げまで全て日本製にこだわるファッションブランド、パイン。特にアイウェアには力を入れており、その確かな造りと独自のデザインは多くのファンを持つ。「ME1021SG」はブルー×ブラック、ブラウン×クリアなど二層に重なったプラスチックフレームが特徴。透け感のあるフレームと半透明のレンズが相まった立体的なデザインが、サングラスらしからぬ“ヌケ感”のある印象に。各3万2000円

 

ニューヨーク発ブランドから、海を渡ってやってきた“スズメ”

チャリ&コー/SPARROW
日本の「チャリンコ(=自転車)」からその名が付けられ、小さな自転車ショップからスタートしたニューヨーク発のファッションブランドの人気モデル。オーソドックスなウェリントンタイプで、薄色レンズ。東洋人も多く集まるニューヨークらしい、ややアジアンフィットなサイズ感も、日本人にはうれしいポイントだ。少しポテッとしたフォルムがスズメに似ていることからSPARROWという名前に。各1万円

 

イカつい男の代名詞⁉ ティアドロップもこんな爽やかさならあり

ネイティブサンズ/RYDER
航空機パイロットが上空の強い日差しから目を守るためオーバーサイズに作られており、夏の日差し避けには最適なティアドロップタイプ。でも、ティアドロップといえば、昔の刑事ドラマでイカつい警部が掛けていたイメージの人も多いだろう。しかしこんな半透けレンズに、細身の爽やかなサテンホワイトのフレームを組み合わせた「RYDER」なら、Tシャツ・短パンに加えるだけで、夏の爽やかなオッサンの出来上がりだ。4万4000円

 

“目力”急上昇⁉ あのスターも愛用した老舗の定番


ペルソール/0PO0649(95/58)
映画の007シリーズやターミネーターなど多くの映画でも登場し、あのスティーブ・マックイーンも愛用したとして知られる、イタリアの老舗アイウェアブランドのロングセラーモデル。やや重い印象になりがちなオールブラックのアセテートフレームも、薄色レンズが掛けたときの圧迫感を排除してくれる。ブリッジに施された“遊び”がこだわりを感じさせ、夏の薄味なコーディネイトを“目力”で補完する逸品。各3万2000円

NEXT PAGE /

“スケスケが正解”その理由とは?

勘の良いOC読者諸兄ならもうお気づきだろう。そう、“スケスケ”の正体は「レンズ」。真っ黒や偏光のレンズももちろん有りだが、この夏はじめてのサングラスを選ぶなら、表情がスケスケの「薄色レンズ」が正解。
表情がわかるのでフレームを問わずイカつい印象にならなくて済み、薄い色であるほど爽やかなイメージも加えてくれる。ブルーやグリーン、ブラウンなどのカラーレンズを選べばさらに夏らしさはアップ! 夏のサングラスデビューに打ってつけなのが、“スケスケ”のレンズなのだ。

と、この夏のサングラス選びの答えがわかったところで、もうひとつ、サングラスのお供にぜひ手に入れたいアイテムがある。サングラスをアクセサリーに変える「グラスコード」だ。

海でも、街でも、「グラスコード」で、サングラスはアクセサリーに変身

屋内でも掛けられる薄色レンズのサングラスも、外したいシーンもある。そんなとき、ケースに入れてカバンの中へしまうよりも、グラスコードで“アクセサリー”にできたほうが、うれしいに決まってる。海と街。ふたつのシーンに合わせたグラスコードをご紹介。

海から生まれたメガネ用“リーシュコード”
トニータイズサン

サーフボードとライダーを繋げるためにある「リーシュコード」。そのサーフアイテムにインスパイアされたアメリカンカルチャーを愛する東京生まれのブランド、トニータイズサンが作った「グラスリーシュ」。全体にウェット素材のみを用い、もちろん濡れても問題なし。海はもちろん、山でも川でも、夏のアウトドアにピッタリなグラスコードだ。背面に書かれた「ハワイ」、「カリフォルニア」、「ストップ ワーキング」など、気持ちを“休日”に持っていってくれる一言も小粋。各2000円

落ち着いたデザインに、都会的バイカラーの装飾
ディフューザー

近年拡大が著しいアイウェアファッションの世界。しかし、メンズの「アイウェア アクセサリ」に関してはまだまだ選択肢が少なく、もっと洗練されたアイテムを世に届けるべきだという思いから生まれたブランドがディフューザーだ。柔らかいミンクル(乳牛革)で作られたグラスコードも、落ち着いた印象にバイカラーの組み合わせが絶妙なアクセントに。単なるグラスコードではなく、洗練されたひとつの“装飾品”として、街男の首元を飾ってくれる。各7200円

 

# グッドライフストア# サングラス
更に読み込む