2021.08.25
CAR
PR

ブリヂストンのプレミアムな専用タイヤでSUVに死角なし

今や時代の寵児となったSUVには、本来の高い走破性はさることながら、快適さや安定性も求められる。であれば、“足元”にこそ細心の注意を。

この専用タイヤが、SUVライフをもっと楽しくする。

 

タイヤが変われば乗り心地がよりラグジュアリーに

「ブリヂストン」のアレンザ LX100
走行中のノイズだけでなく、SUV特有の“ふらつき”やライフ性能にまで効果を及ぼす優れモノ。タイヤサイズも幅広くラインナップし、ますます広がるSUVライフを全方位的に支えてくれる。1本 1万9030〜10万5270円[希望小売価格]/ブリヂストン 0120-392936

「アレンザ LX100」の詳細はこちら

NEXT PAGE /

日本語に直訳すれば「スポーツに有用な多目的車」。とはいえSUVの高い人気が、スポーツとは縁のないような街中で証明されているのはご存じのとおりだ。

ジャケット3万8500円/スロウ(スロウ自由が丘店 03-5731-3374)、カットソー1万4300円/エース(にしのや 03-6434-0983)、 靴5万2800円/ソロヴィエール(シップス 渋谷店 03-3496-0481)、サングラス3万6300円/アヤメ 03-6455-1103

広々とした居住空間と荷室、高い走破性、ギア感のあるビジュアル。ある意味でオーバースペックを宿す車は、確かに我々の心を躍らせる。それこそ、ハイスペックなアウトドアウェアをあえて街で着たくなるように。

その一方で、SUVには弱点も存在する。例えば音。走行中に鳴る独特の高周波ノイズはセダンなどに比べ、意外と気になるものである。

そんな騒音を黙らせるために必要なのが、頼れる足回り。つまり、タイヤのチョイスが鍵を握る。

静粛性と上質な乗り味にこだわり抜いて開発されたブリヂストンの「アレンザ LX100」は、打ってつけの存在となるだろう。

NEXT PAGE /

オンロード系プレミアムSUV用タイヤとして開発され、路面との接地を考えたうえで最適なパタン(溝)を設計。タイヤパタン起因で発生する音を低減させる「3Dノイズ抑制グルーブ」、摩耗後もその効果を持続させる「シークレットグルーブ」といった最新技術を引っ提げ、街乗りドライバーの福音となるのだ。

加えて、安定した操作性や乗り心地、優れた耐摩耗性にまで寄与し、SUVの弱点をほとんど解消してくれる。

居住性を格段に向上させ、車内を「上質な移動空間」へと変えてくれる「アレンザ LX100」は、SUVにあらゆることを求める我々にとって、もはや必要不可欠なタイヤなのである。

「アレンザ LX100」の詳細はこちら

 

[問い合わせ]
ブリヂストン
0120-392936
https://tire.bridgestone.co.jp/alenza/lx100/

 

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真 来田拓也=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク 増山直樹=文

# タイヤ# ブリヂストン
更に読み込む
一覧を見る