OCEANS

SHARE

2019.08.12

あそぶ

僕らは難しく考えすぎていた。コールマンに聞く、ガソリン・ランタン運用のコツ

連載「Camp Gear Note」を最初から読む


連載「Camp Gear Note」
90年代以上のブームといわれているアウトドア。次々に新しいギアも生まれ、ファンには堪らない状況になっている。でも、そんなギアに関してどれほど知っているだろうか? 人気ブランドの個性と歴史、看板モデルの扱い方まで、徹底的に掘り下げる。


山中さん

前回は、Colman(コールマン)のブランドヒストリーからランタンの信頼性の秘密に迫った。今回はそんなこだわりに満ちたランタンを使うときのポイントについて。

取り上げるのは、コールマンを代表する人気モデル「ワンマントルランタン286A」。その魅力とメンテナンスのツボを、コールマンに勤務し、自身もランタンを多数コレクションする山中隆司さんに教わっていこう。

 

基本はメンテナンスフリーだが、分解と組み立てを覚えれば万全に


山中さん 仕事はもちろん、プライベートでもキャンプを楽しむ山中さん。ヴィンテージのランタンを多数所有し、業界屈指の知識を誇る。


——コールマンといえばランタンですが、数あるモデルの中でも286Aがオススメだそうですね。

家庭用ランタンの先駆けであるアーク・ランタンが登場して、100年以上経ちました。ランタンって素材やデザイン性こそ進化していますが、基本構造はあまり変わっていないんです。「ワンマントルランタン286A」は伝統のシステムを継承した、コールマンを代表するモデル。明るさがちょうど良くて優しいところが好みです。

ガソリンを入れるためのフューエルファネルや交換用ジェネレーター、スーパーレンチなどがランタン運用に欠かせない。


——ただ、ビギナーにとってガソリン・ランタンは複雑そうで敷居が高いといいますか……。メンテナンスはどうすれば良いのでしょう?

基本的にメンテナンスはそこまで必要ありません。純正のホワイトガソリンを使っていれば煤が出づらいため、壊れることはあまりありませんから。

ただ、虫の侵入を考えると分解して掃除した方がいいですね。難しいと思う方が多いみたいですが、コールマンのスーパーレンチさえあれば簡単にバラせますよ。公式ホームページの動画を見れば、組み立てもさほど苦労しないでしょう。皆さんが思うより、そんなにデリケートなアイテムじゃないんですよ(笑)。



2/3

RANKING