https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0404-04/

ボルコムから、日本クオリティのカスタムオーダーウェットスーツが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド創設より25年間、ボードスポーツを代表するブランドのひとつボルコムが、ウェットスーツの2017春夏コレクションを発表。
ジェイミー・リン、オジー・ライト、ジェイミー・ブラウンの3名のアーティストをフィーチャーした新たなオリジナルパターンのデザインと、数十年の研究と開発を重ねて生み出されたメイド・イン・ジャパンのクオリティが融合した注目のウェットスーツだ。

すべてのジャージーモデルに新素材“MX7”を用い、超軽量、高伸縮、保湿性が進化。また、ウェットスーツの生地である、スポンジとジャージを貼り付ける際の接着剤には、今回より水溶性の接着剤を使用し、人と環境に優しい成分となっているという。

完全カスタムオーダーで、腹部分や膝パットはブランドを象徴するボルコムストーンのロゴを用い、カラーも26色から選択可能だ。(※モデルにより異なります)

大きめのショルダーが型崩れを防いでくれる、ロゴ入りハンガーがついてくるうれしい特典も。老舗ブランドの自分だけのオリジナルウェットスーツが手に入るチャンス。絶対チェックして!


[問い合わせ]
ボルコムジャパン
03-5771-4560
www.volcom.jp/wetsuits-vol2

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭脳派ゴルファー諸君、40代からのスコアアップにはITの力が必要だ
2017.12.30 / NEWS
ビギナー歓迎! 誰でもできるハンサムなDIY素材に惚れました
2017.12.29 / NEWS
叩き起こし続けて30年! 爆音目覚まし「ライデン」に凄い新作が
2017.12.09 / NEWS
時計好きも機械好きも。深淵な“腕時計”の世界を味わうイベント、受付中!
2017.11.30 / NEWS
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20
キメキメのトップスに抜け感を。パンツをあえて”いなたく”履く
2018.01.19
シルエットにこだわるなら、レディスのパンツという選択肢!
2018.01.19
挑戦したい”Aライン”。ボリューミーなボトムスをトップスで締めて。
2018.01.19
カットオフでチノパンを新鮮に!ソックスをあえて出すのがポイント
2018.01.19
オーバーサイズのパンツ。レングスの仕上げでここまで締まる
2018.01.18
スラックスはあえてのくるぶし丈。統一感のある色使いにセンスが光る
2018.01.18
”チラ見せ”ソックスでセンス良く。BMXブランドへのこだわりも◎
2018.01.18