OCEANS

SHARE

 上達のコツは繰り返し実践で使うこと

ロープワークは、通す順番に具体的なイメージを持つと覚えやすい。



筆者の場合、「トンネルを抜けた電車が、大きな木をぐるっと回って、またトンネルを潜って折返し運転している」というイメージを教わってから、もやい結びを失敗しなくなった。

「ヘビが穴を抜けて、木に巻き付いてから、同じ穴に戻ってくる」というイメージも耳にしたことがある。

手順は同じなので、最初は細いロープで練習してみよう。

手順は同じなので、最初は細いロープで練習してみよう。


なんでもいいのだが、自分が覚えやすく、いざってときにパッとビジュアルが出てくるイメージを持っておくといいだろう。

輪が解けないように、最後はギュッと。

輪が解けないように、最後はギュッと。


シチュエーションによって便利な結び方が多数存在するのが、ロープワークの面白いところ。

まずはもやい結びをマスターし、その先にあるいろいろなバリエーションにも挑戦していただきたい。

池田 圭=取材・文・写真

SHARE