2021.03.25
CAR
PR

創造を愉しむ。モデル・俳優の水上剣星と「プジョー3008」の共通点

車は単なる移動手段ではない。行動と創造を促すマシンだ。

モデル、俳優にとどまらず、近年アウトドアの分野でも活躍している水上剣星さんは、「好奇心を、つづける人」に向けて進化した新型プジョー3008をどう見るのか。

モデル/俳優
水上剣星さん Age 36
10代よりモデルとして活躍。NYに移住、帰国後に俳優の活動も開始。代表作は『仮面ライダービルド』『不能犯』など多数。妻の野波麻帆と、キッズブランド「himher」も手掛ける。

 

プジョー3008
1月にマイナーチェンジされた最新モデル。スタイリングの刷新、運転支援システムの強化、プラグインハイブリッド車の追加設定、純ガソリンエンジン搭載車の性能向上などがなされた。397万6000円〜。

プジョー3008の詳細はこちら

“創造を愉しむ”オーシャンズな男とプジョーの共通点

新型プジョー3008につけられたキャッチコピーは「好奇心を、つづける人へ」。あらゆる行動と創造を駆動する、新しい相棒だ。今回加えられたガソリンエンジンとふたつのモーター、走行用のバッテリーから成るGTハイブリッド4と呼ばれるPHEVシステムが特長で、その動力性能は「プジョー歴代市販モデル最強」と謳われている。

各社がSUVをリリースし、市場を席捲するほどのSUVブームとなった2000年代後半。プジョーは満を持して「セダンとMPV、SUVの魅力を融合したクロスオーバー車」である3008を’09 年に登場させた。

先のブームを牽引していたのは、どれと断定はできないが、全体的なデザインの傾向としては最低地上高が高い、ツーボックス型のフォルムを有するクロカン系。

そこに高級感をプラスするか、あるいは小型化させるか、といったちょっとした差別化によって微妙な枝分かれがなされてきた。

プジョー車のウリといえば、取り回しが抜群の小径ステアリングと直感的に操作可能なタッチスクリーンを備えた「i-Cockpit」。「メーターはステアリングの上から見る」がプジョー乗りの作法である。

3008はそのなかに分類はされるだろうが、あらゆる点でほかとは一線を画していた。

それは当時の先進機能を搭載していたり、考え抜かれた使い勝手の良さであったりと理由はさまざまだが、「最古の自動車メーカー」という無二のバリューにまったく甘んじていない、革新を求め続けるプジョーの「好奇心」が塊になって出てきたような存在だ。

そして、現在のSUVの形として2017年にデビューした3008はヨーロッパカー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞し、ここ数年の日本市場でもプジョーの人気を牽引してきた。

プジョー3008の詳細はこちら

ライオンの牙をモチーフにしたLEDデイタイムランニングライトとフレームレスグリルが今回新たに採用された。
NEXT PAGE /

今回登場いただいた、モデルであり俳優の水上剣星さんは、過去にプジョーの308を所有していたことがある。

当時、なぜプジョーを選んだのかをたずねると、「主張がそこまでないけれども、さりげなく格好いい車が欲しくて。探していたところ出会ったのがプジョーでした。それと、純粋にライオンを象ったロゴも好みだったんですよね」。

ライオンのかぎ爪が着想となっているリアコンビネーションランプ。

「さりげなく格好いい」。この印象は、プジョー全体にいえる魅力のひとつだろう。水上さんは話を続ける。

「仕事で現場に向かうとき、自走で行くことが多いんです。基本的には街乗りですけれども、遠方に行くための快適さも欲しかった。プジョーであれば、その両方をかなえてくれそうだなと率直に感じたのも選んだ理由としてありましたね。

数年前からキャンプや釣りなどにハマっていて、アウトドアに行く機会も増えたので、今であれば308よりも積載性が高いものを選択すると思います」。

キャンプで愛用しているアールティックのソフトクーラー。「保冷効果は2日間ほど保つことができるし、4人家族分の食材を持っていくのにちょうど良いサイズ」。

モデル・俳優業を飛び越え、今、水上さんが力を入れているプロジェクトに、那須に新しくできるグランピング施設の企画がある。約6年前、家族でフェスに行き、キャンプに目覚めて以来、ギアも揃えるようになった。そういった先に結びついたのが、先のプロジェクトだった。

ただ、水上さんは「ギアオタクにはなりたくない」と話す。

「ハイスペックなものを揃えすぎると、便利さが勝ってしまい、キャンプならではの楽しさが削がれてしまうと思うんです。なので、あえて必要最低限にしています。

グランピング施設も然りで、主にファミリー向けと考えているんですが、薪は自分で割ってもらうなど、ある程度の不便さは残したいなと考えています」。

水上さんの愛用ギア。左はトランギアのストームクッカー。右がヒルバーグのタープ。
NEXT PAGE /

ちょうど良いバランスを保つという水上さんのこだわりは、新型の3008に通ずる部分がある。

ADAS(先進運転支援システム)は、現行プジョーの旗艦車種である508と同等のものを採用。車、二輪車、歩行者に対応した夜間検知機能付きの衝突被害軽減ブレーキ、全車速対応型のアダプティブクルーズコントロール、車線維持支援機能、ブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビーム、道路標識の読み取り機能などが装備されている。

パワートレインラインナップはいくつかあるのだが、PHEVシステム搭載のGTハイブリッドで最高出力300ps、最大トルク520Nm(システム合計、フランス本社公表値)とハイパフォーマンス。にもかかわらず、燃費は16.9km/L(JC08モード ハイブリッド燃料消費率)と好記録を出している。さらには約69kmのEV走行が可能だ。万全の守りがあり、力強くて低燃費、そして高い積載性を持つ。

荷室の容量は通常時で520L。リアシートを倒すと1482Lまで拡大。

「これだけ優れた性能を持つのにデザインは押し付けがましくなく、洗練されていて無駄がない。このバランス感はプジョーならではだと思います。

例えば、キャンプ場でよく見かけるのはワンボックスかタフな雰囲気のSUVのなか、3008に乗って行ったら、めちゃくちゃ格好いいと思うんですよね。オートキャンプ場だと車をテントサイトに横付けするので、車もレイアウトのひとつになっているんですよね。

細かなところかもしれないですが、車の停め方ひとつでも個性が出ます。だから、どんな車をどう乗るかって、アウトドアにおいて重要だと思うんです」。

フロントから3008を眺めるとSUV然としているのだが、リアビューは全長が長いワゴン的なフォルムが特徴。

「仕事を仕事だと思ったことは一度もない」と断言する水上さんのあらゆる志向は一貫し、輪のようにつながっている。

「仕事も遊びも邁進して、常にチャレンジをしていたい」。そう話す水上さんのお眼鏡に、“プジョーの「好奇心」の塊”である3008はかなったようだ。

プジョー ディーラー一覧はこちら

 

[問い合わせ]
プジョーコール
0120-840-240
www.peugeot.co.jp/

西崎博哉(MOUSTACHE)=写真 向後信行(JANEiRO)=ヘアメイク 大隅祐輔=文

# プジョー#
更に読み込む