https://oceans.tokyo.jp/event/2017-1013-3/

【第7回イベント】音を奏でる日常に。ゼロからはじめる「ウクレレ講座」

このエントリーをはてなブックマークに追加


※第7回の募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。


週末、ベランダに面したソファで何気なく音を奏でる。派手ではないけれど、日常に寄り添うような“音のある生活”——それを実現してくれるのが、ウクレレという楽器の魅力だ。

長い人生、楽器をひとつは弾けるようになりたい、ひそかにそんな想いを抱くオッサンは多いだろうが、たいていは「スペースがない」「うるさい」「モノになるまで続かないでしょ?」なんて妻のお小言にかき消されて、夢は夢で終わってしまう。けれど、ご存じの通り、ウクレレならコンパクトでインテリアとしてのオシャレ感も抜群。しかも、少ないコードで雰囲気たっぷりの曲が弾ける。諦めかけていたオッサンたちが一歩を踏み出すにちょうどいい!

というわけで、休日のオッサンライフを充実させる「オーシャンズとレジャー」の第7回イベントテーマは「ウクレレ」。しかも、ただの演奏講習会じゃない。ウクレレのカルチャー・歴史も教えてくれる、深くハワイアンに親しめるイベントなのだ。

「ウクレレはいくつかのコードを覚えれば、歌とコードで一曲奏でられる、音楽をとても身近にしてくれる楽器です。それに、いつでもどこでも、さっと手に取って弾けて、普段の生活の中に取り入れやすい。その一方で、小さいながらもアレンジ次第で、ハワイアン以外の様々なジャンルの曲も演奏可能な、大変奥の深い楽器でもある。誕生から百数十年と、歴史の浅い楽器でもあり、その形も奏法もまだまだ進化途上にあるので、自由に様々な楽しみ方が見つけられると思いますよ」

とは今回の講師、ウクレレ工房&教室「ukulele studio 七里ヶ浜」代表の三井達也さん。もともと自動車メーカーのデザイン部に勤めていたが、趣味が高じてウクレレ講師&ビルダーに転身。演奏教室が好評なのは言うまでもないが、三井さんが作ったウクレレは愛好家も多く、「ミツレレ」という愛称で呼ばれるほどなのだ。

「持つ人にとって、小さな子がいつも大事に抱えている『ぬいぐるみ』のような一本。ウクレレがそんな存在になるよう考え、一本一本を製作しています」(三井さん)

そんな日本でも指折りのスペシャリストが教えてくれるのは、演奏の基礎のほか、カルチャーや歴史。ポルトガルからの移民が持ち込んだブラギーニャが起源だというウクレレ。独自の改良が重ねられ、現在の形に辿り着いたという。いまでは日本でもメジャーな楽器だが、どんな歴史を辿ってきたのか……本格的な話は当日のお楽しみだが、深い知識に触れれば、実際の演奏にもますます力が入るというもの。

そして、メインはもちろんウクレレの実践演奏! ハワイアンまたはポピュラーミュージックのなかから手軽に弾ける1曲を学ぶ。2〜3コードで演奏可能な曲だから、自分が習得するのはもちろん、自宅へ帰って子供にも教えられるはずだ。


いつでもどこでも手軽に持ち運べて楽しめるウクレレ。どんなシチュエーションにも生かせそう。クリスマスシーズンに演奏して盛り上げる……なんてことも考えられる!

なお、先日葉山で行ったSUP体験を収めた動画から、イベントの楽しい雰囲気を感じ取ってほしい。

ちなみに定期購読者はイベント参加が無料(※定期購読のお申込みはコチラから!)。これを機に定期購読を始めてみるというのもアリかも? 音のある生活に憧れがあるのなら、ぜひ第一歩としてこのイベントを利用していただきたい!

※第7回の募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【募集概要】
日時:11月26日(日)
①午前の部
②午後の部
場所:BOMA Tokyo
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町33-8塚田ビル8F
TEL : 03-3464-2544
※直接会場までお越しください
定員:24名(午前の部/午後の部の入れ替え制)
参加費:
・雑誌OCEANS定期購読者:無料
・一般読者:3000円
*雑誌OCEANS定期購読者の方は、お連れ様1名まで無料です。
*当日会場にて現金でのお支払いとなります。必ずご用意ください。
締め切り:2017年11月1日(水)
*当選者の発表は、メールの発送をもって代えさせていただきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
独創的な腕時計ブランド・カンパノラ。新作登場記念でトークショー開催!
2019.02.15
パタゴニアのトラックが、雪山好き&服好きに訴える大切なこと
2019.02.05
ブランド直伝! バブアーの正しいメンテ術がわかる夜の集い
2019.01.28
シチズンの創業100周年記念イベントの子供向けプログラムが見逃せない!
2018.11.21
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05