乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.226
2021.04.18
CAR

ディーゼル派に勧めたいワゴン4候補。アクティブライフも充実な車ガイド

ワゴンのイメージといえば、室内が広く、荷物がたくさん載って、少し牧歌的なファミリーカーというイメージが強いかもしれない。

しかし、そんなイメージに収まらないのが、ハイパワーでトルクがあるクリーンディーゼルのワゴンだ。

走りも大切だが、ファミリーカーとしての使い勝手も大事にしたいという家族思いな父親諸兄に検討してほしい、4メーカーのクリーンディーゼルワゴンをピックアップ。

 

■乗りやすさのCと積載量のE
メルセデス・ベンツ

国産車よりも早く、日本で初めて基準をクリアしたクリーンディーゼル車を導入したのがメルセデス・ベンツだ。

C220dステーションワゴン。ラゲージ容量は通常で460L、後席を倒すと1480L。

電気自動車をリリースしている今でも、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルを多数ラインナップしている。

ステーションワゴンではCクラスワゴンのC220dとEクラスワゴンのE220d、それにEクラスワゴンの車高を上げて4WDが組み合わされたオールテレインがある。

いずれも最高出力194ps/最大トルク400N・mを発揮する、2Lツインターボエンジンを搭載。これに9速ATが組み合わされる。

扱いやすいサイズで選ぶならCクラスだが、本国では既にフルモデルチェンジが行われ、その新型にはディーゼルエンジンにマイルドハイブリッドシステムが組み合わされている。

Eクラスより約200kgも軽いCクラスワゴンでディーゼルエンジンのみの味わいを堪能したいなら、今のうちだ。

E220dステーションワゴン。ラゲージ容量は通常で640L、後席を倒すと1820L。

一方ワンランクうえの乗り心地や機能、積載量で選ぶならEクラスワゴンだ。

リアのみエアサスペンションが備わり、トルクフルなエンジンと相まって、フラットなクルージング走行で目的地までラクにたどり着ける。

E220d 4マチック オールテレイン。4輪にエアサスを備え、Eクラスワゴンより車高が25mm高められている。

4WDを備えたオールテレインなら、夏も冬も、場所を選ばず遊びに行けるだろう。

 

■走りにこだわった4WD×ディーゼル
BMW

BMWもまた同じ2Lディーゼルツインターボを、3シリーズと5シリーズワゴンに搭載している。

320d xDriveツーリング。ラゲージ容量は通常で500L、後席を倒すと1510L。テールゲートのガラスハッチ部分のみの開閉が可能。

最高出力190ps/最大トルク400N・mはライバルとほぼ同じ。これに組み合わされるのは8速ATと、4WDシステムだ。

4WDは、もちろん滑りやすい路面では頼りになるが、後輪駆動を基本に走行状況に応じて前輪に適切な駆動力を与えるもので、悪路走破よりも“気持ち良く走るため”の4WD。

ディーゼルエンジンも、ガソリンエンジンほど高回転はしないものの、そのふけ上がりはとてもスムーズで、「駆け抜ける歓び」を追い求めるBMWらしい。

3シリーズにはハンズフリー機能が備わるので、前方さえ注視していればステアリングからハンドルを離して(もちろん足もペダルから外して)高速道路を巡航できる。また直前のルートを最大50m記憶してくれるので、万が一どん詰まりの路地に入っても、ボタンを押せばラクラク自動でバックして、元の道へ戻ることが可能だ。

523d xDriveツーリング。ラゲージ容量は通常で570L、後席を倒すと1700L。3シリーズワゴン同様、テールゲートのガラスハッチ部分のみの開閉が可能。

5シリーズにもハンズフリー機能が備わるほか、iPhoneをドアハンドルにかざすだけでロックを解錠/施錠でき、iPhoneを車内に置いてスタートボダンを押せばエンジンを始動できる。

リアのみエアサスペンションが備わるのはライバルと同様だ。

NEXT PAGE /

■いち早く登場したマイルドハイブリッドディーゼル
アウディ

日本へのディーゼル車導入はライバルより遅かったけれど、ル・マン24時間で2006年から3年間ディーゼルエンジン搭載マシンで優勝していたほどの知見を持つアウディ。

2021年1月に追加されたばかりの、アウディ A4アバントのディーゼルモデル(35TDIと40TDI)。ラゲージ容量は通常で505L、後席を倒すと1510L。

現在日本ではA4アバントの 35TDIと40TDI、それにA6アバント 40TDIがラインナップされている。

出力違いの同じ2Lディーゼルターボエンジンで、しかも日本ではライバルに先んじて、マイルドハイブリッドシステムと組み合わされた。

3モデルの最高出力/最大トルクは、A4アバントの35TDIが163ps380N・m、40TDIが190ps/400N・m、A6アバント 40TDIは204ps/400N・mとなる。

2020年1月に追加されたA6アバント 40TDI。ラゲージ容量は通常で565L、後席を倒すと1680L。

組み合わされるトランスミッションはいずれも7速Sトロニックだが、35TDIは前輪駆動でA4/A6アバントの40TDIはどちらも4WD(クワトロ)。2WD+マイルドハイブリッド等の効用で、A4アバント35TDIのWLTC燃費は、ライバルたちが16km/L前後の中、唯一17.7km/Lを叩き出す。

 

■ディーゼルワゴンの意外な? 超優良株
フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンもまた本国では積極的にディーゼル搭載モデルをリリースしていたが、日本導入はライバルに遅れていた。

パサートヴァリアント。ラゲージ容量は通常で650L、後席を倒すと1780L。

パサートヴァリアントにようやく2Lディーゼルターボエンジン搭載モデルが追加されたのは、同車が日本デビューした2015年7月から約3年後となる2018年2月だ。同年10月には、同じエンジンを搭載する同車のSUVモデルとなるパサートオールトラックも登場した。

先日大幅なマイナーチェンジが行われたが、無事ディーゼルモデルも改めてラインナップされている。その際、組み合わされるトランスミッションが6速DSGから7速DSGとなった。最高出力190ps/最大トルク400N・mはライバルと同じ。

今回のマイナーチェンジでは先進安全機能が向上したほか、スマートフォンでのドアの施錠/解錠や、ナビゲージョンマップのオンライン更新が可能になった。

パサートオールトラック。ラゲージ容量は通常で639L、後席を倒すと1769L。2Lディーゼルターボ×7速DSG×4WDのみとなる。パサートヴァリアントより最低地上高が30mm上げられている。

パサートヴァリアントは昔からラゲージの使い勝手が良く、知名度の低さ(失礼!)と価格の手頃感と相まって“質実剛健”なワゴンとして定評がある。

マイナーチェンジで先進技術を採用したことで、より美味しくなったディーゼルワゴンだ。

 

籠島康弘=文

# BMW# アウディ# ディーゼル# フォルクスワーゲン# メルセデス・ベンツ# ワゴン
更に読み込む