隣のオッサンは青いか?[夫婦編] Vol.6
2019.10.27
FAMILY

40代夫婦はパートナー以外の異性と「秘密のLINE」をしてるのか?

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

前回は、40代夫婦の間でどんなLINEのやり取りをしているのか、その実情を垣間見ることができた。今回は、もう少し踏み込んで、夫婦やパートナー“以外”の異性関係がテーマ。どんなLINEのやり取りをしているのか、その実情をのぞいてみよう。

就寝前にスマホをいじる男性

秘密でやり取りをしている人は15%。その内情は?

●パートナーに秘密で、LINEのやり取りをしている異性はいますか?
・いる 15%
・いない 85%

パートナーに秘密でやり取りをしていることに対する後ろめたさなのか、あるいは“配慮”なのか、やり取りしていると答えた人は15%と比較的少数。その秘密の要因はといえば、次の結果の通りである。

●秘密のやり取りをしている理由は何ですか?
・「会う時間帯を約束しているから」(男性・42歳)
・「遊ぶ約束などをしているから」(女性・45歳)

まず、特定の異性とすでに関係を持ってしまっていることが理由の大半だ。パートナーがいながら別の異性とやり取りをすることは、当然“秘密”だろうし、後ろめたさもあるのも無理はない。

・「相手は異性なので、ヘタにうるさく言われると面倒だから」(男性・42歳)
・「秘密とまではいかないが、単なる友達だから」(男性・45歳)
・「浮気ではないが、仕事で付き合いのある異性とやり取りしているだけで嫉妬されるから」(男性・45歳)

一方で、「単なる友達」や「仕事上の付き合い」ではあるが、相手に変な誤解を与えたなくないという理由で異性とのやり取りを秘密にしている人も多い。それが本当に、パートナーに対する配慮なのか、あるいはその気がないわけでもないのか、それは当人しかわからない。

ヘタに誤解されると面倒だというのはごもっともだが、秘密にしている時点で「面倒」だし、どこか窮屈そうな感じさえ伝わってくる。そんな思いをしてまで、いったいどんなやり取りをしているのか。それが次のアンケートだ。

NEXT PAGE /

仕事の合間にスマホをいじる女性

なんだか窮屈なグレーゾーンの会話

●パートナー以外の異性とのLINEのやり取りはどんな内容ですか?
・「デートの約束」(男性・45歳)
・「会いたい、などの会話」(男性・43歳)
・「相手の子供の写真」(女性・45歳)
・「夫婦間や親のことに関する相談」(男性・43歳)

わかりやすく、イケない関係にある者同士の会話である。現在のパートナーでは解消出来ない悩みが少なからず増えていく過程で、別の異性が心に拠り所になっていくという、ありがちな心境変化が想像できる。

・「仕事の話」(男性・41歳)
・「複数人でどこかに遊びに行くこと」(男性・41歳)
・「お誕生日おめでとう、とかです」(男性・45歳)
・「月イチくらいで、近況を数行のメッセージで伝える程度」(男性・45歳)

友達以上、恋人未満の関係の相手との会話はこんな感じ、らしい。仕事の話なら、別に隠す必要もない気がするが、相手への配慮と考えれば、まあ聞こえはいい。とはいえ、「お誕生日おめでとう」なんて、相手に特別な気持ちがなければ、わざわざタイムリーに伝える必要もないだろう。それに、月イチで近況を伝えあう関係って、一体どんな間柄だよ、とツッコミたくもなる。

ちなみに、冒頭のアンケートで“いる”と答えた人を男女別の内訳でみると、男性が25%に対し、女性はたったの5%。男の方が、コソコソしがちなのである。

むしろ女性は堂々と異性とのコミュニケーションを楽しんでいる。とまでは言い切れないが、“いない”と答えた属性の中にも、秘密にしていないだけで、特定の異性とやり取りしている人は少なからずいるのかもしれない。

中途半端な態度やウソは、遅かれ早かれ見抜かれてしまう時代である。秘密にしているつもりでも、相手はとっくに気づいているのかもしれない。

 

アイリサーチ=アンケート協力

# LINE# 隣のオッサンは青いか
更に読み込む