2021.03.02
CAR
PR

PHEV×SUV、究極の選択。三菱のアウトランダーとエクリプス クロスを3つの視点で比較する

今やPHEVは当たり前の選択肢のひとつ。

では人気のSUVのPHEVで、まずはどのメーカーを見るべきかといえば、このジャンルで世界初と世界一の称号を持つ三菱自動車だろう。

同社にはヘリテージな王道SUVのアウトランダーPHEVと、モードな新鋭の都会派エクリプス クロスPHEVというふたつの選択肢がある。

王道SUVであるアウトランダーPHEV(上)。モードで都会派なエクリプス クロスPHEV(下)。

多くのシステムを共有する2台のPHEVは、どちらも間違いない選択肢。つまり、どちらを選ぶかは、もうあなたの“価値観”次第ということだ。

モデルでありビジネスパーソン、さらに都会での生活と海や山でのオフタイムを両立させるなど、縦横無尽に人生を楽しんでいる三宅 敬さんに、実際に二台のハンドルを握ってもらい、この選択の答えを探してみた。

三宅 敬(ミヤケ タカシ)さん●1967年生まれ。20歳でモデルデビュー後、アメリカ古着の買い付けなどを経験。約10年、ミッドセンチュリー家具の「モダニカ」に勤務した経験も持つ。現在は読谷山焼「北窯」や自身のリメイクブランド「サードハンズ」の販売も手掛ける。若い頃にハマっていたサーフィンは、今はロングでのんびり楽しむ。

【比較① 見た目】
どっしりと構えた王道の安心か、洗練された都会派の個性か

かつてクロスカントリー4WD車(現在のSUV)ブームを創り上げたパジェロ。卓越した4輪制御で世界中のラリー界を席巻したランサーエボリューション。世界初の量産型電気自動車として誕生したi-MiEV。

このレジェンドたちの「SUV、4WD、電動」という3大ヘリテージ技術を、余すことなく投入して開発されたのが、アウトランダーPHEVだ。

どっしりと王道のSUVフォルムを受け継ぐアウトランダーPHEV。

「三菱自動車といえば、幼い頃の記憶では“パリダカ”でした」と三宅さん。世界一過酷なレースと言われたパリ・ダカールラリーで、砂煙を猛然と巻上げながら砂漠を突っ走るパジェロの勇姿が忘れられないという。

一方で、かつてテレビのクイズ番組の“豪華賞品”として毎週登場していたの見て、「父親が憧れていた高級車、というイメージもありました」という。

こうしたSUVの王者パジェロのDNAは、アウトランダーPHEVにもしっかりと受け継がれている。

しかも世界で初めてSUVのPHEVとして生まれた車であり、世界で最も売れているPHEVという称号も持つ車なのだ。

アウトランダーPHEVのフェイスデザインは、「ダイナミックシールド」と呼ばれる三菱自動車ならではのタフさと機能性を併せ持ったデザイン。

こうしたヘリテージと実績が生む風格は、しっかりとデザインにも現れている。

三菱自動車が「ダイナミックシールド」と呼ぶフロントデザインは、力強いパフォーマンスとプロテクションの安心感を表現しており、全体のフォルムは、SUVとしてのダイナミックさを感じさせる。

三宅さんも「まさに伝統を正当に受け継いだヘリテージSUVが、“今”という時代に佇んでいる、という王道の雰囲気がありますね」と言う。

アウトランダーPHEV

そして、アウトランダーPHEVで培った技術から生まれた“モード系”なもう一つのSUVが、エクリプス クロスPHEV(写真下)だ。

エクリプス クロスPHEV

LEDヘッドライトが鋭くシャープに並ぶフロント回りや、ボディ後半が強く傾斜したクーペルックなフォルム。見た目はアウトランダーPHEVよりもシャープで、軽快感がある。

「こちらは見るからに、都会派。また、これからの新時代の到来を感じさせてくれるモードなデザインですね」と三宅さんも唸る。

ルーフがリアにかけてなだらかに傾斜したクーペスタイルで、横から見てもシャープな印象を与えるエクリプス クロスPHEV。

インテリアを見比べても、両車に対する三宅さんの印象は変わらない。

「アウトランダーPHEVのほうは、しっとりと落ち着いていて、王道の包まれ感や安心感があります。一方のエクリプス クロスPHEVのほうは、もちろん上質感はありますが、同時にインパネの形状などから感じる、洗練されたスポーティ感が印象的です」。

エクリプス クロスPHEVの運転席。ブラックで統一されたインパネ周りはSUVながらあくまでスタイリッシュだ。

2.4L+ツインモーターというPHEVシステムを含め、多くの部分を両車は共有するものの、「王道の安心感と、都会的な洗練感。勝手なイメージで似ていると思っていた二台ですが、それぞれの個性がしっかり見た目からも伝わってきますね」と三宅さんもそのデザインの違いに驚きの様子だ。

同じようで全然違う二台のPHEVをもっと詳しく!

NEXT PAGE /

【比較② 使い勝手】
細い道もいとわないフットワークの軽さか、なんでも積める大らかさか

都内暮らしで、月2回はサーフィンを楽しみ、たまには友達とキャンプへ出かけることもある三宅さん。

モデルというだけでなく、経営者の顔も持つ彼は、商品を車にたくさん載せて都内を運ぶこともある。

「だから今は、すべてこなせるワンボックスカーを所有していますが、東京の狭い道だと不安なこともあったり。エクリプス クロスPHEVのサイズ感はどんな道でも楽に入れそうですよね」。

エクリプス クロスPHEV(上)のラゲッジは日常使いには十分な約359L。アウトランダーPHEV(下)のラゲッジは2列目シートを起こした状態でも約463Lという安心の大容量。

一方、大容量のアウトランダーPHEVのラゲッジにショートボードを積んでみて「あ、これなら大丈夫ですね」とご満悦の様子。

助手席まで倒せばロングボードも収納可能なアウトランダーPHEVのラゲッジ。

普段主に使うというロングボードも「ルーフキャリアを付けてロングボードを載せるのって結構面倒なんです。それにルーフの上じゃボードが汚れやすいので、それも嫌。だから、助手席の背もたれを倒せばロングボードも載せられるのは、めちゃくちゃありがたいですね」。

ではキャンプは? 「僕の場合、ラゲッジを満杯にして出掛けることはあんまりないんですよ」。最新のキャンプギアは軽量コンパクトが当たり前、しかもテーブルやテントなど、大物は友達とシェアすれば、一台当たりの荷物は後席を倒す必要もない。「今どきエクリプス クロスPHEVの広さでもキャンプには十分じゃないですか」。

ならば仕事はどうか?

日常的な荷物の運搬には余裕のエクリプス クロスPHEVのラゲッジ。

さすがに「大きなイベントなどの日は後席を倒すかもしれませんが、たいていは2列目を倒さずリアラゲッジだけで済みそうですね」。

「やっぱり今のワンボックスカーと、もう一台、SUVが欲しいんですよね。だいたいワンボックスカーだと、どんなにキレイな身なりをしてもホテルへ行くと、エントランスで『納品の方ですか?』って聞かれちゃったり」と笑う。

「細い道も、高級ホテルも(笑)気負わず行ける都会派なエクリプス クロスPHEVか、ロングボードも積めるアウトランダーPHEVか、仕事用のワンボックスに、どちらかを加えられたら最高ですよね」。

海でも街でも気負わず使える二台のPHEVをもっと詳しく!

NEXT PAGE /

【比較③ 走り】
大型船のようなクルーズ感か、キビキビした小気味良さか

PHEVを運転するのはこれが初めてという三宅さん。まずはエクリプス クロスPHEVのハンドルを握ってもらった。

街中でエクリプス クロスPHEVのハンドルを握ってもらった。

走行の大部分はモーターが担当するので、そのなめらかな走りは電気自動車そのもの。

「おー。静かなのにこの鋭い加速感というのは、新鮮ですね」と“新しい乗りもの感”にちょっと感動の様子。

バッテリーが少なくなったり、より力強い加速が必要なときにエンジンがかかるシステムだが、いざエンジンが目覚めても、耳を澄ませていなければそれと分からないほど、高い静粛性をほこる。

ハンドルに備わるパドルシフトを操作すれば、エンジン車の減速よりも強い減速加減を選べるのもこの二台のPHEVの特徴だ。

アウトランダーPHEVでは海沿いを走ってもらった。

「慣れてくるとアクセルペダルだけである程度加減速できるから、ブレーキを踏む回数が減りそうです」。アクセルとブレーキの踏み替えが減れば、当然運転の疲れも軽減される。

そして三菱自動車ヘリテージのひとつである、ランサーエボリューション由来の4輪制御技術「S-AWC(スーパー・オール・ホイール・コントロール)」が両車に備わり、ドライバーはまるで急に運転が上手くなったかのように、狙ったライン通りに街中でも高速でも美しく走って行ける。

街中を走るエクリプス クロスPHEV(上)と、海沿いを走るアウトランダーPHEV(下)。

「乗り比べてみると、エクリプス クロスPHEVのほうが、やはり軽快に感じます。運転が楽しくなる感じ。一方のアウトランダーPHEVはゆったりと長距離をドライブしたくなる乗り味です。いやぁ、本当に悩ましい選択ですね(笑)」と三宅さん。

迷いながらも、毎週のようにサーフィンやキャンプにいそしんでいる若い頃だったら、やはりアウトランダーPHEVかなという。

「アウトランダーPHEVは、昔はがんがん行っていたロングドライブでも疲れにくそうだし、ラゲッジも大きい。けれど最近はそこまで出掛けていないから、街で取り回しやすいエクリプス クロスPHEVにしようかな。でも……」となかなか結論が出ない。

二台ともに供えられた100V・1500WのAC電源。大容量の電源は街でも海でも重宝する。

「100V・1500WのAC電源は、絶対ほしいですよね。サーフィンなら電動シャワーが使えるし、寒い時期なら海でも山でも電気ヒーターなんか使えたら最高。海でも山でも、遊び使いにはすごくくありがたいと思います」。

そんな家電が気軽に使える便利な機能はアウトランダーPHEVとエクリプス クロスPHEVのどちらにも備わっている。

「大容量の電源があるのは、便利だし、何かあったときの安心でもありますよね。やっぱり、どちらがいいかはもうわかりません!(笑) 実際に乗ってみて、自分の“価値観”に合うほうを、みなさん選んでください!」。

二台の試乗を終えて、最後まで悩み抜いた三宅さん。「プラスもう一台」の候補には、エクリプス クロスPHEVとアウトランダーPHEVの両方がまだ残ったままのようだ。

走りも楽しい二台のPHEVをもっと詳しく!

アウトランダーPHEVのおさらい

全長4695×全幅1800×全高1710mm。広い荷室や後席空間により高い使い勝手を実現している。

搭載されているシステムは、2.4Lエンジンに加えて前後それぞれにモーターを装備する、三菱自動車独自のPHEVシステム。モータードライブならではの滑らかで力強い走りを楽しめる。

満充電でのEV走行距離は57.6km(WLTCモード)、システム全体のWLTCモード燃費は16.4km/L。

家庭やショッピングセンターなどにある普通充電のほか、急速充電にも対応。さらに、エンジン発電により充電することも可能なので、バッテリー切れの心配もない。

衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能、ハイ/ロービームを自動で切り替えてくれるオートマチックハイビームなどを含む先進安全機能「e-Assist」を全車標準装備。

アウトランダーPHEVの詳細はこちら

 

エクリプス クロスPHEVのおさらい

全長4545×全幅1805×全高1685mm。アウトランダーPHEVよりも少しコンパクトなボディに、先進のPHEV技術を凝縮。クーペSUVらしい、大胆さと躍動感を持つスタイリングと、高剛性で低重心なボディやサスペンションチューニングによる高い走行性能が特長だ。

PHEVシステムはアウトランダーPHEVをベースにチューニングされたシステムを搭載。満充電でのEV走行距離は57.3km(WLTCモード)、システム全体のWLTCモード燃費は16.4km/L。

こちらも衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能、ハイ/ロービームを自動で切り替えてくれるオートマチックハイビームなどを含む先進安全機能「e-Assist」を全車標準装備。

エクリプス クロスPHEVの詳細はこちら

[問い合わせ]
三菱自動車
0120-324-860
www.mitsubishi-motors.co.jp

山本 大=写真 松平浩市=スタイリング 小林雄美=ヘアメイク 籠島康弘=文

※エクリプス クロスPHEVのモデル着用アイテム
ジャケット7万9000円、パンツ3万8000円/ともにカルーゾ(ビオトープ 0120-298-133)、Tシャツ9000円/アブガルシア(アンシングス 03-6447-0135)

※アウトランダーPHEVのモデル着用アイテム
シャツ6万5000円/クリスタセア(ビオトープ 0120-298-133)、デニム1万8000円/リーバイス オーソライズド ビンテージ(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)

# PHEV# SUV# アウトランダー# エクリプス クロス# 三菱自動車
更に読み込む