GIRARD-PERREGAUX

(ジラール・ペルゴ)

1791年に時計師ジャン=フランソワ・ボッドがジュネーブで創設した時計工房がルーツの老舗時計ブランド。1861年に日本に初めて正規輸入されたスイス時計でもある。1889年のパリ万国博覧会で金賞を受賞した「スリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨン」をはじめ機械式時計技術をリードする存在となり、’60年代にはいち早く10振動の腕時計を商品化した。現在はケリンググループ傘下のマニュファクチュールとして先進的な複雑時計や美しいスポーツウォッチ、レディスウォッチを展開している。

更に読み込む