OCEANS

SHARE

2022.04.01

ファッション

デニムスタイルを今っぽくするコツは「ヒステリックグラマー」が全部知っていた!



我々世代の永遠の大定番といえばデニムだ。

ガシガシはいてもへっちゃらなタフネスや年を経て深まる味わいは、まさに唯一無二。でもその信頼性にかまけて、アップデートを怠たっちゃいないか?

 
そんなときにこそ、ヒステリックグラマーを試してほしい。

日本のアメカジを長年牽引し、今なおリアルクローズを追求し続ける“ヒス”の新作には、新しいデニムスタイルへのちょっとしたヒントが潜んでいるのだ。

① いつものデニムをブラックにするだけで

デニム4万9500円、シャツ2万4200円、Tシャツ9900円、スニーカー2万2000円/すべてヒステリックグラマー 03-3478-8471

デニム4万9500円、シャツ2万4200円、Tシャツ9900円、スニーカー2万2000円/すべてヒステリックグラマー 03-3478-8471


脚のラインに沿った美しいスリムストレート。いい具合にラフでありつつもきれいなコーディネイトを目指すなら、欠かせない定番デニムだと思う。

その色味をブルーからブラックへと変えるだけで、より新鮮かつ上品なビジュアルに。少しオーバーサイズの白シャツと合わせれば、上下で見事にメリハリの利いたモノトーンスタイルが完成する。



しかもこのデニム、ただ黒いだけじゃない。生地には世界トップクラスのシェアを誇る「イスコ社」のハイパワーストレッチデニムを採用。優しい風合いと高い伸縮性を兼備し、快適なはき心地を実現した。

黒の表現にも匠の魂が宿り、ヨコ糸にあえて白い糸を使うことで自然なムラ感を演出。さらには染色を工夫することで色褪せを防ぎ、美しいブラックカラーを末長く楽しめる。



膝や太もも部分などに施された、ブランドお得意のダメージ加工も見逃せない。

本体とは別のデニム生地であしらわれた当て布、縫い方の異なるリペアステッチの使い分けなど、細部への並々ならぬこだわりで玄人をも唸らせる黒デニムだ。
2/3