2021.05.27
CAR
PR

欧州No.1 SUV「ルノー キャプチャー」に、走りに拘るトレラン世界一の男が共感するワケ

「走る」ことは目的か、それとも何かを得るための手段か。そこに楽しさは必要か。

そんな問いの答えを、探し続ける男がいる。トレイルランナーの第一人者である上田瑠偉さんだ。

その上田さんが認め、自身で日々ハンドルを握る車が、昨年欧州で最も売れたSUV「ルノー キャプチャー」である。

上田瑠偉(うえだるい):1993年生まれ、長野県大町市出身のトレイルランナー。国内の数々の山岳レースで優勝し、2019年には権威ある国際大会「Skyrunner World Series」でもアジア人初の年間チャンピオンに輝く。

ともにトップを走り続ける上田さんとルノー キャプチャー、そこには多くの共通点があった。

ルノー キャプチャーの詳細はこちら

 

「なぜ走るのか? その理由が多いほど、走ることは楽しくなる」

「山道を登り切った先にある山頂の絶景というご褒美と、人間の中の野性が呼び覚まされるような下りの疾走感は、ほかでは得がたいトレイルランニングの魅力だと思います」と上田さん。

小学生時代はサッカーボールを追うことに明け暮れていたが、中学からは陸上も始めた。

すると“走る”才能が開花。高校は駅伝の名門、佐久長聖へ進学する。ところが故障の連続で、早稲田大学に進むものの陸上競技同好会に所属。

トレイルランニングを始めたのは「10代最後の思い出作りに」と出場した100kmマラソン。ここでアウトドアブランドから「本格的にやってみない?」とスカウトされたのがきっかけだ。

「トラックや舗装路を走るのとはまったく違うスポーツで、岩や木の根、雨が降ればぬかるみができるし、倒木もある。アップダウンが激しくてマラソンのように1km何分というペース配分ができませんし、足元に集中しないと転んでしまいます」。

けれど、サッカーで培われた視野の広さが、瞬時に路面や状況を見極める際の武器となった。もちろん“走る”ことは中学生時代からやってきた。「やってみたら、自分にすごく合ったスポーツでした」。

そして、初めてのレースでいきなり大会新記録を出して優勝。2016年には世界王者。瞬く間に世界的なトレイルランナーとなった。

たった一歩の着地ミスが大ケガにつながりかねないこの競技は、無駄のない見事な筋肉を造りあげた。「同じ身長のマラソン選手と比べたら、ボクは10kg近く筋肉が多い」と上田さん。

そんなプロアスリートの上田さんは、ルノー キャプチャーにとても親和性を感じるという。

確かにこの車のフォルムは、アスリートの筋肉を彷彿させるような躍動感がある。その割に、街中を走ってもサマになる。

「最近はシューズやウェアなど、トレイルランニングのギアがファッションアイテムとして人気ですからね」。

同じ高機能でも街中で着こなしやすいのは、武骨な登山靴よりも断然トレイルランニングシューズだ。その点が、シティ派のキャプチャーと重なるという。

もちろん走り出せば、瞬時に木の根を避けるトレイルランナーのように、キャプチャーは機敏に、ドライバーの意のままに身をこなす。

ボディはコンパクトだが、「小さな子供がいるので、チャイルドシートは後席に付けっぱなし。でも、後席を倒さずともレースに必要な道具をすべて積み込めます」と上田さん。

キャプチャーの街中で映える躍動感あるスタイルや、コンパクトボディに秘められた使い勝手の良さには、誰もが“共感”できるはずだ。

ルノー キャプチャーの詳細はこちら

NEXT PAGE /

「より楽しむためには技術が必要。それはトレランも車も同じですね」

「マラソンはタイムを縮める、レースに勝つという歓びはありますが、トレイルランニングは加えて自然の中を走る楽しみもあります。四季に応じて山はさまざまな表情を見せてくれますから」。

だから、今まででいちばん印象の残るレースを尋ねると、世界一になったレースがあるにもかかわらず「どれかひとつとなると……選べないですね」と笑う。

また給水地点などが用意されるマラソンと違い、すべて自分ひとりで完結させなければならないためトレイルランニングではバックパックを背負う。そこに水や栄養補給、万が一のケガに備えてファーストエイドキットなどを詰めるのだ。

マラソンのようにギアを絞りすぎてもダメ、かといって登山のようなフル装備ではタイムを縮められない。トレイルランニングは、車に例えれば優秀なSUVなのかもしれない。

家族5人で乗れたり、休日のレジャーアイテムもしっかり積める積載性と、街中から高速道路まで軽快に走れる走行性能を両立するのがSUVなのだから。

しかも、キャプチャーに備わるモードセレクトを「スポーツモード」にすれば、高速でのさらなる疾走感を味わえ、ハンドル裏のパドルシフトを操ることで、ドライブそのものをより楽しむこともできる。

もちろん車窓の景色だけでなく、キャプチャーは高音質なサウンドシステムで耳からも気持ちを高めてくれる。

レース前の気持ちをアゲることもできれば、レース後に静かな音楽でクールダウンさせることも可能。

レース後はさらに、クラス水準を超えた先進の運転・駐車支援システムが上田さんを支える。

「長野県の佐久市でのレース後に愛知県の新城市まで移動しなければならなかったのですが、この運転支援機能のおかげでスゴくラクでした」。

走ることは目的か、手段か。スポーツか遊びか。そもそも、物事において明確な線引きって本当に必要か。そこに明確な正解はない。

しかし、上田さんが山々を走るトレイルランニングと、日々走らせるルノー キャプチャーには共通して、二者択一にはないボーダーレスゆえの楽しさが、確かにある。

ルノー キャプチャーの詳細はこちら

「ルノー キャプチャー」の“走る楽しさ”の裏付け

2020年、ヨーロッパでの販売台数は全SUVモデルの中で1位を獲得。全長4230×全幅1795×全高1590mmと、街乗りや狭い山道に適したコンパクトなSUVだ。

1.3Lターボは1クラス上のモデルと同等の最高出力154ps/最大トルク270N・mを発揮。組み合わされるトランスミッションはデュアルクラッチ式2ペダルMTの7速DCTで、前輪駆動となる。WLTCモード燃費は17.0km/L。センターコンソール上に備えられた7インチディスプレイはタッチパネル式で、スマートフォンと連動もできる。

運転モードは「スポーツ」「エコ」のほかに、自分好みのエンジンや7速DECの特性などに変えられる「マイセンス」から任意に選べる。

衝突被害軽減ブレーキはもちろん、車線中央をキープしながら先行車に追従する「ハイウェイ&ロラフィックジャムアシスト」や、渋滞で止まっても自動で再スタートする「ストップ&ゴー付きアダプティブクルーズコントロール」、自車を俯瞰で見られる「360°カメラ」、ハイ/ロービーム自動切替機能などが備わる。

ルノー キャプチャーの詳細はこちら

[問い合わせ]
ルノー・コール
0120-676-365
9:00〜18:00(年中無休)

鈴木泰之=写真 籠島康弘=文

※上田さん着用アイテム
ジャケット2万9700円、カットソー1万9800円/ともにエディフィス、スニーカー1万4300円/アディダス オリジナルス フォー エディフィス(すべてエディフィス 新宿 03-5366-5481)

# SUV# キャプチャー# ルノー
更に読み込む