HERMÈS

(エルメス)

ファッションに興味を持ち始めた頃から、漠然とだけれど“超”がつく一級品であることくらいは知っていたし、自分とは無縁だと思っていた高嶺の花。それが年齢を重ね、ブランドの評価の理由や本当の価値が見えてきた今、背伸びなどではなく自然と心惹かれるようになり、ちょっとは似合うようになった。そうは言っても永遠の憧れであることは変わりなく、いつまで経っても特別な存在。本物を見極める確かな審美眼を養った大人なら、バッグや小物、アクセサリーを問わず、必ずやたどりつくブランドである。

更に読み込む