https://oceans.tokyo.jp/event/2018-0922-1/

「コール ハーン」の新規軸 “スリーポイントゼログランド”の真価

このエントリーをはてなブックマークに追加

スニーカーのような軽快感とドレスシューズのフォーマル感。コール ハーンは、フットウェア界における夢の共演をいち早く実現させ、これをファッションアイテムとして定着させた大立者と言っていいだろう。

新たに発表された最新システム「スリーポイントゼログランド」もまた、従来の常識を軽々と飛び越え、フットウェアの新たな地平を僕らに体感させてくれるもの。その神髄に迫りたい。


常識を飛び越えて
コール ハーンの斬新なシューズメイキング

シューズ4万4000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン ︎0120-56-0979)、ニット1万9000円、パンツ2万9000円/ともにエストネーション 03-5159-7800

類いまれなトラブルメーカーになる。この言葉は逆説的だが、常識にとらわれず前に進むコール ハーンの姿そのもの。世界をリードするハイブリッドシューズの進化をたどれば、ブランドの神髄が見えてくる。

ドレスシューズのようなレザーアッパー×スニーカーソールを用いた「オリジナルグランド」を皮切りに、コール ハーンの斬新なシューズメイキングは快進撃を続ける。まず、2014年の「ゼログランド」は当時、片足でわずか290gという軽量性を実現、優れた屈曲性も発揮した。

次いで、反発性やひねりに特化した「ツーポイントゼログランド」をリリース。これらのシステムを総称して「グランド.ØS」と呼ぶが、まるでコンピューターのOSさながらのアップデート力が備わっているようだ。

最新作「スリーポイントゼログランド」も、ブランドの真骨頂が存分に感じられる一足。最大の特徴は、ミッドソールとインソールの間に自動車のようなシャシー構造を取り入れている点だ。これにより、足裏のサポートや歩行時の直進性を向上。

ここに、縦・横・斜めと多方向に屈曲するアウトソールを組み合わせることで、動きやすく、安定性、衝撃吸収性まで備えた、ほかのシューズで味わえない「異次元の」フィット感を体感できるのだ。同時にエッジィなデザイン性も健在。とかく頭が凝り固まりがちな40代。このシューズを履けば、革新的な心意気を保てると言ったら、言いすぎであろうか。

スリーポイントゼログランドのイメージアイコンとなるのは、この「ヒューズ オックスフォード」。特殊ナイロンをシームレスにヒューズ溶接したエッジィな佇まいが特徴だ。デザイン性に加えて、未来的でもある配色もまた、ブランドのハイテクシューズの人気を支える。一点投入するだけで、たちまちトレンドのスポーツテイストが加わり、装いに華やぎが生まれる。

シューズ5万5000円/コール ハーン(コール ハーン ジャパン ︎0120-56-0979)、Tシャツ7000円/ヴォート メイク ニュー クローズ(ヘムト PR 03-6721-0882)、その他私物

着慣れた休日のデニムスタイル。レザーアッパーのハイブリッドシューズなら、ドレッシーに格上げつつも、快活なフットワークをサポート。コンフォートでありながらスタイルアップが可能なのは、老舗として培ってきた革靴作りのDNAが受け継がれているからだ。


TPOに応じて履き分けも可能なデザインバリエーション!

「スリーポイントゼログランド」システムを搭載した豊富なバリエーション。本シリーズの特徴である「グランド.ØS フィットシャシー」や、「マルチダイレクションフレックスパターン」が刻まれたアウトソールのほか、人間工学に基づいた仕立てを随所に採用している。「ヒューズ オックスフォード」を含む全3型展開。

1_4万4000円、2_4万7000円、3_4万9000円、4_5万5000円/すべてコール ハーン(コール ハーン ジャジャパン ︎0120-56-0979)

1_特殊ナイロンをシームレスに溶接してデザインされた「ヒューズ オックスフォード」のブラック。最もスニーカーライクな印象に。

2_毛足の短いネイビースエード製の「ウィングチップ オックスフォード」は秋が深まるこれからの季節にぴったり。

3_美しい染めムラにクラフト感が感じられるレザーアッパーの「チャッカ」。

4_同様のレザーを使用したエレガントな「ウィングチップ オックスフォード」。レザー製シャシーを使用したラグジュアリーな1足。


コール ハーン×オーシャンズのスペシャルイベントを開催!

10月28日(日)11時より、コール ハーン 銀座本店にて、我らが“海男”のモデル三浦理志さんと、本誌編集長太田祐二のトークショーを開催予定。また、誌面で紹介している「スリーポイントゼログランド」を参加者の中から抽選で2名にプレゼント!

※応募は締め切らせて頂きました。

コール ハーン 銀座本店
電話番号:03-6228-7417
住所:東京都中央区銀座3-4-12

[問い合わせ]
コール ハーン ジャパン
0120-56-0979
www.colehaan.co.jp

太田泰輔=写真(人物) 鈴木泰之=写真(静物) 菊池陽之介=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 髙村将司=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
5人の業界ライターが自由にデザインした「夢のスニーカー」
2018.11.06 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
数々の名コラボを支えるナイキの番人フレイザー・クックとは何者か
2018.11.03 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
職人を不機嫌にしてまで作ったNBの復刻「996」のコダワリ
2018.10.30 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
あまりにも斬新な22年前の発想が蘇った奇跡のリーボック
2018.10.26 / スニーカー世代を刺激する「一足触発」
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08
渋さが欲しいなら、 “イタリア”に力を借りてみる
2018.11.05
力強く清潔感もある。そんなスタイルが好みなら
2018.11.02
色落ちブルーデニムでアメカジを。そんなときこそ“ジャスト”を選ぶ
2018.10.30
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30
「旅」を感じる大人のバイカーズカジュアル
2018.09.28
ヴィンテージならではのシワ感とサイジングで”味”を味方に
2018.09.24