オーシャンズな男は「ずばりDENIMに戻りたい」 Vol.45
2019.10.27
CAR

バックシャンなQ8かロングノーズのレヴァンテか。SUV選びに「色気」という基準

今回取り上げるのがアウディ Q8とマセラティ レヴァンテ。

かつてないブームに後押しされ、SUVが多様化している。悪路走破性が高いとか、どれだけ荷物が積めるとか、本来、道具としてタフで実用性に優れることがSUVの魅力だった。しかし、コンパクトクラスや街乗りでの快適さを重視したものなど、SUVはもはや、アクティブなライフスタイルを送る人だけのものではない。

今回取り上げるのがアウディ Q8とマセラティ レヴァンテ。この2台は実に官能的できっとモテる車だ。室内は優雅であり、バックシャンやロングノーズなデザインにも大人の色気を感じさせる。

SUVをステータスの象徴やモテるための道具とするのは時代錯誤、とわかっていても色気のある車に惹かれてしまうのはきっと男の性なのだ。助手席に座るのが若いオネーチャンでなくても、素敵なパートナーが最高の笑顔になることは、お約束いたします。

 

AUDI Q8 アウディ Q8

AUDI Q8 アウディ Q8

ボディサイズ:全長4995×全幅1995×全高1705mm
燃費:10.3km/L(JC08モード)
総排気量:2994cc 乗車定員:5名
価格:1102万円

アウディSUVシリーズのフラッグシップモデル。取材車両はハイグレード版の「S line」。大きな八角形グリルの最新顏に、流行りのクーペスタイルが特徴だ。全長約5m&全幅約2mという体躯ながら、高いエネルギー回生を実現する48Vマイルドハイブリッドと4輪操舵の先進技術を搭載した走りは軽快そのもの。室内は最上級セダンの「A8」同様、大型タッチディスプレイを装備しオンラインサービスを拡充。デジタル時代を先取りした車だ。

車1911_1
1911254_5
フルデジタルの「バーチャルコックピッ卜」を採用した計器類。マップや車両設定など、ドライバーが求める情報を的確に伝えてくれる。
1911254_6
快適な走行をサポートするホールド性に優れた「Sライン」のシート。
1911254_7
タッチパネル式なので、ディスプレイタッチはスイッチがひとつもない美しい仕上がり。最大の特徴である「MMIタッチレスポンス」は、インフォテインメン卜用の10.1インチタッチパネルをインパネ上部に設置し、空調や文字入力に用いる8.6インチタッチパネルをその下方にレイアウト。
1911254_8
ホイールベースを2995mm確保することで、後席を前後に100mmスライド調整できる実用性の高さもグッド。荷室容量は605L、リアシートを折りたたむと最大1755Lまで拡大。クーペフォルムでありながらフルサイズとしての高い機能性を両立した。
1911254_9
迫力のブリスターフェンダーがSUVらしさを強調。取材車両の「Sライン」には22インチアルミホイールとエアサスペンション、またクルマを水平に保つセルフレベリング機構を搭載する。
1911254_5
1911254_6
1911254_7
1911254_8
1911254_9

クーペ特有の麗しいボディラインが贅沢であることの証し
アウディにはふたつのフラッグシップSUVがある。ひとつはQ7。タフで男らしい見た目のザ・SUVといったスタイルだ。一方、ここで紹介するもうひとつのフラッグシップであるQ8は、Q7より背が低くてワイド。何よりクーペスタイルが特徴で、より洗練された印象だ。Q8はクーペSUVと呼ばれるけれど、この車を正確に理解するには「クーペ」という言葉の意味を知ることが一助となるだろう。

アウディにはふたつのフラッグシップSUVがある。ひとつはQ7。タフで男らしい見た目のザ・SUVといったスタイルだ。

クーペとはフランス語で「切る」という意味。馬車の時代にキャビン(客室)の後部を切り、乗車定員は減るけれど、パーソナルな空間とスポーティな操縦性を兼ね備えた贅沢仕様に仕立てたことに由来する。

だからアウディQ8も見るべきは車体の後部。優雅な弧を描く背中のラインから、キュッと引き締まったお尻にかけての造形だ。優雅であり、俊敏な走りをイメージさせる。

実際、この車のハンドルを握ると、出来のいいクーペのような走行感覚を味わうことができる。

だからアウディQ8も見るべきは車体の後部。優雅な弧を描く背中のラインから、キュッと引き締まったお尻にかけての造形だ。

高速クルーズではゆったり安定して走る一方で、ワインディングロードではひらりひらりと舞う運動神経の良さを見せつけるのだ。これはアウディ自慢の四駆システムであるクワトロに加え、エアサスペンションなどの先進技術の合わせ技によるものだ。

ラグジュアリーでスポーティ。SUVといえども、我々の日常を考えると、悪路走破性以上に美しさや優雅さが支持される時代なのだ。

NEXT PAGE /

MASERATI LEVANTE マセラティ レヴァンテ

MASERATI LEVANTE マセラティ レヴァンテ

ボディサイズ:全長5020×全幅1981×全高1698mm
燃費:13.5L/100km
総排気量:3799cc 乗車定員:5名
価格:1990万円

マセラティ初のSUV。取材車両は、トロフィーを意味する刺激的なトップグレードの「トロフェオ」。心臓部にはフェラーリ製最強のV8エンジンを搭載。590PSの最高出力と3.9秒の0→100km/h加速、そして最高速304km/hに達する驚異の動力性能を誇る。もちろん、お家芸でもある官能的サウンドの咆哮は健在。走りはハードな乗り味と機敏な操縦性を実現している。理屈なしに楽しめる味アリ、刺激アリの大排気量V8搭載車なのだ。

車1911_2
1911254_13
レッド&ネイビーのコンビ、カーボンファイバートリムがエレガンスかつスポーティなコックピット。2眼計器で、中央の液晶画面にはドライブモードやタイヤ空気圧、駆動力配分などが表示される。
1911254_14
身体によく馴染む厚みのあるシート。「ピエノ フィオーレ プレミアム フルグレーンレザー」と呼ばれる高級皮革仕立てだ。
1911254_15
眺めるだけでも美しいフェラーリ製V8ツインターボエンジン。イタリア・マラネロ工場で組み立てられ、跳ね馬にも匹敵する最高出力590PS、最大トルク730Nmを発生。甘美なサウンドは一度知ったら病みつき!
1911254_16
ダッシュボード中央に備わるのはクロック。さらにインパネ中央には、タッチパネル式の8.4インチディスプレイを採用。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応し、アプリとの連携も可能に。ドライビングモードには「ノーマル」「I.C.E(エコ)」「スポーツ」に加えて、新たに「コルサ」が専用設定されている。標準採用のエアサスペンションは、6段階から調節可能。
1911254_17
荷室容量は標準時で580Lとなる。
1911254_13
1911254_14
1911254_15
1911254_16
1911254_17

ロングノーズなデザインと官能的なエンジン音、イタリア車らしい艶っぽさ
アウディQ8と同じように、マセラティ レヴァンテも馬車の時代に遡ると、そのデザインの意味がよくわかる。馬車は4頭仕立て、8頭仕立てと馬の数が増えるほど高級だとされ、一般的には頭数が増えるほど、客室に対してフロントは長くなる。だから先端が長いほど格好いいという価値観が欧米人には刷り込まれている。

それは車にも当てはまり、強力なエンジンを積む長いボンネットが、高級車の証しなのだ。同時に、「高級=パワフル」ということでもあるから、遅い高級車というものはありえない。

アウディQ8と同じように、マセラティ レヴァンテも馬車の時代に遡ると、そのデザインの意味がよくわかる。

こう見ると、マセラティ レヴァンテは伝統的な高級車像を体現していることがわかる。長いボンネットの下には、フェラーリのファクトリーで組み上げられたV8ツインターボエンジンが収まり、ロングノーズのクラシカルな美しさを湛えている。

そして、このフェラーリ謹製のV8エンジンが絶品だ。パワフルなのは当然として、アクセルを踏み込むと、乾いた音が鼓膜を震わせ、一気に立ち上がるパワーが心を震わせる。もっと踏めと、エンジンがドライバーを煽っているかのようだ。

力強くダイナミックな走りに加え、ディーゼル特有の燃焼音すら色気を感じさせる音色に変えてしまうのである。それが、レヴァンテというクルマなのだ。

付け加えるなら、V8ではなく、ディーゼルエンジン仕様でもレヴァンテは官能的なのだ。力強くダイナミックな走りに加え、ディーゼル特有の燃焼音すら色気を感じさせる音色に変えてしまうのである。それが、レヴァンテという車なのだ。

 

安井宏充=写真 サトータケシ、iconic=文

# SUV# アウディ Q8# マセラティ レヴァンテ
更に読み込む