2020.05.07
FAMILY

それだけはやめて! どうしても耐えられない夫のクセや習慣

モンスター夫

「モンスター夫が許せない」とは…

第11回は、どうしても許せない、耐えられないという夫たちのクセや習慣について聞きました。

Q. あなたは夫の癖や習慣で、これだけはやめてほしいと感じていることはありますか。

●子供に示しがつかない癖や習慣
「食べるときに咀嚼音を立てること」(44歳・東京都)
「ごはんを食べるときに、肘をつくこと」(39歳・岐阜県)
「子供が受験やテスト勉強をしているときに、子供が大好きな野球をテレビで見ようとする」(41歳・沖縄県)
「常にスマホゲームをしている」(35歳・広島県)
「スマホを片時も手放さないところ」(41歳・東京都)

●百年の恋も冷める癖や習慣
「くしゃみやゲップをするとき、手で押さえない」(44歳・北海道)
「平気でおならをする。言っても直らない」(39歳・東京都)
「仕事から帰ってくるとズボンを脱ぎトランクスのまま過ごすこと。本当に嫌で目のやり場に困ると伝えたら、家でも気を使わなきゃいけないのか! と逆ギレされた」(37歳・新潟県)
「鼻ほじり」(40歳・大阪府)
「帰りが遅くなった、疲れたから、などの理由でお風呂に入らずに布団に入る。臭いが半端ない」(38歳・東京都)

NEXT PAGE /

子供に真似して欲しくないクセ・習慣はNG

今回アンケートを取ってみて、妻たちが「これだけはやめてほしい」と感じている夫のクセや習慣は、大きく分けるとふたつのカテゴリーがあることに気がつきました。

ひとつ目は「子供のしつけに悪影響を与えるクセ・習慣」あるいは「子供に真似して欲しくないクセ・習慣」です。子供に対しては「お行儀が悪い」とか「生活習慣が乱れる」などの理由で常日頃注意していることを、父親がやっているのでは、示しがつきませんよね。

「常にスマホゲームをしている」とか「スマホを片時も手放さない」というのは、この代表的な例だと思います。ゲームや、スマホでの友達とのやりとりは時間を決めて、という家庭は多いと思いますが、父親が同じことをやっていたら、子供に注意するどころではありません。

また、意外と多かったのが「食べるときにくちゃくちゃ音をさせる」とか「食べるときに肘をつく」という、食事のときの悪習慣。子供の前ではやってほしくないですし、そもそも横で見ていていいものではないので、直ちにやめてほしいと思う妻たちの気持ちはよくわかります。

そのほか、「脱いだものを片付けない」「電気を消し忘れる」「テレビをずっと見ている」等も、子供に示しがつかないのでやめてほしい習慣でしょう。

日常、子供に礼儀作法を教えたり、生活習慣について話をするのは母親の役目という家庭は多いのかもしれませんが、夫にまで教えなければならないのは困りますよね。

NEXT PAGE /

恋愛感情もゼロに……妻たちが幻滅する夫のクセ・習慣

「平気でおならをする」や「くしゃみやゲップをするときに手で押さえない」「鼻ほじり」「トランクスのまま家の中をうろつく」などは、夫が妻をもはや女性として見ていないことの表れと捉えることができます。

「親しき仲にも礼儀あり」ではないですが、いくら長年一緒に暮らしている夫婦でも、もう少し相手を異性として意識してはどうか、というのが妻たちの思いなのではないでしょうか。妻がこれらにイラっとする理由は、そこだと思います。

夫が家でこのような態度でい続けると、妻の夫への愛情はどんどん目減りしていきます。女性は何歳になっても「ちゃんと異性として意識されていること=大事に扱われていること」がわりと重要だったりします。「妻は俺に冷たい」と嘆く前に、日頃の妻への態度を見直し、日常のこういうクセや習慣を直してみてはいかがでしょう。男性は、大したことではないと思ってやっているかもしれませんが、意外と女性側は気にしています。

こういうことが積み重なっていくと、妻の夫に対する嫌悪感がエスカレートしていき、気にしても直しようがないことや、気にするほどのことでもないことまで気になりだすという段階に入ります。

上記の回答の中に「疲れたなどの理由でお風呂に入らずに布団に入る」というものがあります。また、ここに挙げた以外にも「ソファで寝てしまうのをやめてほしい」とか、「いびきがうるさい」などのコメントがありました。

これらは、冷静に考えれば、そこまで気にするほどのことではない内容だったり、言っても直しようがないことだったりします。しかし、なぜこれに妻がイラっとしているとかというと、おそらく、これまで直してほしいことを言っても直してくれないということが積み重なり、夫がやることなすことすべてイラっとするとか、反射的に気持ち悪いと感じてしまう、という段階に入ってきているためなのではないでしょうか。

私の周りのママ友からも、たまに「夫のやることなすこと、すべてにイラっとするよねー」みたいな声を聞きます。

夫側からも、妻の直してほしいクセや習慣はたくさんあると思いますので、やはりお互いに嫌なことはきちんと伝えて、直す努力をすることが大事かもしれません。面倒でもそういったコミュニケーションを続けていけば、良好な夫婦関係を保てるのではないでしょうか。

連載「モンスター夫が許せない」一覧へ

「モンスター夫が許せない」
夫が、特に深い意味はなく気軽に発した言葉や行動が、実は妻にとってはカチンとくることがある。それにより、知らず知らずのうちに夫婦の溝が深くなってしまっているかも。妻たちが「これは許せない」と感じるツボがどこにあるのか、子育て中の女性200人にアンケートを実施し、結果を見ながら、現役ママである筆者の解説を交えて紹介する。上に戻る

相馬由子=取材・文
編集者、ライター。合同会社ディライトフル代表。雑誌、ウェブ、書籍などの企画・編集・執筆を手掛ける。会社員の夫と小2の娘の3人家族。ここ数年は、子育てをテーマにした仕事を数多く手掛けている。

石井あかね=イラスト

ネオ・マーケティング=アンケート協力
※調査対象:既婚子持ちの35〜45歳の女性200人

# モンスター夫が許せない# 夫婦
更に読み込む