乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.129
2020.07.31
CAR

時代がやっと追いついた! 今、再評価されるクロスロード、ビークロス、ロッキー

「SUV大国ニッポン」とは……

日本のSUV史を紐解くと、まったく新たなコンセプトで時代に爪痕を残そうとした挑戦的なモデルがいくつもある。

当時としては斬新すぎたり、時代の波に合わなかったりで販売面では振るわなかったが、時代がようやく追いつき、今になって再評価されている車種も多い。

前回に続き、これぞ日本の名作と呼びたくなる3台のSUVを紹介しよう。

 

■ホンダ「クロスロード」(2代目)
苦節13年、早過ぎた角形ボディ

1980年代から湧き起こったRVブーム。ホンダは自社のラインナップにRVがなかったため、ランドローバーから「ディスカバリー」のOEM供給を受けることに。これが1993年に登場した初代「クロスロード」だ。

こちらは2代目「クロスロード」。

この初代登場後、自社初のSUVとして「CR-V」が登場したこともあり、初代「クロスロード」は1998年末で発売が終了。

それから9年後、2007年2月にホンダオリジナルのSUVが「クロスロード」という名前で登場した。今回取り上げるのは、この2代目「クロスロード」。

全長4285mmと、現在のホンダ「ヴェゼル」なみのコンパクトSUVだが、スポーティなコンパクトミニバンの「ストリーム」をベースにしているので、3列シートを備えていた。当時も今もこのサイズで3列シートを備えたSUVは珍しい。

ベースの「ストリーム」は全幅が1700mm以下の5ナンバーサイズだったが、クロスロードは1755mmまで全幅が拡大され、ボディサイドも切り立たっているため室内空間にゆとりがある。

クロスロードはこのボディ構造を活かし、直線的でゴツゴツした、かつてのRVを彷彿させる武骨なデザインにまとめられた。

ところが当時は流れるようなデザインのプレミアムクロスオーバーモデルが全盛。残念ながら「クロスロード」への注目度は上がらず、わずか3年8カ月で歴史に幕を下ろすことになった。

しかし、数年ほど前から世の中が流線形ボディじゃない車を求め始めたことで「こだわりのあるクルマに乗りたい」人の間で、「クロスロード」をカスタムするのがちょっとしたブームになっている。

2007年の登場から苦節13年、ある意味、デビューが早すぎたとも言える悲運のモデルだった。

NEXT PAGE /

■いすゞ「ビークロス」
ほぼコンセプトカーのままの未来感

かつていすゞ自動車は、「ビッグホーン」と「ミュー」という2種類のクロカンモデルを製造していた。ただ、どちらもトラック然とした雰囲気で、どちらかというと玄人受けするモデルという雰囲気は否めなかった。

そんないすゞが1993年の東京モーターショーに、コンセプトモデルとなる「ヴィークロス」を出展する。デザインはのちに日産自動車でデザイン部門のトップを務める中村史郎氏が担当。躍動感にあふれた未来的なスタイルは注目を集めたが、コンセプトカーということもあり、その年のモーターショーが終わると人々の話題からは消えていく。

ところが1997年、いすゞは「ビークロス」を世に送り出した。名前は“ヴィークロス”から“ビークロス”に変わっているものの、4年前の東京モーターショーで見たコンセプトカーとほぼ同じスタイリングで目の前に現れたことに人々は驚愕した。

特筆すべきはやはりデザインだ。

5ドアが主流の日本であえて3ドアで登場。リアゲートと一体化させた背面タイヤのカバー(そのため当時は珍しかったバックカメラをつけないと後方視界が非常に悪かった)、うねるように後方へと流れていくオーバーフェンダーやサイドモール、2トーンに分けられたボンネットのカラーリングなど、当時のSUVにはない衝撃的なデザインを纏っていた。

とはいえ3ドアという、ライバルたちと比べて不利なスタイルゆえ、大きくブレークすることなく国内では1999年に販売が終了。さらに2002年にはいすゞ自動車自体、乗用車製造から完全撤退した。

多くのメディアが“未来的なSUV”と評した「ビークロス」は、デビューから20年以上たった今見ても未来感に溢れている。この素晴らしいデザインが今、“人と違うSUV”を求める人たちから注目されている。

NEXT PAGE /

■ダイハツ「ロッキー」(初代)
頑なに守り続けたオフロード志向

トヨタ「ランドクルーザー」や三菱「パジェロ」、いすゞ「ビックホーン」といった3Lエンジンを積む大型SUVが主流だった1980年代。

RV人気が高まる中でその下のクラスを狙うメーカーがいつ出てもおかしくはなかった。

まずスズキが1988年に1.6Lの「エスクード」を発売。ダイハツも翌1989年に同じく1.6Lエンジン搭載の初代「ロッキー」を開発した。

ボディは3ドアのみ。ルーフにはフルオープンできるサンルーフと、脱着可能なクォーターガラス付きのレジントップが備えられ、ジープのように開放的な走りを楽しむことができた。4WDシステムには本格派オフローダーに人気のパートタイム式と、2WD/4WDの切り替えをしなくてよい手軽なフルタイム式が用意された。

のちにトヨタが初代「RAV4」を、ホンダも「CR-V」を投入し、このクラスの競争も激化。「ライトクロカン」ブームが起きた。

ライバルたちは5ドアモデルを用意したり、街乗りを重視してそのブームに乗っていく中で、ロッキーは最後まで3ドアで武骨な“クロカン”イメージを頑なに守る。しかもフルタイム4WDはいつの間にかラインナップから外され、オフロード志向を強めていった。

結局ロッキーは1997年に生産が終了し、以降「ロッキー」の名前をしばらく聞くことはなくなった。

そして2019年11月、実に22年ぶりに「ロッキー」の名が復活し、現在OEM供給モデルとなるトヨタ「ライズ」とともに大ヒット中。

その陰で、昨今のカクカクボディ人気もあり初代「ロッキー」も再評価されているが、中古車市場でもほとんど台数が無くなってきている稀少種となりつつある。

「SUV大国ニッポン」とは……
武骨で大型。輸入車のイメージが先行することも多いSUVだが、実は日本はSUV大国と言っても過言ではないほど、国産メーカーのSUVが充実している。日本の日本による、日本のためのSUV。集まれ!上に戻る

高橋 満=文

# SUV# 名車# 国産
更に読み込む