車のトリセツ Vol.15
2020.07.03
CAR

テスラ。時代の寵児が率いる、すべてが常識ハズレな新世代の自動車メーカー

「車のトリセツ」とは……

アイアンマンのモデルとなった起業家が自動車業界に殴り込み

2003年、スタートアップの聖地であるアメリカ、カリフォルニア州シリコンバレーに、小さなEVベンチャーが誕生した。テスラモーターズ。現在のテスラである。

テスラが一躍有名になったのは、起業家であるイーロン・マスクがCEOに就任した2008年あたりからだろう。映画『アベンジャーズ』の主人公のひとり、アイアンマン(=トニー・スターク)のモデルと言われるほど、今や有名な起業家だ。

テスラの「ロードスター」。新車時の車両本体価格は日本円で約1000万円。650台の受注生産だった。

テスラが初めての市販車「ロードスター」を発売したのは2008年。イーロン・マスクがCEOに就任した頃だ。

車体開発はイギリスのスポーツカーメーカー、ロータスが援助。プロトタイプは「ロータス エリーゼ」をベースにしており、市販される際も一部の部品は流用された。ちなみに電池は三洋電機製で、それらにテスラが開発したEVシステムが搭載される。

「ロードスター」の0-60マイル(0-96km/h)の加速は3.9秒。これは、フェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツカーに匹敵する性能である。また、1回の充電で約400kmを走る、当時としては驚異のバッテリーテクノロジーも話題となった。

同車は高額にも関わらず、その先進性から多くの感度の高い車好きたちに受け入れられ、順調に販売台数を伸ばす。ハリウッドスターの一部が購入したことも、イメージアップにつながっていった。

NEXT PAGE /

ライバルはジャーマン3。話題を集めたシンプルなインテリア

そして、テスラがゼロからすべて開発・製造し、ある意味独り立ちした「モデルS」から、本当のテスラの躍進が始まる。

現在も販売されているこの車の性能は、「ロードスター」よりもさらに向上し、上位のパフォーマンスモデルでは、0-100km/hの加速はわずか2.5秒で、最高速度は261km/h。気になる航続距離は593kmに達する。

価格面でもパフォーマンスでも、ライバルはジャーマン3(メルセデス、BMW、アウディの3メーカーの愛称)を筆頭とするプレミアムブランド。具体的なターゲットは、メルセデス・ベンツであればSクラスの顧客だという。

「モデルS」。日本での車両本体価格は989万9000円〜。

ちなみに「ロードスター」同様、「モデルS」も日本との関係がある。それはエクステリアデザインだ。

マツダの北米デザインセンターでディレクターを務めていたフランツ・フォン・ホルツハウゼン氏がデザインを手掛けた。新興メーカーであるテスラは、マツダに限らず、さまざまな自動車メーカーからエンジニアをスカウトし、いわゆる車らしさを追及していった。

ちなみに、インテリアもかなり独特の雰囲気だ。例えば「モデルY」に乗り込むとひときわ目を引くのは、ダッシュボードに設置された17インチの大型タッチスクリーンだ。

これまでの車では当たり前だった、さまざまなスイッチ類は存在しない。エアコン、ナビ、サイドミラーの位置、ステアリング調整、ヘッドライトの設定、すべて、このディスプレイによるタッチ操作だ。

「モデルY」のインテリア。ほぼすべての操作をタッチパネルディスプレイで行える。

こんなところでも、テスラが既存の自動車メーカーとは一線を画すと感じることができる。

NEXT PAGE /

常に最新のオートパイロット機能にアップデート

現時点で生産されているモデルは、「モデルS」に加え、2012年発表の「モデルX」、2016年発表の「モデル3』、2019年に発表された「モデルY」の4台のみだ。

そして、そのすべてがオートパイロット機能や完全自動運転に対応する先進ハードウェアを標準装備している。シリコンバレー出身らしく、この分野では既存の自動車メーカーを凌駕していると言える。

これにより、高速道路でハンドルに手を添えた状態で前方を確認するという条件のもと、ステアリング操作や速度調整、車間距離の保持、車線の維持を車に任せることができるオートパイロット機能を実現した。

公式サイトに記載されている「ナビゲート オン オートパイロット」の実現もそう遠くないようだ。これは速度の遅い車やトラックの後ろにとどまらないよう、車が車線変更を提案したり、目的地までの最適なルートを走行するために、高速道路のインターチェンジの乗り降りなどもすべて、車がステアリング操作を行うという機能だ。

既にテスラの車はみな、ドライバーの手を借りなくても、近距離および長距離移動を行えるシステムは整っている。あとは各国の道路交通法が整備されれば、通信によるソフトウェアアップデートを通じて、車両が継続的にアップグレード。より進化したオートパイロットに段階的に移行し、最終的に完全な自動運転を目指す。

 

時価総額はトヨタ越え!? テスラが注目されるワケ

「モデルY」以降、テスラは世界初のEVトレーラーヘッド「セミ」とピックアップトラック「サイバートラック)」、そして、初の量産車と同じ車名である「ロードスター」を発表している。

生産はこれからだが、既に「サイバートラック」と「ロードスター」はテスラジャパンでも予約が始まっている。

こちらが「セミ」。トレイラーヘッドとは、外付けのトレーラーを牽引する車両部分。

創業から17年、販売した車種は5台のみ。上場後、黒字を計上したのも5回にすぎない。それでも、その先進性からテスラは注目を集めている。株価の時価総額はフォルクスワーゲングループを超えて、トヨタを射程圏内に捉える。自己発行額を除けば、トヨタを超えて世界一の自動車メーカーになったという報道もあった。(2020年6月15日現在)。

もちろん、これを投資家たちのマネーゲームで実態が伴っていないと切り捨てるのは簡単だ。しかし、最も新しい自動車メーカーが車の常識を覆し、新しいスタンダートとなる未来の車を見せてくれるかもしれない。

テスラの躍進から、世の中がそういった期待をしているのも事実だろう。

NEXT PAGE /

[現在の主な現行車種]

・モデル3

テスラのエントリーモデルとなるセダンで車両本体価格は511万円〜。エントリーモデルとはいえ、最上位グレードの最高速度は261km/h、0-100kmの加速は3.4秒とスーパースポーツカー並みの性能を誇る。

駆動方式はグレードによってリアドライブとAWD(全輪駆動)が存在。AWDは前後に設置された2つの独立したモーターにより、状況の変化に対して10ミリ秒で前後トルクをコントロールしている。航続距離は530km。

 

・モデルX

テスラ初のSUVで車両本体価格は1059万9000円〜。エクステリアで目を引くのは、SUVでは類を見ないフェルコンウイング。俗にいうガルウイングだが、ガル(かもめ)ではなくファルコン(隼)と名付けるところがテスラらしい。

定員は7名で荷室容量は2487L。ガソリン車が必要としていたエンジンなどメカニカルな部品に使われていたスペースを利用することで高い収納力を実現した。SUVながら最上位グレードのパフォーマンスでは最高速度250km/h、0-100km加速は2.8秒。この加速はランボルギーニ「ウルス」をも上回る。航続距離は542km。

 

・ロードスター

テスラ初の「ロードスター」とは別物。世界最速を目指すスーパーカーで、2020年内に発売予定だ。0-100km加速は2.1秒、最高速度は400km/以上、航続距離は1000kmとしている。

マクラーレンのフラッグシップモデル「セナ」の0-100km/hが2.8秒、最高速度が340km/hと考えると、そのモンスターぶりが伝わるだろう。すでに予約が開始されていて、車両本体価格は未定としながらも「約2270万円」と発表されている。

 

・モデルY

小型SUVで生産は開始されているがデリバリーは始まっておらず、テスラジャパンによる価格・日本への導入予定も発表されていない。定員は7名で最大積載量は1.9立方メートル。上位グレードの「パフォーマンス」は、最高時速241km/h、0-100km/h加速が3.7秒、航続距離は480km。

 

・サイバートラック

テスラ初のピックアップトラック。耐久性と強度を売りのひとつにしており、ボディに採用された「ウルトラハード 30X コールドロール ステンレススチール」は、ダメージ、長期間の使用による腐食を防ぎ、ドライバーや乗員を最大限保護してくれる。

また、テスラ アーマーガラスは、超強力ガラスとポリマーレイヤー複合材は衝撃を吸収し逃すことで損傷への耐性を高めている。ちなみに、発表時にこのガラスの強さを証明しようとしたところ、ヒビが入ったことも話題になった。生産開始予定は2022年下旬。日本でも予約は始まっているが、デリバリー、価格などはすべて未定。

「車のトリセツ」とは……
走行に関するトリセツはダッシュボードの中にあるけれど、各メーカーの車の魅力を紐解くトリセツはなかなか見つからない。だから始める、オートマティックで好きになったあの車を深掘り、好きな理由を探るマニュアル的連載。上に戻る

籠島康弘=文

# テスラ# トリセツ#
更に読み込む