乗りたかったのは、キブンが乗るクルマ Vol.126
2020.07.23
CAR

今でも人気の初代「レンジローバー」に見る“シンプル・イズ・ベスト”の境地

「人気SUVの初代の魅惑」とは……

ランドローバー:初代「レンジローバー」

雨がしとしと振る中、膝まで隠れるバブアーのオイルドジャケットを羽織って、250エーカー(東京ドーム約21個分)の農園を見回りに出掛けなくちゃならない。

そんなイギリスのカントリージェントルマンのために生まれたのが、レンジローバーの祖である「ランドローバー」だ。

当時のSUVはリーフスプリング(板状の鋼を複数重ねたもの)が多かったが、レンジローバーは4輪すべてコイルスプリング(バネ)とした。これが乗り心地を良くするとともに、路面状況を問わずタイヤを地面に押しつけ、悪路走破性を高めた。

バブアーを着ていたかどうかまでは定かではないが、250エーカーの農地を本当に持っていたカントリージェントルマンのモーリス・ウィルクスと、その兄のスペンサー・ウィルクスがローバー社にいたことが、ランドローバー開発のきっかけとなった。

モーリスは自身の農地管理のために軍から払い下げられたアメリカ製のジープを所有していたのだが、交換部品がなかなか手に入らないという不満を抱えていたからだ。

2ドアでデビューしたのはエンジニアの考えによるものだが、もうひとつ、当時のローバー社はまだブリティッシュ・レイランドの一部門に過ぎなかったゆえ、2モデルの生産が資金的に難しかったからだとも言われる。10年後の1980年に4ドアモデルが限定販売され、翌1981年からラインナップに加えられた。

きっと同じようなカントリージェントルマンは多いだろうし、だから同様の車を作れば売れるはず。そう考えた兄弟は、第二次世界大戦の傷跡もまだ残る1948年に「ランドローバー」をデビューさせる。兄弟の目論見通り注文が殺到し、海外へも飛ぶように売れた。その後「ランドローバー」はシリーズII、シリーズIIIへと発展していく。

この好調なセールスを受け、モーリスは次にステーションワゴンに「ランドローバー」の性能を持たせようとプロジェクトをスタートさせたが、結局うまく行かず頓挫してしまう。

このとき開発されていた車は「ロードローバー」と呼ばれていた。

当初は高級車ではなく、市井の人や農業用途にも使ってもらえるように開発されたという。そのためバックドア下部はピクニックテーブルにもなるし、採れた野菜を載せるためにも使えるようにと備えられた。

しかし1960年代になると、多くの人々が郊外へキャンプや釣りといったレジャーに出かけるようになった。

カントリージェントルマンにしても、農地だけでなく、街へ買い物に行かなくてはならない。荒れ地も。街も走れる車を。そこで「ロードローバー」計画が復活する。

ただし新しい開発チームは、乗用車に「ランドローバー」の機能を加えようとした「ロードローバー」とは逆に、「ランドローバー」に乗用車のような快適性を加える方向で試行錯誤を続けた。

NEXT PAGE /
「レンジローバー」の登場当初は、このようにとてもシンプルなインテリアだった。約25年という長い生産年数の間に、次第に豪華になりプレステージカーへと進化していく

こうして1970年に登場したのが初代「レンジローバー」だ。

今も多くの人を魅了し続けるスッキリとしたスタイルは、デザイナーの仕事というより、実はエンジニアの思想が素直に現れたものだった。例えば4ドアではなく、2ドアとしたのはオフロードを走る車ゆえ、ボディ剛性を確保したかった(開口部が少ないほど剛性を保てる)からだという。

またソファではなくイスに座る姿勢となるレンジローバー独特の着座姿勢「コマンドポジション」と、天地方向に大きいサイドウインドウは、ドライバーが上から前方と左右を見渡しやすいようにするため。これらは開発リーダーの中心エンジニア、スペン・キングのアイデアだ。

もちろん当時としては類い希な4WDシステムや、乗用車のような乗り心地を実現する足回りなど、「レンジローバー」の随所には彼らエンジニアのアイデアがたっぷりと詰め込まれた。

シンプル・イズ・ベスト。それがスペン・キングの考え方だという。

フェンダーミラーがドアミラーになったのは1977年。また車高を調整できるエアサスペンションを備えたのは1992年から。

そう言われてみると、歴史のあるイギリスのファッションブランドも、どこか同じ思想がうかがえる。もちろんすべてのブランドで言えることではないが、マーケティングに左右されず、技術的な考えをシンプルに表現したことで、「レンジローバー」は生まれたのだ。

その色褪せない価値は今もなお愛好家の多いことにも表れており、少なくともバブアーとこの「レンジローバー」は、ともにロイヤルワラント(イギリス王室御用達)の栄誉を授かっている。

「人気SUVの初代の魅惑」とは……
今はまさにSUV興隆の時。戦後、軍用車をベースに開発した車をルーツに持つSUVは多種多様な進化を遂げ、今や世界中で愛されている。そして、どのSUVにも当然、初代がある。そこには当代が持たない不動の魅力があり、根強いファンがいる。彼らを夢中にさせる“人気SUVの初代の魅惑”を探ろう。上に戻る

籠島康弘=文

# SUV# ランドローバー# レンジローバー# 初代
更に読み込む