隣のオッサンは青いか?[夫婦編] Vol.5
2019.11.09
FAMILY

子離れできないのはオレだけ? 子供をひとりで寝かせるのは何歳から?

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

子供がいる夫婦にとって気になることのひとつに、「子供と一緒に寝るのは一体いつまで?」という問題がある。一緒に寝るのが当たり前だと思っていたけれど、子供の成長とともに、家族関係は微妙に変化していくのが常。

いつまでも「別々に寝るなんて寂しい」などと言っていられるわけもない。そんな子供を持つ40代夫婦のために、隣の家庭ではどうなのか、実情を探ってみた。

7割以上が、11歳以下で子供と寝なくなる

今回、40〜45歳の子持ちの男女にアンケート調査を実施。子供が何歳になったとき、一緒に寝なくなったのかを聞いてみたところ、以下の回答が寄せられた。

●一緒に寝なくなったのは、子供が何歳になったときからでしたか?
・0歳 7.6%
・1歳 0.8%
・2歳 0.0%
・3歳 0.8%
・4歳 1.5%
・5歳 5.3%
・6歳 10.6%
・7歳 7.6%
・8歳 9.1%
・9歳 6.1%
・10歳 14.4%
・11歳 7.6%
・12歳以上 28.8%

まず、0歳の7.6%だが、ほかの年齢では回答数に男女差がほぼ見られなかったのに対し、ここには大きな差があった。男性12.9%に対し、女性はわずか1.6%。男性は女性の約10倍の割合で、0歳児の時点で一緒に寝なくなるのは、育児での寝かしつけを女性に任せがちな傾向の表れかもしれない。

さて、注目すべきは1歳以降の結果だが、これまた想像とは少し違う結果に。もっとも多いのは12歳以上で30%弱。一緒に寝なくなるタイミングは意外と遅めなことがわかる。以降、10歳が14.4%、6歳が10.6%、8歳が9.1%、7歳と11歳が7.6%、9歳が6.1%、5歳が5.3%と続く。

なかでも、小学校に入学する6歳や、10歳といった区切りでの数値はやや多め。「今日から別々に寝ようね」と親から子へ提案しやすいタイミングなのかもしれない。

一方で5歳から11歳というのは他者との関わりが増えていく年代でもある。逆に子供のほうから「もうパパとママとは一緒に寝ない」と切り出してくるケースも当然ありそうだ。では、どんな理由やキッカケで子供と一緒に寝なくなったのか? その回答が次だ。

NEXT PAGE /

子供部屋のある・なしは大きく影響する

●子供と別々に寝るようになった理由を教えてください。
【子供部屋ができたから】
・「家を建てて子供部屋ができたから」(男性・49歳)
・「自分の部屋を与えたから」(女性・40歳)

【仕事など各家庭の事情】
・「出勤時間が非常に早いので起こさないため」(男性・43歳)
・「元々一緒に寝ていない(妻と寝ている)」(男性・47歳)
・「本人がひとりで寝ると言いだしたから」(男性・42歳)

【子供成長や家族が増えたため】
・「体が大きくなり一緒の部屋では狭くなったから」(女性・49歳)
・「下の子が生まれたから」(女性・45歳)
・「双子なので各自ベッドで寝かせていた」(女性・47歳)

【入学・進学に際し、自立させるため】
・「小学校にあがり自立心をつけるため」(女性・42歳)
・「中学生になったから」(男性・47歳)
・「高校生になったから」(男性・45歳)
・「就職したから」(男性・47歳)

「子供部屋をつくったから」という理由がもっとも多かった。住宅購入や増築、引っ越しなどをキッカケはさまざまだが、子供がひとりで寝る環境ができているというのは大きい。全体的にみて特別な理由はあまりなく、仕事の事情(起きる時間など)や体の成長、下の子が生まれたなど、自然とそうならざる得ない状況になっていった、という人がほとんどだ。

自立を促すため、という理由も少なくなかった。進級・進学などの区切りのタイミングで、別々に寝るようになるのはお互いに何となく、納得しやすいのだろう。

小学生になったから、中学生になったから、高校生になったから、就職したから……。ん? 就職してからだと、さすがに遅いか。

 

※ファストアスク=アンケート協力
※対象:40〜45歳の子持ち男女132人

# 子供# 子育て# 隣のオッサンは青いか
更に読み込む