2018.12.26
CAR
PR

大人を本気にさせるレジャーを求めて。〜バイクラフティング〜


アラスカ生まれのアウトドアレジャー「BIKERAFTING(バイクラフティング)」を知っているだろうか? 荒野を自転車[BIKE]で走り抜け、川や湖は持ち運び可能なボート[PACKRAFT]にマシンを積み込み、進んでいく。2つのギアに精通した者だけができる“究極の外遊び”なのだ。

そんなレジャーに長年憧れていたのが、アムスハウス長瀞ラフティング代表・平井琢さん(43歳)。ラフティング協会公認マスターガイドである、生粋のアウトドアマンだ。

彼は、日本でほとんど前例がないこの外遊びにチャンジするため、ラフティングとサイクリングのエキスパートを集めて特別チームを結成。日本アルプスを舞台に、2つのフィールドを遊び尽くす冒険に出かけた。

【バイクラフティングに挑んだ4人】

左●平井 琢さん(アムスハウス長瀞ラフティング代表、バイクラフティングの発起人) 右●宝利誠政さん(日本ラフティング協会公認シニアガイド)


左●下城英悟(フォトグラファー/サイクリスト、平井さんの高校時代の同級生) 右●馬場 輝(プロダクトデザイナー/サイクリスト)


アスファルト、山道、激流。
3つのギアを乗り継ぎ、大人が夢中になる冒険へ

AM4:00、新宿に集合した平井さん一行。一日を遊び尽くすための早起きは、なんとも清々しい。4人は笑顔で挨拶を交わすと、すぐに準備を開始。フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランTDI ハイラインに、悪路も走れるバイクと、バックパックに収納したパックラフトを積み込んでいく。

ラゲージルームにグラベルバイク2台とバックパック4つを入れ、カールーフのバイシクル・ホルダーにMTB(マウンテンバイク)2台を固定。7シーターのゴルフ トゥーラン TDI ハイラインは、計8台の乗り物と大人の男4人を乗せて、寝静まった都会をあとにした。

クリーンディーゼルエンジン搭載のゴルフ トゥーラン TDI ハイラインの走りはじつにパワフル。軽く踏み込むだけで気持ちよく加速する。

ステアリングを補正するレーンキープアシストのおかげで横風もまったく気にならず、先行車との距離を一定に保ってくれるACC(アダプティブクルーズコントロール)で運転はとてもスムーズ。ミニバンと思えない快適な走りを愉しむことができる。もちろん燃費も抜群で、今回のロングドライブの往復560kmも給油なしでOK。軽油のコスパの良さも嬉しいポイントだ。

平井さんが「初めての試みだから、どれだけ僕らに遊びの可能性があるのか楽しみ」と言えば、今回のチャレンジで十数年ぶりに再会した高校時代の同級生・下城さんが「日本だといいフィールドがなくて、実際にはあまりできないからね」と助手席で応える。車中は男同士の和気あいあいとした雰囲気で、バイクラフティングへの期待も徐々に高まっていく。

首都高を経て、中央自動車道を走ること約3時間、長野県上伊那郡辰野町に到着。太陽もちょうどよく昇り、天気も気温もバッチリ。フィールドはまさにベストコンディションだ。

早速バイクの組み立てを開始。ハンドルやサドルの高さ、ブレーキの利きなど、平井さんと宝利さんはエキスパート2人にセッティングのコツを教えてもらいながら、MTBを着々と組み上げていく。パックラフトをマシンに積み込んだら、いよいよ初体験のレジャーが始まる。

NEXT PAGE /

スリル満点のロングライド
パックラフトとともに絶景の中をひた走る

約230kmのロングドライブを経て到着したのが、長野県辰野町にある大城山。山と川を味わい尽くすスペシャルコースがここからスタートする。山中を下ったあとで街道に出て、バイクで約60km先にある天竜川下りのポイントへ。パックラフトに乗り換えて約10km先の天竜峡まで激流を下っていく。

スタート地点は、大パノラマが広がる大城山。あまりの絶景に、「うわぁ、すごい」「キレイ!」と4人は大興奮。この場所からは、南アルプスと中央アルプスに挟まれた平地が一望でき、天竜川とともにパックラフトに乗り換える目的地も遠くに見える。目標を見すえてスタートするのは、なかなか味わう機会がないことだ。これから始まる冒険にワクワクが止まらない。

まずはバイクでのサイクリングがスタート。パックラフトを背負いながら、ペダルを踏み、木々に囲まれる山道を下っていく。

サイクリストの2人は落ち葉に覆われた登山道を難なく駆け抜けるが、平井さんらラフティング勢はやや苦戦。2人が乗るMTBはオフロード用のタイヤで走破性が高いとはいえ、サスペンションがなく、ダイレクトに振動がマシンに伝わってくる。そのうえ、ディスクブレーキでブレーキが利きすぎてしまうこともある。

しかし、下城さんたちから車体コントロールのコツや、ルート取りのアドバイスをもらいながら走らせると、あっという間に快調なマシンさばきに。「楽しいけど、緊張するなぁ!」。山道をハイスピードで走り抜けるスリルと爽快感がたまらない。

一般道も交えつつ走ること約60km、平井さんが「ずっと来たかった」という天竜川に到着。日本でも有数の長さと流域面積を誇り、「暴れ川」という異名を持つ一級河川だ。ここでいよいよパックラフトに乗り換える。

NEXT PAGE /

プロも高揚する未体験の感覚
グラベル・MTB搭載のパックラフトで激流を下る

手際よくバイクを分解したら、背負ってきたパックラフトに空気を入れる。じつはパックラフトの収納袋は空気入れを兼ねており、ギュッと潰すようにすると簡単に空気が入る仕組み。仕上げに口で息を吹き込めば、立派な舟の出来上がりだ! 岩肌に打ち付けられたときに舟の表面を傷つけぬよう、バイクのペダルなどの場所を見極めて固定したら準備は完了。パックラフトを川に浮かべ、冒険の第二章が幕を開ける。

「じゃあ行きましょう。ここは漕いで行った方がいいですよ」。先導するのはラフティングのスペシャリスト2人。約10kgのバイクを積み込むと、パックラフトは左右に揺れやすく不安定に。とくにサイクリストたちはバランスを取るのにひと苦労でアワアワしてしまう。

平井さんと宝利さんも自転車を積んでのパックラフトは初体験だが、さすがは勘所を素早くつかんだ様子で、すかさずサイクリスト2人にアドバイス。バランスを取りながら停止するコツを教えたり、「パックラフトは岩場に強くないから、できるだけ川の中央を通るルートにしましょう」と声をかける。

そして4人は天竜川いちばんの難所へ。平井さんと宝利さんが交代しながら、進みやすいルートを切り開き、サイクリスト2人はそれに必死でついていく。流れに飲み込まれそうになりながらも、水しぶきとともに歓声が上がる。「ヒャッホウ!」「ハハハハハ」。気づけばみんな笑い声の混じった雄叫びをあげていた。

約10kmの激流を走破し、無事ゴール! ゴルフ トゥーラン TDI ハイラインでの夜明け前のドライブから始まり、バイクでのロングライド、そしてパックラフトによる激流下り。3つのギアを乗り継いだスペシャルチームのチャレンジは、大成功で幕を下ろした。

NEXT PAGE /

TABLE TALK:after BIKERAFTING
「抗って、いつまでも遊び続けたい」

2つのギアを駆使して、広大なフィールドを完走した4人。「今回のチャレンジに乾杯です」。平井さんの音頭でフォルクスワーゲンが用意した宴が始まった。

ひと息でグラスを飲み干すと、平井さんは開口一番「最高でしたね!」と満面の笑み。つられるようにみんなもニンマリ。「こんなに上手くできると思わなかった」「本当にフィールドが良かったよ」と感想を言い合い、この場所、この天候、このメンバーだからこそ最高の挑戦ができたことを確かめ合った。

そして、自然と出てきたのは「チーム」の話題。ラフティングとサイクリングという2つのスペシャリストのテクニック、それぞれのキャラクターを含めた持ち味がチャレンジの大成功に導いた。平井さんからは「高校の同級生(下城さん)と、こんな風にまた一緒に遊べるのは本当に楽しかった」という声も。旧友とともに子供のように遊ぶ。こんなところにも若い頃には感じられなかった楽しみがある。

さらに地元の食材を使ったコース料理に舌鼓を打ちながら盛り上がっていると、話題はいつしか“大人の遊び”について。アウトドアのスペシャリストである4人だが、今回の挑戦を通じて、「まだまだ“遊び”の入り口に立ったばかり」と新しい可能性が見えてきたという。だからこそ一同が共感したのは「遊び続ける大切さ」だった。

「今は、楽しそうだなと思うところに足を運べるけれど、体力がなくなると、そんな場所にも行けなくなる。でも、それに抗って、自分が楽しめるゲージをマックスにし続けたい」とサイクリストの馬場さん。体力の衰えは着実に忍び寄り、漫然と過ごしていると本気で遊べる場所はどんどん限られてしまう。だからこそ、努力を厭わない気持ちが大切なのだ。「そのためにはやっぱり遊び続けないとね」との下城さんの言葉に、全員が大きく頷いた。

「次はもっとデカい海外のフィールドでやりたいね!」「パックラフト、俺も買おうかな」。そんな言葉が交わされながら、その後も宴は大盛り上がり。AM4:00にスタートしたにもかかわらず、アウトドアマンたちの笑い声は、夜中まで続いていた。

Volkswagen Golf Touran TDI Highline|フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン TDI(クリーンディーゼルモデル)
ボディサイズ|全長 4,535 × 全幅 1,830 × 全高 1,670 ㎜
ホイールベース|2,785㎜
トレッド前/後|1,560 / 1,535㎜
最低地上高|160㎜
車両重量|1,660 kg ※電動パノラマスライディングルーフオプション装着車
エンジン|1,968cc 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バブル)
最高出力|110 kW(150 ps)/3,500-4,000 rpm
最大トルク|340 Nm(34.7 kgm)/1,750-3,000 rpm
トランスミッション|6段DSG
サスペンション前|マクファーソンストラット(スタビライザー付)
サスペンション後|4リンク(スタビライザー付)
ブレーキ|ベンチレーテッドディスク/ディスク
JC08モード燃費|19.3 km/L
定員|7人
最小回転半径|5.5m
価格(税込)|369.9万円~ フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン TDIの詳細

全国限定300台の特別限定車Golf Touran TDI Premium登場!
詳しくはこちら

Golf Touranの多彩なアクセサリー
詳しくはこちら

[問い合わせ先]
フォルクスワーゲン カスタマーセンター
電話番号:0120-993-199
https://www.volkswagen.co.jp/ja/inquiry.html

# オーシャンズとレジャー# ゴルフトゥーラン# バイク# パックラフト# フォルクスワーゲン# ラフティング
更に読み込む