2017.10.04
CAR

SMLで用意。SUVのサイジング問題に名解答は出せるのか?

コンパクトからラージ、さらにはクーペと、これだけSUVの幅が広く、選択肢が増えている状況は今がマックスかも。我々にとっては喜ばしい流れなわけだが、予算はさておき案外サイズ感で迷う読者諸兄も多いのでは? そこでサイズ別に最新の3台を紹介しよう。

 

【S】「ジャガー」の“E-ペース”

今、高い注目を集めているのが「ジャガー」のSUV第2弾。全長4.4mながら、ファミリーをイメージし設計された室内空間は悠々快適。効率性に優れたインジニウムエンジンなど、世界的にも知られる「ジャガー」の先進テクノロジーが凝縮。(451万円〜)

 

【M】「レンジローバー」の“ヴェラール”

「レンジローバー」の最新機。卓越したデザイン性と優れた空間性能の両立を可能にした一台で、高速道路から郊外の田舎道まで、あらゆるシーンにおいて高次元の走りを実現する。(699万円〜)

 

【L】「キャデラック」の“エスカレード”

1999年のモデル誕生以来、多くのセレブリティから寵愛を受けてきた「キャデラック」の頂点。全長5m超のフルサイズからも想像できる広々スペース、力強い走行を可能にするV8エンジンを搭載した一台は今や希少な存在。(1260万円〜)

 

気分優先ならビッグサイズ、日本での取り回しを考えるならコンパクト優先。どれもが魅力的な要素が満載のこちら。これは結論も先送りか!?

# SUV# キャデラック# ジャガー# レンジローバー#
更に読み込む