SEIKO

(セイコー)

1881年に服部金太郎が創業した服部時計店がルーツ。1892年には、時計製造工場として「精工舎」を設立。その後、1895年にセイコー初の懐中時計、1913年の国産初の腕時計など日本の時計作りを常にリードしてきた国産No.1時計ブランド。1960年代にはスイスに匹敵する機械式時計技術を確立する一方でクォーツ技術の開発にも取り組み、1969年には世界初のクォーツ腕時計を発売。時計業界にクォーツ革命をもたらした。現在も世界初のGPSソーラー腕時計「アストロン」など時代の一歩先を行く先進的な時計作りで世界を驚かせる。

更に読み込む