https://oceans.tokyo.jp/snap/201702-p107-01/

アウターとパンツだけ、それでもネイビーとカーキの2 色ならば①

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツーリングに行く、本誌モデルのケンさんをパパラッチ。「ボアのライナーで、袖口には風を通さないリブ付き。N-1とMA-1をミックスしたようなデザインが珍しくていいですね」。前を締めて完全防寒というときこそ、クールにキマるネイビーとカーキに頼りたい。

Top=ブリクストン Innerwear=ブリクストン Pants=ブルコ Shoes=コンバース Eyewear=アンクラウド

このエントリーをはてなブックマークに追加
関西の南国、和歌山のコーデ巧者から、“withサングラス”スタイルを盗もう!
2018.02.21
京都で発見! ロングコートを着こなすカギは「はんなり」にあり!
2018.02.20
少し暖かくなってダウンを脱いだら、レトロなアウトドアアウターの出番だ
2018.02.17
“枯れたおじさん”に見えない枯れ色カラーコーデ・テクニック
2018.02.15
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
絶妙なシルエットで、黒×カーキのシンプルさにこだわり感を醸し出す
2017.10.30
ロンドンの秋カジュアル。ポップさを演出するのは”インナーボーダー”
2017.09.24
ネイビーな父子。ポイントは暖色系ヴァンズとオレンジの自転車
2017.09.18
オーバーシルエットを引き締める、隠れた主役は”チラ見せ”インナー
2017.09.15