OCEANS

2021.11.18
WATCH
PR


俳優・山崎育三郎とセイコー アストロン。ミュージカル界の一歩先を見つめる男の“オン・オフのスイッチ”となる腕時計とは


1960年代の終わりに時計業界へ届けられたクオーツ革命。いち時代の始まりを告げたのは、セイコーが発売した「クオーツ アストロン」だった。

その後も類い稀な革新的技術で業界を盛り上げてきた同社に、活躍する場所は違えど同じ志を持った時代の開拓者たちが共感してきたことは言うまでもない。


「セイコー アストロン グローバルライン スポーツ SBXD009」チタンケース、39mm径、GPSソーラー。25万3000円/セイコー アストロン(セイコーウオッチ 0120-061-012)
「クオーツ アストロン」からその名を受け継ぎ、世界初のGPSソーラーウオッチとして時計史に新たな革命を起こしている「セイコー アストロン」と、業界の牽引者にスポットを当てる特別企画。
今回は、俳優、アーティスト、MCと多彩な顔を持つ山崎育三郎さんに、仕事とオフ、そして自身にとっての腕時計という存在について話を聞いた。
山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)●1986年生まれ。東京都出身。2007年ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス役を当時世界最年少で務め、以後、『モーツァルト!』『エリザベート』など数々の作品に出演。2015年ドラマ『下町ロケット』で注目を浴び、2020年連続テレビ小説『エール』で歌手・佐藤久志役を演じて、同年第71回NHK紅白歌合戦でスペシャルパフォーマンスを披露。現在大河ドラマ『青天を衝け』に伊藤博文役で出演。11月から舞台『あいまい劇場 其の壱 あくと』、2022年1月放送のドラマ『DCU』に出演予定。

セイコー アストロンの詳細はこちら

2/4