2021.08.16
CAR

日本版LOVEキャンペーンの出発点? スバルが千葉に作った「里山スタジオ」とは何か

当記事は「東洋経済ONLINE」の提供記事です。元記事はこちら

SUBARU里山スタジオに並ぶ8月発表の改良型フォレスター(左)と現行フォレスター(右)(筆者撮影)

千葉県房総半島の山間部に「SUBARU里山スタジオ」が2021年8月16日に開設される。スバル本社からは、「里山をそのまま生かした自然の中でメディアがクルマの撮影ができる場所だ」という説明を受けた。

いったいどんなところなのだろうか。プレオープン期間に現地に出向き、デイキャンプをしてみた。

千葉市方面からは富津館山道路を南下し、鋸南保田ICで降りて、長狭(ながさ)街道と呼ばれる国道34号線で鴨川方面に30kmほど進む。

外房の海岸線から10kmほど手前、鴨川市細野という地域に入り、隣接する山間部に向かって少し走ると、信号機のない交差点に小さく「SUBARU 1km」という案内表示が出てきた。

そこからは、農道のような道幅の狭い道を登っていく。施設専用ゲートを抜けると、作業小屋や仮設トイレが見てきた。さらにそこから1段上がると300坪はあろうかという平坦地がある。

この山が丸ごと、SUBARU里山スタジオである。

取材当日は、今年6月に公開され先行予約販売が始まっている「フォレスター」の大幅改良モデルがあった。ナンバー登録はされていないが、地元の鴨川警察署からの許可を受け、敷地内での走行が可能だという。

スバルの事業ではなく広報の一環として

日系自動車メーカーが、これほど大きな規模でメディア対応施設を作ったという話を筆者は聞いたことがない。

これまでも、トヨタの富士スピードウェイ(静岡県)、ホンダの鈴鹿サーキット(三重県)とツインリンクもてぎ(栃木県)のように、レース場を主体として一般向けにキャンプが可能な施設を併設するケースはあった。

しかし、これらと比べてSUBARU里山スタジオは“企業としての事業”ではなく、地域の人たちの息吹を感じる“小さなコミュニティ”という雰囲気だ。

それもそのはず、SUBARU里山スタジオは運営方法が極めてこぢんまりとして、シンプルでわかりやすい。

SUBARU里山スタジオに通い実務をこなすスバル広報関係者の村木秀児さん(筆者撮影)

ここに至る経緯について、本件の発案から現地運営までの責任者であるスバル広報部の栗原健蔵さんに詳しく聞いた。

そもそもの発想は、スバル車のフィールドである「大地と空と自然」に対して、ユーザー、そしてメディアの人たちにより深くわかってほしいという思いからだそうだ。そのための“場”をスバルの事業という大きなくくりではなく、あくまでも広報部が対応できる範疇を対象に探していたという。

条件としては、日帰りでの取材を考慮して首都圏から1時間半程度の場所であること。

NEXT PAGE /

スバルの本拠地である群馬はその条件から少しずれており、また群馬では探しても対象となりえる場所が見つからなかったという。

そうした中、鴨川市嶺岡(みねおか)キャンプ場の存在を知り、現地を視察したのが今年4月だ。それから鴨川市に問い合わせると、すでに閉鎖されており管理運営は地元の細野地区が行っていることを確認。細野地区区長の川木利夫さんに早速コンタクトした。

突然やってきた話だったが、川木さんは「渡りに船、いい話だ」と思ったという。

2015年にキャンプ場が閉鎖されて以来、敷地内にある愛宕神社を守るために周囲の管理は続けられてきたが、地域の人たちは「キャンプ場がこのままの状態で放置されるのはもったいない」という気持ちをずっと持っていたそうだ。

これまで再利用についての問い合わせはなく、今回のスバルが初めてだったというから、まさに「渡りに船」だったのである。

取材に協力してくれた細野地区の区長 川木利夫さん。地区の皆さんが大切に守っている愛宕神社の前にて(筆者撮影)

細野地区の山林は広大で、SUBARU里山スタジオで使用する地域は53区分あるため、地権者が多いが、この地の再整備について異議はなく、2021年6月上旬に1年間の賃貸契約を結んだ。

そして、地域の人たちが導入路の草刈りを手伝うなどして、6月中旬にプレオープンとしてメディア向けの最初の撮影会を開催。スバル関係者が現地視察してから、たった2カ月後の出来事だ。

川木さんは「我々としてはなるべく長く利用してもらいたい」とスバルとの継続的な付き合いを希望している。

嶺岡牧の歴史を感じながらゆったり森林浴

細野地区はこれまで、吉尾村、長狭町、そして鴨川市と市町村合併してきた。さらに歴史をさかのぼると、SUBARU里山スタジオの敷地内は、嶺岡牧(みねおかまき)があった場所でもある。

嶺岡山地の尾根や斜面を活用した馬牧が奈良・平安時代から始まり、江戸時代には嶺岡牧として、その周囲に近隣で切り出した石を使った全長80kmにも及ぶ壁が築かれた。いまでもその名残がある。

そうした歴史の息吹を感じながら、現行のフォレスターにogawaのテント「カーサイドリビングDX-Ⅱ」、JVC KENWOODのポータブルバッテリーと太陽光パネル、小型冷蔵庫、小型扇風機など、筆者が個人で所有するアイテムを持ち込んでデイキャンプをしてみた。

現行フォレスターに、筆者個人で持ち込んだ機材を使って行ったデイキャンプの様子(筆者撮影)

気温は30度を超えていたが、森の中を抜ける空気は心地よい。

一般的なオートキャンプ場では味わえない、実に有意義な時間であると同時に、“人と自然”が触れ合う中でのクルマの在り方をじっくり考えることができた。

NEXT PAGE /
210813tk
210813tk_1
「ここが千葉か?」と思うほど大自然の中をゆっくり走る。(筆者撮影)
210813tk_2
大きな杉の木の中を進む、フォレスター。(筆者撮影)
210813tk_3
道幅が狭いうえに急な坂が多く、「X-MODE」で走行も。(筆者撮影)
210813tk_4
メディアが撮影する場所としてさまざまな活躍が期待される。(筆者撮影)
210813tk_5
愛宕神社の前を静かに通過するフォレスター。(筆者撮影)
210813tk_6
愛宕神社の近くから見た、鴨川市の風景。(筆者撮影)
210813tk_1
210813tk_2
210813tk_3
210813tk_4
210813tk_5
210813tk_6

長年にわたり筆者は、フォレスターをはじめとするスバル車を取材すると同時に、スバルの商品企画、研究開発、実験などの担当者と“スバルの目指すこと”をひざ詰めで議論してきたが、この場所でフォレスターというクルマの本質が、肌感覚でわかるような気がした。

なにより、“フォレスター自身”が、この場にいることを喜んでいるように見える。もう1点、この場で感じたのは、日本版「LOVEキャンペーン」の可能性だ。

自然に生まれたESG投資の“S”

LOVEキャンペーンとは、スバルがアメリカで2007年から展開する活動で、もともとはスバルユーザーや販売店に対して愛車意識を共有してもらうための広告宣伝だったが、現在は医療や福祉、文化などユーザーが自主的に行う、いわゆる草の根社会活動として全米に広がっている。

企業によるCSR(企業の社会的責任)活動とは違う、自動車関連では極めてまれな社会現象だ。結果的に、LOVEキャンペーンはスバルのブランド価値を高め、販売台数は右肩上がりとなった。

振り返ってみると、これは最近話題となることが多いESG投資の“S”の理想的な事例ではないだろうか。

ESG投資とは、従来の財務情報だけでなく、E(エンバイロンメント)、S(ソーシャル)、G(ガバナンス)要素も考慮した投資を指す。

ただし、LOVEキャンペーンはあくまでも、結果的にESG投資につながったのであり、スバルが故意に仕組んだことではなく、スバルはユーザーの活動をバックアップしたにすぎない。

思い起こせば2018年3月、現行フォレスターがニューヨークショーで世界初公開された際、筆者は前出のスバル広報部の栗原さんと一緒に、LOVEキャンペーンに関してスバル幹部や担当するアメリカの広告代理店関係者に聞いた。

「2019 FORESTER」として現行フォレスターが発表された2018年のニューヨークショー(写真:SUBARU)

またニューヨーク近隣の販売店に出向くなどして、LOVEキャンペーンの実態について詳しく取材した。

あれから3年5カ月が経ち、SUBARU里山スタジオが開設される。

ここにはESG投資や、SDGsを念頭に置いた“狙い”はない。あくまでも、スバル車をメディア関係者により深く感じてもらう場であり、スバル広報部関係者が地元の皆さんの協力を得て手作りで運営する場である。

もしかすると、この場が日本版LOVEキャンペーンの出発点になるのかもしれない。そんな思いを、房総の地で抱いた。

 

桃田 健史:ジャーナリスト
>東洋経済ONLINEの著者ページはこちら

記事提供:東洋経済ONLINE

# スバル# 東洋経済#
更に読み込む