https://oceans.tokyo.jp/fashion/2017-0123-23/

歴史的瞬間にはあの腕時計があった! ウォッチブランドが世に刻んだ逸話を“ウォッチ”ング

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.パネライ
~ハリウッドスターが愛した、スクリーンの名脇役~

SSケース、44mm径、手巻き。218万円[セット価格]/パネライ

[左]パネライ/ルミノールブラックシールレフトハンドエイトデイズアッチャイオDLC-44mm
[右]パネライ/ルミノールデイライトエイトデイズアッチャイオ-44mm
時計が映画の名脇役になる場合もあれば、俳優とのより親密な関係が物語になる時計もある。シルヴェスター・スタローンは大の時計好きで、同じイタリアにルーツを持つということもあったのだろう、パネライに魅了された。主演作『デイライト』以降、多くの作品でパネライを着用したほど。そうした関係で市販モデルも登場。写真は1996年にスタローンのために作られた稀少な2本を復刻したもので、チーク材のペアウッド製のBOX に収納してセット販売される。世界限定500セット。

2.タグ・ホイヤー
~時代を駆け抜けた男に選ばれたクロノグラフ~

モナコ キャリバー12 クロノグラフ/SSケース、縦39×横39mm、自動巻き。56万円/タグ・ホイヤー

時計ブランドが映画スターやトップアスリートなどのセレブリティをアンバサダーに起用するケースは今では珍しくない。その始まりはタグ・ホイヤー(当時ホイヤー)だった。1969年に世界初の自動巻きクロノグラフとして「モナコ」を発表。その革新性を広く世に知らしめたのは、1971年に公開された映画『栄光のル・マン』で着用したスティーブ・マックイーンだ。現行モナコは当時の姿を残し、不朽のスポーツウォッチとして人気を博す。

3.ティファニー
~歴史の時を刻み続けた、米国大統領の時計~

CT60 デュアルタイム /K18RGケース、40mm径、自動巻き。183万円/ティファニー

アメリカ大統領の存在は大きく、任は重い。第32代フランクリン・ルーズベルト大統領に誕生日プレゼントとして贈られたのがティファニーの時計だった。これを着けて向かったのはあのヤルタ会談。そこで戦後世界に向けた時を確実に刻んだのだ。保管されている大統領の時計は、風防は傷つき、激務をうかがわせる。そんな貴重な歴史的時計をモチーフに、秒針の先端に赤いトライアングルを配した「CT60 デュアルタイム」はGMT 機能を備えた3針モデル。6時位置にはデイト表示をレイアウトする。

4.オメガ
~ムーンウォッチの一歩はテキサスから始まった~

スピードマスター プロフェッショナル/SSケース、42mm径、手巻き。53万円[セット価格]/オメガ

1969年、アポロ11号によって人間は初めて月に降り立つ。腕元ではオメガの「スピードマスター」が月面の時を刻んだ。ムーンウォッチの誕生だ。1965年、正式にNASAの公式時計に決定して以降、人類の月着陸を支え、ときには危機を救った。温度変化や気圧、湿度、衝撃、振動、加速度など、NASAによる11項目にも及ぶ過酷な環境テストに耐えたのはオメガのみ。その実力は50年以上経った今も色褪せることはない。この時計をすればいつだって(ココロは)月に行ける!「スピードマスター プロフェッショナル」は専用ボックスにNA TOストラップとベルクロストラップ、交換ツールなどをセットで収納。

そのバックグラウンドに思いを巡らすと、ふだん何気なく身に着けている腕時計も、見る目が変わってきそう。長い時間をともに過ごす“相棒”には、歴史が生まれる。単なる道具やアクセサリーといった枠組みを超えた存在に育っていくのも、腕時計の魅力のひとつなのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近耳にするSNSの「ストーリー」とは? オッサン的入門編
2018.05.05
知識ナシでもセンス良し!母の日に、支持率7割のフラワーギフト
2018.04.26 / NEWS
ホワイトデーのお返しがまだ決まらない困ったオッサンへ
2018.03.13 / NEWS
何が正解⁉︎ 女性に贈るギフト。彼女たちの本音を聞いてみた!
2017.12.20
【本誌読者プレゼント】モンベルの超人気インナーダウンなどが当たる!冬→春を彩る6つのアイテム
[2017年3月号発売]夢あるオッサンの物欲は無限! だから集めた500アイテム
頑張った自分にデイリーユースの相棒を! 2017年の俺を輝かせる自画自賛アクセ5選
放送事故多発! 『もうおじさんだから』そんな’かまってちゃんオッサン’は本当に面倒くさい・・・
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21