https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0424-1-2/

同じ格好を同じに見せない、マイナーチェンジのタネあかし

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ服ばかりでは芸がないし、同じコーディネイトでは飽きてしまう。そこで重要なのが「マイナーチェンジ」。今回の「種カジのタネあかし」は、種市暁さんから、好きなコーデイネイトをずっと新鮮な気分で着続けるタネを教えてもらおう。

「種カジのタネあかし」を最初から読む

まずこの写真は、1年前の種市さんの黒×デニムなコーディネイト。

<2016年バージョン>

そして、こちらが今年のバージョンだ。同じ黒×デニムなコーディネイトでも、どこか雰囲気が違って見えますね。
<2017年バージョン>

ジャケット/マレア エッレ、Tシャツ/ワコマリア、デニム/ラグス マックレガー、靴/ノンネイティブ、サングラス/オリバーピープルズ ※すべて私物

これがつまりマイナーチェンジ。パッと見の印象は変わらないけど、明らかにフレッシュな雰囲気に。コレ、どうマイナーチェンジするかは特に難しく考えず、個人的な気分で考えてOK。例えば今回なら、黒いパンツを裾幅15cmの超スキニーなストレッチデニム、デニムアウターを超伸びるテーラードジャケットタイプに。去年のゆったりシルエットから一転、とにかくフィットしていることが種市さんのマイブームとのこと。

正直なところ、印象はそんなに変わらない。
でもここで重要なのはイメチェンじゃなくて、自分の気分を変えること。サングラスをクリアレンズにしているのも同じ理由。お馴染みのデニムスタイルも、個人的マイナーチェンジで常に気分は新鮮ってことだ。


サングラスは薄い色のレンズに変更。夜でも室内でも掛けられるから、通称“俳優サングラス”。真っ黒よりも季節感も出る。サングラスにも小さなタネが詰まっている。


オーダーで作ったネックレスはゴールドとシルバーのコンビ。枯れたオッサンには控えめなゴールドの極細チェーンを。オッサンのゴールドは見えなくてもイイんです。ちなみにこの日本ブランド、ヨイ ジュエリーは種市さんの注目株。

種市さんが目下愛用するジョンマスターオーガニックの「シーミストSスプレー」は、「海上がりのようなラフな感じに仕上がって調子いい」とのこと。種市さんが最近気になる女優、中村アンさんも使っていると聞いて、勝手に歓喜しているそう。

好きなものを身に付け続けていくと、それが自分の“スタイル”になる。ファッションは移ろうもの、スタイルは変わらないもの。変えない大きな軸と、少し変える今の気分。なんとも奥が深い“スタイル”なるものに、ちょっぴり触れた気がしてこない?

PROFILE
たねいちあきら●1972年生まれ、東京下町出身。大学は法学部にもかかわらずなぜかビームスに入社。現在はB印ヨシダ/ビームス プラネッツのディレクターとして辣腕を振るう。趣味はサーフィン。海でも人生でも!? 波に乗る男。インスタのアカウント @taneichiakira もチェック!

山本 大=写真 パラダイストウキョウ=撮影協力

このエントリーをはてなブックマークに追加
シンプルに傾倒しがちな夏のスタイルを救う「小物3点セット」がコレ
2018.07.15 / オーシャンズ的 パパ改造計画
「正直、老眼は来てますね(笑)」建築デザイナーが実践した着替えるメガネ
2018.07.11
街男・平山祐介が直感で選ぶ、自分らしい“サングラス”
2018.07.09
夏こそ、あえてレザーでドレッシーに。種市流サーフスタイル
2018.07.03 / 種カジのタネあかし
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21