http://oceans.tokyo.jp/2017-1201-2/

オッサン必見! 女性が男性に着けて欲しい腕時計の2つの条件、3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は、男の腕元を案外見ているもので、好感度が特に高い腕元には、条件があるという。それは自身も時計を愛好する人気スタイリスト大草直子さんも大いに認めるところ。

そこで大草さん的条件などをお聞きしつつ、女性目線の大代表として、“男性に着けて欲しい時計”5本を挙げていただいた。

大草直子さんの“オトコの腕時計”論考

男性の場合は、仕草まで含めて「時計」だと思うんです。名曲「赤いスイートピー」の「あなたが時計をチラッと見るたび〜」という歌詞のような、時計を見る男性の仕草にグッときます(笑)。

だからこそ、時計自体も素敵だとさらにいい。そんな私の個人的な好みは、男女問わずに、“知的”で“清潔感のある”シンプルな時計。その理由は3つあると考えています。

ひとつは、男性が着けることのできる数少ないアクセサリーということ。女性のようにいくつかのアクセサリーでバランスを取れないからこそ、ドレッシーすぎずカジュアルすぎない絶妙な塩梅が大切だと思います。

ふたつめは、子供への受け継ぎ目線。私も我が子にいつかは時計を譲りたい。資産として考えればこそ、長く使えて、タイムレスな美しさを備えるものがいい。

最後は、コミュニケーションツールとして。知的な時計だとつい話を聞いてみたくなります。「その時計、素敵ですね」から始まる会話ってスマートだと思うんです。関係が一歩進みますよね。

そんなわけで、女性目線で魅力的に映るものを挙げてみました。ぜひ、ご参考に!

IWC アイ・ダブリュー・シー
ポルトギーゼ・クロノグラフ

「男女兼用でも使える質実剛健ウォッチです」

K18レッドゴールドケース、40.9㎜径、自動巻き。163万円/IWC 0120-05-1868

「私も所有しているんですが、これは夫とシェアしています。着けていると必ず褒められますね。ジェンダーレスなデザインも今っぽい。適度にカジュアルなんだけど高級すぎない、地に足がついている感じがすごく好きなんです。文字盤が大きくインデックスが読みやすく、機能美がある時計ですね」。
航海用計器をモチーフにした、シンプルデザインの縦目クロノグラフはブランドの超人気モデルだ。


PATEK PHILIPPE パテック フィリップ
アクアノート 5168

「受け継ぎ時計の真打ちを、いつかは」

K18WGケース、42.2㎜幅(10時-4時方向)、自動巻き。420万円/パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109

「カジュアルすぎずにマジメすぎない、ちょうどいい塩梅。こんな時計を息子に受け継がせてみたい。パテック フィリップは自分にとっても憧れの“上がり”ブランド。これを着けている人は文句なく素敵」。
誕生20周年記念モデルは、モデル初となるWGケースに。


CITIZEN シチズン
エコ・ドライブ ワン AR5024-01E

「着けている理由がきちんとありそう」

SS(デュラテクトDLC加工)ケース、39㎜径、クオーツ。40万円/シチズン 0120-78-4807

「国産は圧倒的にシチズン派。“市民のための時計”という気概とイノベーティブな精神に惚れます。愛用者ならきっとそこにコミットしていると思うので、なぜ選んだか聞きたくなる」。
世界最薄クオーツキャリバー搭載の光発電エコ・ドライブ。


CARTIER カルティエ
タンク ルイ カルティエ LM

「枯れ木(!?)を咲かせる“華時計”ですね」

K18PGケース、縦33.7×横25.5㎜、手巻き。135万円/カルティエ 0120-301-757

「タンクは、華のある時計。リュウズのカボションやエレガントな佇まいから、装飾的な薫りがあります。年を重ねた、いい意味で枯れたOC世代の男性が着けるとちょうど良く、大人の色気が引き立ちます。Tシャツ&ビーサンくらいまで、思いっきり削ぎ落とされた装いにも格好良いですね。私は60代くらいで挑戦してみたい1本」。
今年生誕100周年を迎えた名作に加わった手巻きの新作。


OMEGA オメガ
シーマスター 300

「ジェームズ・ボンドの“タフ&セクシー”そのまま」

SSケース、41mm径、自動巻き。60万円/オメガ 03-5952-4400

「シーマスター 300は、現ジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグの印象そのもの。時計が持つ実用性やタフネスに彼のセクシーなムードがマッチして、スーツにも似合いますね」。
現在ジェームズ・ボンド着用の限定ピースは完売しているが、通常モデルのストラップを付け替えれば(別売り)JB気分が味わえる。


スタイリスト 大草直子さん
フリーのエディター、スタイリストとしてさまざまな女性誌で活躍。ウェブ媒体「ミモレ」編集長も務める。高級時計とファッションの関係性にもこだわりを持つほどの時計好きでもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタイリスト , 腕時計
世代を超える喜び! 受け継げる一生モノな腕時計
2017.12.12
あのロックスターと世界初のコラボも! “俺だけのレアもの”がここにある
2017.12.11
目前に迫るホリデーシーズンの高揚感をティファニーとともに……
2017.12.09
目の肥えたギョーカイ人の“指名買い”ウォッチリスト【後編】
2017.12.08
2018年1月号特集
2018年1月号特集 / FEATURE