ネコとオッサン OCEANS LOVES CATS!2ネコめ
2017.01.25
FAMILY

愛され上手な悪ガキ ネコ・ジャック

オッサンはネコが好き。いや、イヌも好き。だけどネコ好きなオッサンのほうが愛おしく感じてしまう、いや、ネコが愛おしいオーシャンズ編集部。そんな編集部の独断と偏見による「愛されネコ・オブ・ザ・イヤー」発掘プロジェクト。1ネコめは、とある雑誌の編集長の家で暮らすジャックだ。

ちっちゃな頃から悪ガキで

日当たりの良いリビングを闊歩するジャック(5歳)。凛としたヒゲが特徴的な雑種男子である。

ニャニみてんだよ

5人兄弟のうち唯一の男子で茶トラ柄だったというジャック。母はモデルのキューバさんの家にいる白くて小さなネコで、父は「ボス」として名高い近所のノラネコだ。

ここ、あったけーな

今から5年ほど前、キューバさんの家に生まれた5匹の子ネコを、今のご主人宅に紹介することに。キューバさんは、白くておとなしいメスネコをオススメしたのだが、そのときジャックが「ニャー!」と唸って猛アピール。そんな空気を読まないやんちゃさが逆に買われ、ここで暮らすことが決まったのだ。

水道水は、生がいいよな
NEXT PAGE /

家長に対するリスペクトは忘れません

ノラネコ界でのし上がってきた父ネコの遺伝子を継いでか、ジャックには縦社会の意識がある。家長であるご主人夫婦に対しては服従の精神を持ち、常にリスペクトの気持ちを忘れない。

一方で甘えん坊なところも。一人になると寂しくなって、ドアを閉めた寝室に向かって切ない声で鳴くこともある。父ネコも相当モテたそうだが、ジャックも飼い主心をくすぐるテクを熟知しているようだ。

ユージ兄さん、今日もご機嫌うるわしゅう、……あ!
ネコじゃらしキター!!
おう! おう! ニャンだこのやろう!
NEXT PAGE /
わー! さーせんっ! さーせんっ!
わーやめてください……!!
うわうわ気持ちいいな、おい!
NEXT PAGE /

さて、そんなジャックを愛してやまない飼い主のオッサンとは……。

だから、ニャニ見てんだよ
ユージ兄さん、ちょっとこいつらなんすか
ちょっと聞いてくださいよ

我らがオーシャンズ編集長の太田祐二(44歳)である。
太田がソファでくつろいでいると、こんな感じでそばに寄ってくる。
ご主人もまんざらではなさそう。

ニャー、気持ちいい!兄さん、あざっす!
NEXT PAGE /

夢はリビングにキャットタワー

ジャックと暮らす太田家を見渡すと、ふとしたところでネコが見つかる。

レース編みで有名なベネツィアのブラーノ島で買ったネコのレースイラスト


バリで購入したネコ型ライト。日本ではこうしたお洒落な猫グッズは少ないという。

太田の夢は、いつかキャットタワーやキャットウォークを自作してリビングに張り巡らせることだそう。夢が叶えば、ますますジャックからのリスペクトの念が高まることだろう。

兄さん!どこまでもついていきますゼ!

写真
中村ナリコ(なかむら なりこ)
フォトグラファー。1981年、佐賀県生まれ。写真専門学校卒業後、株式会社スタジオエビスに勤務。2013年に独立、現在東京都在住。アメリカンショートヘアのティンクと暮らしている。

次回を読む

# オッサン# ネコ
更に読み込む