https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0416-1/

37.5 歳からの私服とジミー・チュウ

このエントリーをはてなブックマークに追加

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
JIMMY CHOO -ジミー チュウ-

新しい季節を華やかに彩る、プレミアムブランドの新しいアイテム。
デイリースタイルにそれをどう取り入れるか。37.5歳からの、私服とジミー・チュウ。


シューレースを排し、スリッポンの快適さを手に入れたスエードスニーカー「ブライアン」。ウイングチップのパーフォレーションにはシルバーのスタッズが施され、ブランドのらしさであるロックテイストを醸し出す。デニムライクなカラーリングは爽やかで、迎える春にぴったりだ。

スニーカー8万7000円/ジミー チュウ
コート6万8000円/テアトラ、ジャケット2万7000円/ヤエカ パーク(ともにスティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、ニット2万7000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)、パンツ2万3000円/キャプテン サンシャイン(クリップ クロップ 03-5793-8588)

外出時に必ず持つことになる鍵。そこに付けるキーホルダーをスペシャルにすれば、日常が少し豊かになる。例えば、肉厚なカウレザーに、大小の星形スタッズをあしらったこんなのはどうだろうか?

キーホルダー2万6000円/ジミー チュウ

「ボヘミアン」や「折衷主義者」といった今季テーマを体現する3-WAYのレザーバッグ「ガブリエル」。1本で構成されるバックパックのハーネスは、伸ばせばショルダーストラップになり、外せばバッグはトートに変身する。そんな機能派を飾るのは、ジッププルに配したスタッズと、随所に入った青いパイピングだけ。そのストイックさがまた、格好いいのだ。

バッグ H35×W36×D11.5㎝ 19万2000円/ジミー チュウ

定番トート「ピムリコ」を若干サイズアップし、今季限定のマルチスタッズで彩った新作。ラフに入った大ぶりのシボとともにハードな男らしさが目を引くが、実は背面にスタッズは打ち込まれていない。この抜き差し具合から感じ取るジミー チュウのバランス感覚。大人にウケる理由はここにある。

バッグ H33×W40×D20㎝ 26万9000円/ジミー チュウ、ブルゾン5万5000円/A.P.C. 03-3710-7033、ニット5万6000円/ジョンストンズ(リーミルズ エージェンシー 03-3473-007)、デニム2万5000円/リーバイス ビンテージ クロージング(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

「エリック」と名付けられたアンクルブーツは、履き口に職人の手仕事によるフリンジが付く。それが揺れるたびに湧き立つエスニックなムードは、はき込んだデニムをより味わい深くしてくれる。端整なフォルムとキメ細かいドライスエードによるエレガンスはキープしながらも。

ブーツ14万3000円/ジミー チュウ

クルマを停めて、ふと外したサングラスは、スキー用のゴーグルとして一世を風靡したカレラ社との共作。フレームとテンプルの内側にはカモフラージュ柄が描き出されている。

サングラス3万3000円/ジミー チュウ

ブルーデニムとスタッズベルト。これほど相性のいいものはない。ブラックレザーにミニスタッズを配した一本を愛用のデニムに。それだけでいつもと違った高揚感に包まれる。

ベルト7万3000円/ジミー チュウ

小さな変化が大きな効果を生むのはよくあることだ。たとえばこの2つもしかり。スペインに起源を持ち、庶民の靴として広まったエスパドリーユは、アッパーに無数のスタッズを加えることで、がぜんモードな顔つきに。そして、ブランドの定番クラッチをコンパクトにした「デレク ミニ」は、アブストラクトなフラワーモチーフを纏うことで季節感を手に入れた。これらがいつもの格好に起こす大きな変化は、この写真が示すとおりだ。

ニット1万9000円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230、シャツ3万9000円/マディソンブルー(マディソンブルー ヘッドストア 03-5724-3339)、パンツ2万4000円/ザ ヒノキ(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、ヴィンテージの腕時計18万円/ヒロブ 表参道店 03-5413-6850
靴11万4000円、バッグ H18×W24×D2㎝ 7万6000円/ともにジミー チュウ

細かなシボに渋い光沢、ボトムの角をカットした独特なフォルム。ブランド独自のサテンレザーを使ったロングウォレットは、こうした外見だけが魅力ではない。美しいコバ、丁寧な縫製、そして緻密な設計による豊富な収納など、イタリアの職人技もまた、使う者を虜にする。

ウォレット H18×W9.5×D1㎝ 7万3000円/ジミー チュウ

ジミー チュウ
03-5413-1150

鈴木 新( go relax E more )=写真 菊池陽之介=スタイリング AMANO =ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
イチロー愛用品から極上デニムまで眠る中国エリアで掘ったグッドプロダクト
2018.01.21
【1月23日の23:59まで!】目白押しの限定スペシャルコラボアイテムを見逃すな!
2018.01.21
リジッドデニムのロールアップがキマる裏技 〜ONE MORE MOVE#005〜
2018.01.20
「バッグを持ち替えるのが面倒臭い」が本音の大人には断然コレ!
2018.01.18
2017年5月号特集
意外と好相性!? チノとテック系コートの新しいバランス感
2018.01.22
ルーズフィットデニムはロールアップで着こなして
2018.01.22
ルードな印象際立つ! キーアイテムのブーツは外せない。
2018.01.21
デニム×コンバースの定番には、トレンドのコートを合わせるのが◎
2018.01.21
ピンクを主役に、黒で脇を固める。配色の秀逸さが際立つコーディネート
2018.01.21
ベスト×デニムの王道コーデは、サイズ感で表情を楽しむべし
2018.01.21
カバーオールが復活中!野暮ったくならないヒントはシルエット
2018.01.21
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20