https://oceans.tokyo.jp/snap/201705-p071-4/

ワンサイズ大きめのパンツで、足元の選択肢が増える②

このエントリーをはてなブックマークに追加

種市 暁さん(43歳)
「やっぱりリラックスして着られるものがいちばん好き。でも、スウェットパンツだとどうしても行ける場所が限られてしまうので……」という悩みを払拭してくれたのが、柔らかく上質なスエード製のイージーパンツ。そして、種市さんはジャストではなくワンサイズ大きめをセレクトするそうで、その理由は、「ウエストを折り返すなどして、合わせる靴によって丈が変えられるから」というもの。だから、スニーカーもローファーもOK 。曰く、「高級レストランから居酒屋まで対応できる」優秀パンツなのだ。

ニット:ベンダーシングス 靴:オールデン

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーシャンズ世代が思わずグッとくるGOODなヤツら【後編】
2017.11.10
スウェットにイージーパンツを部屋着に見せない自信がある人にこそ読んでほしい
2017.10.28 / 種カジのタネあかし
ウィンターシーズンの快適に、“カシミヤ”というタイムレスな価値を
2017.10.24
足元を見られても素敵な男でいるために頼りたいモノがある
2017.10.01
ワントーンでも奥行きのあるスタイル。秘密は素材感と足元!
2018.01.11
シャープなショート丈ブルゾンは、細身パンツで上品なシルエットに仕上げを
2018.01.09
おっ、これは…! 70’s風コーデを飾る”アイテム選び”に注目を
2018.01.02
ワントーンのモードな着こなしは、一点、スニーカーでエスプリを効かせて
2018.01.01
王道コーデに遊び心をプラス。胸ポケットに挿したグローブが心憎い
2018.01.01