2017.05.07
FASHION

エルメスで、徹頭徹尾、夏気分。そして……。

ファッションアイテムが僕らに与える効果って何だろう。見た目を変えてくれる? 確かにそのとおり。でもそれ以上に「気分を変えてくれる」ことが、ファッションの面白さであり魅力なんじゃないだろうか。凝ったリボンを配した涼やかなハット。

白いレザーのタッセルが映えるモカシンに、黒×オリーブのシックなエスパドリーユ。身に着けた途端、頭から足元まで夏気分に変わるはず。たとえ曇り空だったとしても、だ。もちろんその気分がより高まる理由は、エルメスならではの美しいデザインと作りの良さにあるのだが。

[右]5万3000円 [左]8万8000円/エルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)
各7万9000円/エルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)
6万円/エルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

 

そしてもうひとつ。夏気分といえば海、海男のユニフォーム的アイテムといえばバスクシャツ。いくつか有名ブランドはあるけれど、この「フィルーズ・ダルボー」はご存じか。今もフランス国内での生産を続ける1927年創業の歴史あるニットブランド。良質なコットンでしっかりと編み込まれたこのシャツの、表情豊かな“海色”にご注目を。これは、インド藍が普及する以前の伝統的な染色法によるもの。ホソバタイセイという植物の葉を発酵させて正真正銘のパステルブルー(この方法で染めた青色をフランス語でこう呼ぶ)に染め上げているのだ。背景の確かな海色の海服。これは惹かれるなあ。

各1万5000円/フィルーズ・ダルボー(エムジェイキュー 03-3542-0393)
# エルメス# バスクシャツ# 夏気分
更に読み込む