https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0215-1/

紳士服の新ルール? ジャケットとパンツのサイズは変えるべき!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は少しキチンとしたい予定がある。でもリラックス感は大事にしたい。そんなときに使えるのが、ネイビーセットアップのワントーンコーデ。これを、さらにこなれた印象にするための方法を、“種カジ”の種市暁さんに教えてもらった。

「種カジのタネあかし」を最初から読む

スーツ/N.ハリウッド フォー B印 ヨシダ(GS)、ニット/アクネ ストゥディオス、ブーツ/ノンネイティブ、バッグ/N.ハリウッド フォー B印 ヨシダ(GS) ※すべて私物

実はセットアップは、ポリエステル100%の防シワ素材。軽いうえに通気性が良い。さらに光沢もあって上質ウールのスーツ地に見える。かなりマルチな活躍を見せてくれそうな一着だ。

主な着こなしのポイントは、この3つ。

1:襟に襟を合わせない
襟のあるシャツではなく、カットソーやニットなどの“襟なし”をイン。リラックス感を大切に。

2:組上と組下のサイズを変える
シルエットには遊びを入れたい。組上のジャケットはジャストサイズで、組下のパンツはワンサイズ大きめを少し腰ではく。

3:季節感を大切に
ワントーンコーデは素材で遊ぶのも鉄則。季節感のあるモヘアニットとスエードブーツで奥行きを持たせる。


ちなみに。

買ったら裾上げに出して、数日後に引き取る。これ、実は面倒臭い。このパンツは、そんな手間を省く裾上げテープ付き。それが“Nハリ”のロゴ入り特製デザインってのも隠しダネ。

白いステッチをマッキーで黒く塗った、小ワザありのスエードブーツ。短靴では硬いけどスニーカーはやりすぎ。そんな日に役立つ一足。ステッチが見えないから程良くカッチリした印象に。

スーツにバックパックを背負うのもカジュアルダウンのテクニック。でも、背負っていると背中が毛玉だらけになってしまう…。ので、長く歩くときは、基本的に手提げで持つのがベター。一張羅を傷つけないための、見えない努力だ。


ちなみにジャケットを脱げば、少しモードな雰囲気のカジュアルとしても楽しめる。堅苦しくないから、オトーチャンズ的には授業参観やラフでもOKな卒入園(学)式でも使えそうだ。OC世代にもなれば、スーツが必要な場面のひとつやふたつは誰にでもある。TPOを的確に判断して、目指せ! 遊び心を取り入れたスーツスタイル。

山本大=写真

次回を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Tシャツ×短パン」を去年と同じにしない、ちょっとしたコツ
2018.08.02 / 種カジのタネあかし
1人何役こなすのよ? あらゆるシーンで活躍する芸達者な2アイテム
2018.07.31
「常に美しく堅牢たれ」。出張の達人に見習う、仕事バッグの選択眼
2018.07.27 / Good Packing Guy
出張の達人に聞く。クールなビジネストリップのマイルール [その2]
2018.07.08
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15
夏の男と一目でわかる。青×カモ柄って合うんだね
2018.08.14
ブランドならではのトートの素材感。これ、大人の選び方
2018.08.14
全身黒? いや足元に「白」。かっこいいとしか言えない!
2018.08.13
カメラをアクセがわりに。アメカジにそれは反則かも?
2018.08.13
上から順に黒白……。このまとめ方、お見事!
2018.08.13
黒系の色ながら表情豊か。バッグが絶妙アクセント
2018.08.13
白の無地Tとミラーサングラスがベストマッチのシンプルスタイル
2018.08.12
オーバーオールを今っぽく。こんなにお洒落でかっこいい!
2018.08.12
ビッグシルエットをメガネで締める。知的に着こなすミリタリー
2018.08.11