https://oceans.tokyo.jp/snap/201702-p105-01/

上下ネイビーコーデを”おりこう”に見せない”挿しカーキ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイカーが手掛けるワークブランドのデニムに、サーファーがデザインするノーカラーの中綿入りキルティングジャケットをマッチアップ。こんな上下ネイビーにも、インナーにカーキを挟んで男らしく。本誌モデルのケンさんが共感するハードなバックグラウンドのあるブランド選びが、シンプルでありながらスタイルのある格好良さにつながっているのだ。

Top=ザ・ハードマン Innerwear=ザ・ハードマン Pants=ブルコ Shoes=コンバース Cap=エベッツ フィールド フランネルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
イチロー愛用品から極上デニムまで眠る中国エリアで掘ったグッドプロダクト
2018.01.21
リジッドデニムのロールアップがキマる裏技 〜ONE MORE MOVE#005〜
2018.01.20
“自分らしく”のヒントあり! それぞれのデニムにそれぞれの正解
2018.01.17
汎用性と男らしさ! 大人の味方・ミリタリーブルゾンはどう着よう
2018.01.15
スポーティなカーキでつくる”大人の余裕”。サイズ感がポイントに
2018.01.17
男らしいモッズコートはこだわりデニムと合わせ、無骨でラフな着こなしに
2018.01.09
デニム・オン・デニムにシェルパーカ。アクティブ派ならではの街スタイル
2018.01.09
ビビッドカラーのフリースに一目惚れ。ダークボトムスでアーバンアウトドアにまとめる
2018.01.04
ユニークダウン&リメイクスニーカー。アイテムで際立つ、そのこだわり
2018.01.03