隣のオッサンは青いか?[夫婦編] Vol.16
2019.06.28
FAMILY

子供を通して見る、パートナーの嫌いなところ・好きなところ

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

夫婦の間に授かった、愛おしい我が子。産まれる前に「どっち似かな?」なんて話すものだが、正直なところ「頼むから妻のココだけは遺伝しませんように!」と思ったこともあるのでは?(絶対に妻には言えないが……)

さて実際、子供はどのように育ったのだろうか? 結婚5年以上、36歳~44歳までの既婚子持ちの男女200人(各100人)に、子供がパートナーに似ているポイントについて質問をぶつけてみた。

 

「似てくれてよかった」「似てほしかったのに……」
ともに多かったのは、パートナーの“性格”

怒る女の子

さて、まずは傾向分析から行ってみよう。(以下、フリーコメントから分類し、割合を算出)

●子供がパートナーに似ないでほしかった(けれど、実際には似てしまった)こと
1位 性格 30.0%
2位 とくにない 30.5%
3位 見ため 22.0%
4位 その他 15.5%
5位 能力(運動神経など) 2.0%

●子供がパートナーに似てくれて良かったこと
1位 性格 43.0%
2位 とくにない 25.5%
3位 見ため 13.0%
4位 能力(運動神経など) 10.5%
5位 その他 8.0%

傾向は2つの項目ともにほぼ同じ。「性格」、「とくにない」、そして「見ため」が続く結果に。「似ないでほしかったこと」に「とくにない」との回答が、3人に1人程度から上ったことは、パートナーからの評価を気する人にとっては、ちょっと安堵する点と言えるかもしれない。

なお、最も多かった「性格」に関しては、具体的に以下のような回答が寄せられた。

【似ないでほしかったこと】
「好き嫌いが激しい。飽きっぽい」(36歳/男性)
「真面目過ぎるところ。たまに融通が利かない」(37歳/女性)
「おっとりした性格。女性にとっては魅力だが、男の子だとちょっと不安」(40歳/男性)
「不注意。うっかりが多いので、こちらが焦る」(41歳/女性)

【似てくれて良かったこと】
「優しく、おおらかなところ」(36歳/女性)
「社交的で色々な友達と付き合えるところ」(44歳/男性)
「人として正しいことを貫ける強さ」(39歳/女性)
「色々なことに対してコツコツと頑張るところ」(43歳/男性)
「物怖じしないところ。自分は慣れない場所で物怖じしてしまうので、パートナーに似てくれて嬉しい」(44歳/女性)
「ひょうきんなところ。自分は真面目なタイプなので私に似なくて良かった」(42歳/女性)

「似ないでほしかったこと」からは、パートナーに対して日頃から抱えている不満。対して「似てくれて良かったこと」からは、実はパートナーのこんな面に好感を持っているということが、子供を通して浮き彫りに。

特に「似てくれて良かったこと」に関しては、こんなストレートなベタ褒めはなかなかしてもらえるものではないかも……。

NEXT PAGE /

“見ため”や“能力”を挙げた人たちの回答は……?

スポーツをする子供

一方、「見ため」に関しては辛辣な意見も出てくるのでは……と思っていたが、意外に瑣末な点も多い模様。例えば、こんなコメントだ。

【似ないでほしかったこと】
「地黒なところ。女の子だからかわいそう」(40歳/女性)
「主人は一重なので……子供(4人)はみんな一重」(41歳/女性)
「天然パーマ」(36歳/女性)
「太りやすい体質」(44歳/女性)
「歯並び。矯正すればいいけどお金がかかる」(44歳/女性)

【似てくれて良かったこと】
「色白」(41歳/女性)
「顔。男の子だがいつまでも可愛いと思う」(40歳/男性)
「目がくりっとしているところ、まつげが長いところ」(43歳/男性)
「歯ならび」(42歳/男性)
「痩せているところ」(39歳/男性)
「身長の高さ」(44歳/男性)

ちなみに、「能力」に関していうと、「似ないでほしかった」と回答した人はほとんどいなかったが、「似てくれて良かった」と回答した人は15%弱。中でも、女性から以下のような回答が目立った。

「夫が理系なためか、息子たちも理系が得意。最近は夫の代わりに電気系統などの作業をできるようになり助かるようになった」(40歳/女性)
「運動神経が良いところ。自分は運動が大の苦手だから」(40歳/女性)

本人に言わないだけで、実はオトーチャンのこんなところを格好いいと思ってくれているのだ。

 

ここまで読んできて、お気づきの通り、似てほしくなかった点・似てくれて良かった点は、当然ながら、お互いがパートナーに対して感じる不満や尊敬とリンクしている。

結婚から何年も一緒に過ごしていると、かつて魅力的に感じていたパートナーにも慣れてきてしまう。しかし、子供を通してパートナーを見てみたら、「やっぱり相手のこういうところが好きだ」と惚れ直し、パートナーにも子供にも愛しさが増してくる可能性があるということだ。

「この子が俺に似てるのってどんなところかな?」たまにはこんなことを、妻に聞いてみてもいいかもしれない。当たり前になりすぎて、褒め合うことが減った夫婦関係だったとしても、意外と子供を通して、パートナーが自分を尊敬している部分が発見できる……かも?

アンケート協力=アイリサーチ

# アンケート# 夫婦# 子供# 親子# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む