CITIZEN

(シチズン)

1918年、銀座で貴金属商を営んでいた山﨑龜吉が尚工舎時計研究所として創業。1924年、懐中時計第1号「シチズン」を発売。ネーミングは東京市長・後藤新平が「市民に愛される時計に」との思いから名付けたもので、のちに社名に。1931年にはメンズウォッチ第1号、1935年にはレディスウォッチ第1号を発売。’60年代には高品質の機械式腕時計を製造する、日本を代表するブランドに。現在は光発電(Eco-Drive)、電波腕時計、GPS衛星電波腕時計、超薄型クォーツ腕時計など独自技術で世界をリードする。

更に読み込む