2020.02.14
FAMILY

子供にいつスマホを持たせるべきか? オトーチャンズの技量が試される

連載「オトーチャンズの心得:小学校編」
オレが楽しいと家族も楽しい!をモットーに生きる「O父CHANS(オトーチャンズ)」。可愛い我が子も小学生になれば頼もしくも生意気になり、親の責任は増すばかり。さらに昭和に生まれ令和のオヤジになる我々には、己の見知る父親像からの脱却が求められている。絶賛パパ奮闘中の人に届けたい!

オトーチャンズの心得

行政が口出ししてくる時代の「子供にスマホ」を考える

格安SIM、格安スマホの登場で、少なくとも金銭面で小学生にスマホを持たせることがありえないことではなくなった。事実、総務省の調査(2018)では、小学生のスマホ所持率が45.9%とある。

そんな中、香川県が「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」の制定に向けて動きはじめたことが話題となっている。行政が何ら違法性のないプライベートなことに口出しする行為に賛否、あるいは呆れはあるだろうが、それほどまでに子供のネット・ゲーム依存、ひいてはスマホを持つことが問題化していることは気に留めておくべきだろう。

そんな“スマホが熱い!”現状においてなお、頑固オヤジ気取りでろくに考えもせず「子供のスマホ禁止」を決めてしまう……。これではオトーチャンズ失格である。すぐに持たせるかどうかはひとまずおいても、早いうちに子供とスマホについて一度は考えておくのに越したことはない。

NEXT PAGE /

最強のペアレンタルコントロールは「生身での介入」

小学生にスマホ=なんとなく早い、危ない。こうしたイメージを持つ人は多い。

確かに、ネットには有害コンテンツも溢れており、一度子供にスマホを渡せば際限なく使ってしまうのもわかりきっている。しかし、そうした問題は「ペアレンタルコントロール」を使えば大概は解決することが可能だ。

しかし、それとて万全ではない。子供が日常、どんなサイトを見ているのか、友達とどのようなやりとりをしているのか。それらを、正しくチェック、制限するには親が実際にスマホを開いて履歴を見られる状態にしておき、面倒でもそれを実践する。これしかない。

つまりは、日常的にそれだけの関係性を子供と築いておく必要があるのだ。

スマホは極めてパーソナルなもの。安全のためには、基本「規制」と「監視」であたるしかない。ただ、オトーチャンズ自身が子供の頃を振り返ればわかるように中高生になってそんなのを素直に受け入れるとは思えない。スマホの危険性、アドバイスに素直に耳を傾けるのは小さいうちであることもまた事実である。

ただし、実際にそれを「監視」の体制でやってしまうと、子供も、隠れてやるように進んでしまうから加減は難しいが、そこがオトーチャンズの腕の見せ所。子供が今日、どんな写真を撮ったのかとか(幼心の悪ふざけでとんでもない写真を撮っていることもある)。友達とどんなやりとりをしたのかとか。どんな動画を見て何がおもしろかったのかとか。あくまで「1日の振り返りの時間」として楽しむ姿勢で挑むべし。

スマホほど今日の1日、日常をよりリアルに子供と共有、振り返ることができるツールはほかにないだろう。スマホを親子のコミュニケーションツールとして考えると、やはりそう悪いものではないはずだ。

NEXT PAGE /

持たせた場合のシミュレーション「被害者目線だけにならない」

子供とスマホの話題は、子供が被害にあった場合の話に終始しがちだ。しかし、我が子がスマホを使った加害者になることだってありうる。その観点を忘れてはならない。我が子を加害者にしない。これは結果的に我が子を守ることにも通じているのだから。

わかりやすいのが歩きスマホ、ながらスマホについてだ。当人が交通事故に遭遇しやすくなるということは“さておき”、スマホに注意をとられたままぶつかれば、自分よりも小さい子供や、老人、杖をついた方などに怪我をさせてしまう可能性はいくらでもある。

将来、自分の子供を「電車乗降時までスマホを見続けて周囲の邪魔になっている恥ずかしい大人」にしないためにも、歩き&ながらスマホ(親の背を見て子は育つ。オトーチャンズも当然やらないこと)の危険性、恥ずかしさについて徹底しておきたい。

また、身体的に加害に限らず、友達とのSNSやメールのやりとりについても同様に、しっかり教えておく必要がある。実際に面と向かって聞けば、お互いなんてことのないはずの言葉も、メール文面では傷ついた、腹が立って仕方がない、そんな思いをした、させたことはあるはず。

まあこのへんのコントロールの難しさは、今日も今日とていい歳こいた大人がくりひろげているSNS上のしょーもない罵倒合戦を見ればわかるだろう。子供をあんなどうしようもない世界に進ませては絶対にダメだ。

ほか、高額なものだけに「友達が誤って踏んで壊してしまった」などの事故も子供同士のこととなると、どちらが悪いとも言えないような、ややこしい話になってしまう。そうした管理についても、周知しておきたいところ。

まだ小学生である我が子にスマホを持たせたら、被害に遭わずに使いこなせるのか。子供にスマホを与えてよいかどうかの判断基準はこれだけでなく、スマホを周りの迷惑にならないように扱えるか? までも考える必要がある。

NEXT PAGE /

結局スマホはいつ、もたせる「べき」なのか?

オトーチャンズの心得

さて、つまるところ小学何年生になってから持たせる「べき」なのか。

子供の成長、特徴はそれぞれ。何かができるようになるかどうか、なにがしかの責任を負わせることがふさわしいかどうかを学年や年齢でざっくりと分けることに意味もない。スマホの扱いに子供が対応できるようになった、と親が責任を持って思えたとき。それ以外のいつでもない。

ここまで引っ張っておいて恐縮だが、我が子がいつスマホを持つべきなのか見極めるのは親しかいない。他者が語る「目安」だとか、「べき」なんて、所詮はポジショントークにすぎないからだ。

オトーチャンズに求められるのは、そうした外野の意見、なんなら本記事に書いてあることにさえ囚われない、(広く、正しい)情報収拾力、判断力、決断力、責任感である。

他者の「べき論」に、うなずく暇、あるいは憤慨している時間があるなら、もっと子供を(あとママも)構ってやる「べき」。なのである。

>連載「オトーチャンズの心得」を最初から読む

宇都宮大洋=文 asacom.=イラスト

# オトーチャンズの心得# スマホ# 子育て
更に読み込む