2020.04.10
FAMILY

この結婚は失敗だったの? 夫に感じた結婚前後のギャップ

モンスター夫が許せない

「モンスター夫が許せない」とは…

第9回は、結婚前と今では「こんなに違う!」という、夫のギャップについてです。

Q. あなたは結婚や出産前後で「夫が変わってしまったな」「この人と結婚して失敗した」と思った瞬間はありますか。

「結婚前は優しい人だと思っていたのに全然違った。相変わらず外ヅラだけはいいからみんなにはいい人だと思われる」(石川県・38歳)

「俺は子煩悩だからと言っていたが、休みの日はパチンコ、ゴルフでまったく育児を手伝ってくれない」(千葉県・39歳)

「特に夫が変わったことはないが、子供が産まれると、ただでさえ家事育児と仕事量が増えるから自分自身に余裕がなくなって、夫の使えなさが露呈してイライラする。ひとり暮らし経験があるはずなのに、ご飯も作れないし掃除も雑。 お前の面倒まで見れねーよと結婚を後悔している」(宮城県・37歳)

「結婚前は、どんなことをしてでも食べさせていくという男気を見せてくれていたが、今は、給料が上がるような会社への転職も考えてくれず、私がなんとかやりくりしてくれると、すべて私任せ。結婚は間違っていたとしか思えない」(愛知県・44歳)

「出産前は休日にふたりで出かける事が多かったのですが、出産後は休日になるとひとりで勝手に出かけるようになりました。 どこに行くか何時に帰ってくるかわからず、家事も育児も平日と同じようにワンオペです。帰ってきても寝ているので、育児の話や相談もできず、何のために結婚したのかわからなくなりました」(北海道・40歳)

「付き合っているときは思いやりがあって尽くしてくれていたのに、結婚後二世帯で義両親と住むようになってからは態度が偉そうになった」(新潟県・35歳)

「結婚前は常に私を優先してくれていたのに、結婚すると実家を優先するようになった」(沖縄県・41歳)

NEXT PAGE /

結婚前後のギャップはお互いにある。その原因は?

今回のアンケートで多かったのは「結婚前は優しかったのに、今は優しくない」「私の話を聞いてくれなくなった」「家事をまったく分担してくれなくなった」などの不満。

この問題について、逆に男性に話を聞くと「妻のほうも、家で俺を邪魔もの扱いする」「ぜんぜん大事にしてくれない」「家事を手伝ったら文句を言われるのでやらなくなった」という声をよく聞きます。そこからさらにエスカレートして「仕事が早く終わっても家に帰りたくない」とか「自分の家なのに居心地が悪い」という声も聞きますよね。

つまり、お互いに「変わってしまった」と思っている夫婦が多いのではないでしょうか。

では、このすれ違いがどこから始まったのか。私の身の回りの女性の話から感じるのは、男女のコミュニケーション方法の違いが原因になっていることが多いように思います。

夫たちからは、「家に帰って妻から聞く話に興味が持てない」という声をよく聞きます。仕事から帰った夫に妻が話す話題といえば、妻が専業主婦の場合、ママ友やご近所さんとの話、あるいはテレビで見たニュースやゴシップについてなど。また、もし共働きだったとしても、悩んでいることや、聞いてほしいポイントは、男女で違うものです。

女性の場合、その日にあった嫌なことや悩みを人に話すことによって、ストレス解消したり、自分の考えを整理したりしています。誰でもいいから話を聞いてほしいのです。

しかし、男性は何の脈絡もない話題を急にしゃべりだしたと感じ、「めんどくせーなー」となる。そこで、妻の話を遮ったり、聞いているふりをしながらまったく聞いていなかったりするわけですよね。

人に話を聞いてもらうのは、女性にとってとても重要なこと。特にいちばん身近にいる家族に話を聞いてもらいたいのに、それを聞いてもらえないとなると、夫に対して冷たい態度になる、というわけです。そうすると、夫のほうでも、より一層話を聞きたくなくなったり、優しくできなかったりという悪循環に陥るわけですよね。

これが原因だったとしたら、妻の話を聞くだけで、いろいろな妻の不満が一気に解決するのではないかと思います。話を聞くことの重要性を、夫の皆さんにもうちょっと理解していただきたいです。

NEXT PAGE /

結婚した途端に実家優先はトラブルの元

もうひとつ、今回寄せられたコメントで目立ったのが、夫の実家との関係について。結婚すると、お互いの実家との関係が深くなるのは当然ですが、妻に「私より実家を大事にしている」と思われてしまうのは、関係をこじらせる原因となるかも知れません。

妻と義父母の仲は、良好であるに越したことはないわけですが、例えば、妻と母親の意見が割れたときに、どちらの意見を尊重したらいいか。

明らかに妻の考えが間違えているのではない限り、妻の意見を尊重したほうがいいと思います。普通に考えれば、これからの人生、妻と過ごす時間のほうが長いわけですし、母親よりも妻を大事にしていると妻が思ってくれているほうが、実家との関係もよくなるはず。

あからさまに実家を優先するような態度を取らなければ、逆に妻は、夫の実家にも気を使わなければという気持ちで、義父母のことも気に掛けるようになるでしょう。

特に二世帯住宅などに住み、物理的な距離が近い家庭ほど、自分の実家とは、ある程度の距離を意識的にとって付き合うことにしておいたほうが、家庭は平和が保たれると思います。

 

連載「モンスター夫が許せない」一覧へ

「モンスター夫が許せない」
夫が、特に深い意味はなく気軽に発した言葉や行動が、実は妻にとってはカチンとくることがある。それにより、知らず知らずのうちに夫婦の溝が深くなってしまっているかも。妻たちが「これは許せない」と感じるツボがどこにあるのか、子育て中の女性200人にアンケートを実施し、結果を見ながら、現役ママである筆者の解説を交えて紹介する。上に戻る

相馬由子=取材・文
編集者、ライター。合同会社ディライトフル代表。雑誌、ウェブ、書籍などの企画・編集・執筆を手掛ける。会社員の夫と小2の娘の3人家族。ここ数年は、子育てをテーマにした仕事を数多く手掛けている。

石井あかね=イラスト

ネオ・マーケティング=アンケート協力
※調査対象:既婚子持ちの35〜45歳の女性200人

# モンスター夫が許せない# 夫婦
更に読み込む