https://oceans.tokyo.jp/car/2018-1226-4/

大人を本気にさせるレジャーを求めて。〜バイクラフティング〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

スリル満点のロングライド
パックラフトとともに絶景の中をひた走る

約230kmのロングドライブを経て到着したのが、長野県辰野町にある大城山。山と川を味わい尽くすスペシャルコースがここからスタートする。山中を下ったあとで街道に出て、バイクで約60km先にある天竜川下りのポイントへ。パックラフトに乗り換えて約10km先の天竜峡まで激流を下っていく。

スタート地点は、大パノラマが広がる大城山。あまりの絶景に、「うわぁ、すごい」「キレイ!」と4人は大興奮。この場所からは、南アルプスと中央アルプスに挟まれた平地が一望でき、天竜川とともにパックラフトに乗り換える目的地も遠くに見える。目標を見すえてスタートするのは、なかなか味わう機会がないことだ。これから始まる冒険にワクワクが止まらない。

まずはバイクでのサイクリングがスタート。パックラフトを背負いながら、ペダルを踏み、木々に囲まれる山道を下っていく。

サイクリストの2人は落ち葉に覆われた登山道を難なく駆け抜けるが、平井さんらラフティング勢はやや苦戦。2人が乗るMTBはオフロード用のタイヤで走破性が高いとはいえ、サスペンションがなく、ダイレクトに振動がマシンに伝わってくる。そのうえ、ディスクブレーキでブレーキが利きすぎてしまうこともある。

しかし、下城さんたちから車体コントロールのコツや、ルート取りのアドバイスをもらいながら走らせると、あっという間に快調なマシンさばきに。「楽しいけど、緊張するなぁ!」。山道をハイスピードで走り抜けるスリルと爽快感がたまらない。

一般道も交えつつ走ること約60km、平井さんが「ずっと来たかった」という天竜川に到着。日本でも有数の長さと流域面積を誇り、「暴れ川」という異名を持つ一級河川だ。ここでいよいよパックラフトに乗り換える。

このエントリーをはてなブックマークに追加
大人を本気にさせるレジャーを求めて。〜ブッシュクラフト〜
2018.08.10
フォルクスワーゲン ポロはコンパクトハッチバックの新定番となるか
2018.06.18
決め手が難しいワゴン選び。フォルクスワーゲンがそこに差した一筋の光明は
2018.04.26
「出会いは突然でした」VWのヴァナゴンが叶えた夢のカリフォルニアライフ
2018.12.27
「家族会議で全会一致なんてありえない」と思ってるクルマ好きパパへ
2018.10.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05