OCEANS

SHARE

2020.10.03

あそぶ

ひとりもいいけど仲間とも楽しい。セレクトショップMDがランニングクラブをつくった話

running up date
「Running Up-Date」とは……
「ナノ・ユニバースの社内で、ランニングしている人はいますか?」と聞いたとき、真っ先に名前が挙がったのが上田元始さんだ。
30代半ばまではメンズ畑で活躍し、現在はレディースのMDを務めている。そして、よくよく聞いてみると上田さんの名前が挙がったのにはちょっとした理由があった。

仕事が順調じゃないときほど、走りながら考える

上田さんが走りはじめたのは37歳の春、今から1年半ほど前のことだ。
「ミドルエイジにさしかかってきたので、体型維持のために。お腹には明らかな兆候が出る前だったのですが、周りの人から『一度太るとなかなか落とせないよ』と言われ、じゃあ先手を打っておこうかな、と」。
最初は月1回ほど。だからすぐに「ランナーです」と言える頻度ではなかったのだけれど、地道に続けていると30分間、5kmの距離を走ることが習慣のようになってきた。
running up date
「何度か走っているうちに気がついたんです。たとえフィジカル的に疲れていても、走ったあとは何だかすっきりするなって」。
そうなってくればしめたもの。
「だんだんと、走ることでその日の体の状態がわかるようになってきました。いつもと比べて今日はちょっと重だるいなぁ、とか。不思議なもので、メンタル面でのストレスがあると体に重さを感じる傾向があるんですよね。
先の8月にコロナ禍下での決算があって、いろいろと大変だったのですが、そんなときほど走ると気分転換になるんです。あまりスピードが出せないし、なんなら途中で歩きが入ることもあるんですけど、走ることでメンタルは確実に押し上げることができるので」。
上田さんなりの走るメリットを見つけ、「走ってますと、と言えるレベルになった」のだ。
「走っているときは考えごとをするほうです。主に仕事に関してですが、机の上で考えを巡らせていると、知らないうちにネガティブな思考にとらわれてしまうことがあるんですよね。
でも、走りながら考えるとポジティブな方向で反芻できる。不思議ですよね。だから仕事で課題を抱えているときほど、ランニング中に解決策を考えるようにしています。メンタルヘルスのためにも」。


2/3

RANKING