https://oceans.tokyo.jp/car/2017-0420-4/

オトコが嫌いになれない「イロバナシ」をしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般に色話と言えば男女の話を指すが、今回は”乗り物”選びにおけるイロバナシ。色をテーマにした特別なクルマと自転車を紹介したい。

まずは特別なクルマから。
①は「ダイアモンドブラッククリスタル」、②は「ブルー マルセイユ M」という、通常は選べない限定色を設定しているのだ。走りや燃費や安全性で選ぶのもいい。でも「色でクルマを選ぶ」って、原初的でピュアな欲求だと思わない?

①「ジープ」のグランドチェロキー

内装まで真っ黒なのは、上位グレードのエアサスやバックカメラなどを装備した、200台限定の”グランドチェロキー アルティテュード”(513万円)。

②「ルノー」のカングー クルール

海男のイメージにぴったりの真っ青な外装が目を引く、限定100台の”カングー クルール”(247万円〜)だ。


続いては名作が蘇ったコチラ。
BMXのルーツである米シュウィン社のクルーザー「スティングレイ」。1963年に登場し、アメリカで大流行したこの自転車は、当時のサーファーたちもこよなく愛したモデル。そしていつしか「ビーチクルーザー」と呼ばれるようになったのだ。で、その名作が復刻。’60〜’70年代当時の人気色だったレッドとイエローの2色を用意した。

③「シュウィン」の自転車


4万8000円/シュウィン(マルイ 078-451-2742)

ハイライズのハンドルバー、バナナシートにスプリンガーフォーク、そしてレーシングスリックタイヤなど、往年のディテールをきめ細かく再現。出色の出来栄えとの噂だ。ヴィンテージを探している方もいると思うが、この出来ならこちらで十分満足できるはず。

このエントリーをはてなブックマークに追加
シェアの時代だけれど、 個性も大切 〜Wooden Vehicle〜
2018.01.14 / SEAWARD TRIP
買って損なし&乗って死角なし!? 2018年登場の新型車に注目!【後編】
2018.01.13
買って損なし&乗って死角なし⁉︎ 2018年登場の新型車に注目!【前編】
2018.01.12
クルマ好きの俳優・吉沢悠さんが、BMWオーナーに嫉妬したワケ
2017.12.01
2017年5月号特集
ワントーンコーデを格上げする秘訣は”リブ”にあった!
2018.01.17
ワイドパンツに苦手あり? なら試したい、こんなシルエット!
2018.01.17
大人のダークトーンは優しいニュアンス。フレンチブランドをサラリ
2018.01.17
ニューヨークらしい、好印象な親子のコントラスト
2018.01.17
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
茶のスエードブルゾンを、バランスよくまとめたお手本コーデ
2018.01.16
カジュアルに見えがちなアイテムこそ、清潔感に気を遣う
2018.01.16
シンプルなブルゾンも、ボトムスのシルエットで個性的な仕上がりに
2018.01.16
いつものブルゾンを”ボトムス遊び”で旬なイメージに。
2018.01.16
MA-1×オーバーサイズデニムが醸し出す、裏原のニュアンス
2018.01.16
機能性に溢れたモッズコートはオンもオフもキマる。
2018.01.12
クールなスポーツミックスが目を引く、親子スタイル
2018.01.12