2021.09.27
CAR
PR

メルセデス・ベンツの新型Cクラスは、イケてるセダンを証明する本家だ

「ゴルフ? セダン? それイケてます?」なんて言っている、そこのあなた。価値観のアップデートは大丈夫?

メルセデス・ベンツの最新Cクラスは、セダンの進化そのもの。ゴルフとともにFUN-LIFEに不可欠な相棒とわかるはずだ!

 

ゴルフとセダンをダサいと思うあなたがダサい!

MERCEDES-BENZ C-CLASS SEDAN メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
伸びやかで躍動的なプロポーションが目を引く新型Cクラスは、全長4751×全幅1820×全高1438mm(欧州参考値)とスケールアップ。エンジン出力が向上し、メルセデス・ベンツで初めて同クラスの全モデルにISG×48V×直4エンジンの電動化を実現する。651万円〜(MP202202の車両本体価格)。

Cクラス セダンの詳細はこちら

ゴルフにセダン。いわゆる団塊の世代たちが愛した組み合わせゆえ、父がそうだ、という読者も少なくないだろう。だからといってダサいのか? 答えはノーだ。その理由は、オーシャンズが掲げる“FUN-LIFE”に相応しい存在だからだ。

ゴルフに関していえば、ファッションで自分を表現できるという点においても、また、自然の中で仲間と濃密に過ごせるという点においても、その楽しさは今号のゴルフ特集でもお伝えしているとおり。

そして肝心のセダン。世界のセダンをリードするメルセデス・ベンツの新型Cクラスこそ、「イケているセダン」を証明する本家と言っていい。

ジャケット2万2000円/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿 03-3746-5851)、パーカ2万4200円、パンツ2万4200円/ともにビームス ゴルフ(ビームス&ウィンズ 有楽町 03-5221-6001)、スニーカー2万5300円/パントフォラドーロ(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、メガネ3万9930円/オリバーピープルズ(オプティカルテーラー クレイドル 青山店 03-6418-0577)

まずはこのエクステリアをご覧あれ。メルセデス・ベンツはセダンにおいてもその先頭を走る存在と思わせる。スリーボックスを感じさせないスポーティなシルエットや洗練が宿るフロントマスクにより、前モデルにラグジュアリー感とシャープさが加わる。

また、同社のSクラスのデザインコードを踏襲したインテリアは、スタイリッシュさに拍車を掛けている。一方で、ゴルファーならば気になる積載性能については、このエクステリアからは想像がつかないほどの収納力を有している点も見逃せない。

また、走行性能を司る各パワートレインは、モーター機能付き発電機ISGによる電動制御を実現。行き帰りにおける楽しいドライブも存分に堪能できる。

もちろん、装備やテクノロジーの先進性は言わずもがな。最新世代のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)や、360度カメラシステムなどを装備しており、他のメルセデス・ベンツ同様に安心感が高い。

ゴルフ同様、それをダサいと感じるのは、魅力を知らないだけ。つまり、変化する世情を更新しない自分こそが、ダサいということになる。人生を謳歌するならば、先端的な価値観を再インストールしたい。

Cクラス セダンの詳細はこちら

NEXT PAGE /

ディテールもCHECK!

操作性の高いメディアディスプレイ
ラグジュアリーな空間に、操作性の高いタッチパネル式の11.9インチメディアディスプレイが映える。会話形式で操作可能な対話型インフォテインメントシステム「MBUX」もこちらで操作する。

 

ゴルフバッグも詰めるトランク
流麗なデザインに溶け込みながらも、ゴルフでも活躍する収納力を誇るトランクルーム。キャディバッグ2本は横置き可能。その他のアクティビティでも満足できること間違いない。

Cクラス セダンの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
メルセデスコール
0120-190-610
www.mercedes-benz.co.jp

 

太田泰輔=写真 石黒亮一(ota office)=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 髙村将司=文 成田ゴルフ倶楽部、タイトリスト=撮影協力

# セダン# メルセデス・ベンツ#
更に読み込む