OCEANS

SHARE

2022.05.20

ファッション

脱スニーカー派の主張「クラークスのワラビーが気分です」。だってどんなボトムスにも似合うから



▶︎スナップをすべて見る

春の陽気に誘われて、装いもいっそう軽やかになる今日この頃。オシャレ賢者たちの足元をチェックすると、これまで街中に溢れていたスニーカー派の一部が、クラークスの「ワラビー」に履き替えている!

スニーカーに比肩する快適な履き心地に惹かれるからか? プレーンなルックスから漂う品の良さを求めてか? ワラビーを巧みに履きこなす4人のスナップを見ると、どうやらどんなボトムスにも似合うという主張があるようで。

主張① 楽ちん「スウェットパンツ」に合う


萩原凌平さん


袋状のモカシンアッパーで足をソフトに包み込むワラビーは元来、クッション性に優れた履き心地と歩きやすさでカジュアルシーンにマッチする。

となれば、ゆるーくはけるスウェットパンツとの相性の良さは、言わずもがな。



定番のベージュカラーは、杢グレーなど明るい色のボトムスに馴染みやすいのが特徴。

トップスにきれいめアイテムを投入した場合も、スニーカーと合わせるときほどカジュアルな感じにならず、大人の余裕を感じさせる仕上がりに。

主張② 意外と「スラックス」にもハマる

佐藤 大さん


カジュアルシューズの代名詞であるワラビーだが、そのカバーするゾーンは意外に広い。

スウェットパンツの引き締め役となる一方、きちんとクリースの入ったスラックスに合わせても違和感はない。



むしろ、モダンで新鮮な雰囲気が醸造されるという点で、新たな魅力を発揮するといえるだろう。肉厚なクレープソールが生み出す立体的なフォルムのおかげで、ドレスシューズとはひと味違う足元の演出が可能だ。

主張③ 色落ちした「デニム」とよく馴染む

岩越 楓さん


スエード素材のソフトな起毛感は、ヴィンテージなデニムと相性良し。

表情豊かな両者は、古着を取り入れたミックスコーディネイトで共演することも多く、相思相愛の組み合わせといえるだろう。



特にベージュカラーのワラビーはより起毛感が伝わりやすいため、薄色デニムとの合わせは鉄板。ただし、シューズが汚れているとスタイリングが古く見える恐れがあり、逆効果。クリーンな足元を維持していることがオシャレに見える前提となる。

主張④ 何かと頼りたい「黒いパンツ」に似合う

川上賢二さん


手持ちのワードローブで組み立てやすく、それでいて洒落度もアピールできるブラックアイテム中心のコーディネート。その足元を完成させるのが“黒のワラビー”だ。



世の中に黒いシューズは数あれど、ストリートから、ときにモードまで、あらゆるジャンルに浸透するワラビーの存在は稀有。

スニーカーや表革のドレスシューズのようにジャンルを特定させないため、王道のブラックコーデが今日的な仕上がりにアップデートされるというわけ。



結論。クラークスのワラビーは、スニーカーに替わる万能な一足であることに間違いなし。春コーデに合わせて、足元も新たにアップデートしてみてはいかが?

山辺 学=写真 森川和典=取材 倉持佑次=文

SHARE

RANKING