OCEANS

SHARE

2022.06.01

ライフ

サンダルに旅先、腕時計。“普通の夏”を楽しむために知るべき3つのこと



▶︎すべての画像を見る

国内移動や海外渡航の制限が緩和されていくなか、「今年の夏こそ“普通”に過ごしたい」という気持ちが高まっている。

では“普通”に過ごす夏とは?それは非日常の楽しさを思い切り味わうことだと、オーシャンズは言いたい。この数年そんなときめきを忘れかけていたという人にいくつかの提案を。

 

部屋はリビング、ダイニングキッチン、3つのベッドルーム、そしてスタジオという構成。家具や調度品も中村正人さんが世界各地から集めたものをそのまま使用している。スタジオはオープンエアにもできるそうで、ウェディングやミーティングなどさまざま用途で利用可能となっている。住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田 塩屋原1850-1 電話番号:098-989-8808 素泊まり1泊19万8000円〜


まずは旅。昨年10月、沖縄県恩納村にオープンした1日1組限定のプライベートヴィラ「GLAMDAY VILLA OKINAWA 中村邸」を紹介しよう。

いちばんの魅力はリビングからのビューだ。プールと広大な庭の向こうに、東シナ海のサンセットを眺められる。

実はこのヴィラ、編曲家・作曲家の中村正人さん所有の滞在型レコーディングスタジオを一般開放したものだとか。そんなエピソードも非日常の良質なスパイスとなるはず。

 

すっきりとした直線と繊細な曲線が融合する造形美こそ、 “ラグスポ”デザインのエッセンス。イエローゴールド素材が醸し出すレトロモダンな雰囲気もいい。「ヒストリーク・222」 37mm径、K18YGケース、自動巻き。年間生産数が限られている、ブティック限定。814万円[予価]/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755


続いて夏のTシャツに映える腕時計の筆頭として、ヴァシュロン・コンスタンタン「ヒストリーク・222」を挙げたい。

1977年に登場した伝統的なタイムピース「222」の復刻モデル。昨今の腕時計人気を支える「ラグジュアリー・スポーツ・ウォッチ」のルーツ的な存在といわれている。

これを腕元に、プールサイドやボートのコックピットでのひとときを過ごしたい。

 

デザインセンスもフィット感も抜群のマットなラバー素材のビーチサンダル。ありそうでなかった「タビ」シリーズの新作だ。各5万600円/メゾン マルジェラ(マルジェラ ジャパン 0800-000-0261)


最後はビーチサンダル。メゾン マルジェラは30年以上にわたり足袋をモチーフにしてきた靴やブーツを発表してきたが、これはそのビーサンバージョン。

見た目のインパクトも良し、都会的な雰囲気もまた良し。海でも街でも活躍してくれる逸品である。

こんなふうに普通じゃないラグジュアリーに触れて心躍らせるのが、夏という季節だったはず。この夏はぜひとも“普通”にスタートさせたいものである。

※本文中における素材の略称:K18=18金、YG=イエローゴールド

清水健吾=写真 来田拓也=スタイリング 加瀬友重=文

SHARE

RANKING