隣のオッサンは青いか?[夫婦編] Vol.31
2019.03.16
FAMILY

パートナーの癖で許せないもの第1位は、夜のアレだった

連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

どうしても我慢ならない、パートナーの癖はあるだろうか? あったとしても、生理的なことや性格的なことは面と向かって言いにくいものだ。それに、自分だけでなく相手も密かに「我慢ならない」と思っていることがあるとしたら……なんとも恥ずかしいものだ。

そこで、結婚5年目以上、子供のいる40代既婚男女100人ずつに、どうしても我慢ならない、パートナーの癖について聞いてみた。

 

■8割の男女が「我慢ならない癖は”ない”」と回答

●どうしても我慢ならない、パートナーの癖がありますか?
・特にない 83%
・ある 17%

5年以上も一緒に暮らしていれば、気になる癖の1つや2つは出てくるだろうと思いきや、意外にも「特に我慢ならない癖はない」が83%と大半を締めた。

一方で、我慢ならないことがあると答えた人は17%。そのうちの40%が男性で60%が女性であったことから、女性のほうがやや不満を抱えがちのようだ。

男女別にコメントも見てみよう。

 

■夫が、我慢ならないと感じるものとは?

いびきがうるさい」(40歳)
「目の前でおならをすること」(43歳)
「タバコを吸うこと」(38歳)
「ズボラなところ」(40歳)
「いきなりキレるところ」(38歳)
「気分屋なところ」(40歳)
「人の悪口を言うところ」(42歳)

「いびき」や「おなら」など生理的なものも挙がったが、「いきなりキレるところ」や「気分屋なところ」など性格が気になる人が多いようだ。「タバコを吸ってほしくない」と生活習慣を指摘する声もあった。

一方、女性のコメントには、生理的なことばかりが挙げられていた。

 

■妻は「音」や「ニオイ」に敏感

いびきとくしゃみ」(42歳)
「寝起きの口臭。こっち向いて寝ないで!と思う」(41歳)
「毎日、耳掃除をするところ」(40歳)
「食事の最中に左手をテーブルの下に下げていること」(43歳)
「鼻のかみ方、ブーっと音を立ててかむので不快」(39歳)
「うがいの音。なんか嫌……」(42歳)
いびき。殺意を覚える」(43歳)

口臭などは注意すれば改善できるものだが、「うがいの音」や「鼻のかみ方」まで指摘されてしまうともうお手上げだ……。

男女共通で挙がった唯一の項目として、注目したいのが「いびき」だ。

確かにいびきは我慢ならない。なんせ睡眠を妨害されるのだから、どんなに愛しいパートナーでも思わず鼻をつまみたくなるだろう。

しかしいびきをかく側も悪意があるわけではないのでどうしようもない。それゆえに、不快に思っていても伝えずらく、我慢するしかないようにも思える。

我慢は夫婦の距離を知らず知らずのうちに広げてしまうもの。ここは、ひとつ「言いにくいことを、言ってもいい会」を夫婦で開催し、お互いのナイーブな心の内に触れてみるのも手かもしれない。黙って我慢されるよりは、ちょっと傷ついたとしても相手の本音を知るほうが良いだろう。

アンケート協力=アイリサーチ

# いびき# # 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む