http://oceans.tokyo.jp/snap/201702-p105-01/

上下ネイビーコーデを”おりこう”に見せない”挿しカーキ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイカーが手掛けるワークブランドのデニムに、サーファーがデザインするノーカラーの中綿入りキルティングジャケットをマッチアップ。こんな上下ネイビーにも、インナーにカーキを挟んで男らしく。本誌モデルのケンさんが共感するハードなバックグラウンドのあるブランド選びが、シンプルでありながらスタイルのある格好良さにつながっているのだ。

Top=ザ・ハードマン Innerwear=ザ・ハードマン Pants=ブルコ Shoes=コンバース Cap=エベッツ フィールド フランネルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
カーキ , キャップ , キルティング , ジーンズ , スニーカ― , デニム , ネイビー
30秒でデニム姿を格好良くする「味のあるロールアップ」テクニック 〜ONE MORE MOVE #002〜
2017.10.18
これは惚れ直す!作り手たちに聞く、デニムというモノの面白さ
2017.10.17
いつものデニムスタイルが別物に進化!4大キーワード、教えます
2017.10.14
デニムが好きなら履くのをやめろ!?こんなデニムの楽しみ方もある
2017.10.11
足元の抜け感が心地いい。これぞ大人のシンプルスタイル
2017.10.20
日本製デニムを軸に仕立てた、美しく個性的なシルエット
2017.10.18
ビッグシルエットの”粋”。重厚感と新鮮な丈に注目!
2017.10.16
古着のヨレ感がたまらない、“濃淡”で遊ぶ面白さ
2017.10.14
無骨なのに爽やか……ワーク×スポーツミックスの新境地!
2017.10.12