http://oceans.tokyo.jp/2017-1109-4/

iPhoneX最速レビュー、使って分かった超進化。 「全面ディスプレー」がすべての始まりだった

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の場合「全面にディスプレーを配置する」というデザインから出発した。その実現のためには、有機ELを採用して内部で折り曲げて内蔵するアイデアの特許を取り、ホームボタンを廃止してジェスチャーに置き換え、Face IDに至ってはTouch IDが搭載された5年前からの研究開発の成果を投入した。その生体認証を実現するため、機械学習に長けた強力なA11 Bionicプロセッサーが用意された。

アップルは、iPhone 10周年の年に当たる2017年に、こうした新しいチャレンジが詰まったiPhone Xがリリースできたのは、偶然の一致だったと強調する。

iPhone Xが次の10年を作っていく

実際にiPhone Xを日常の中で使ってみるまでは、ホームボタンがないiPhoneが、今後のスタンダードになり得るのかどうか、疑問を持っていた。確かにコンパクトで大画面を実現するスマートフォンは、モバイルでビデオを楽しむ世代にはぴったりだが、本当にこの姿で次の10年を突き進むのか、自信が持てなかった。

しかし、アップル社内でもさまざまなチームが連携してチャレンジを乗り越えて実現したiPhone Xに実際に触れてみれば、このまま10年を作っていく可能性を、十分に感じることができた。

2017年モデルとしてのiPhone Xは、プレミアムモデルとの位置付けで、価格も最も高い。ただし、iPhoneの次の10年を見るうえでは触れてみるべきだし、今までの10年を忘れてしまうほど、手に馴染む快適な1台となるだろう。

著者:松村太郎(ジャーナリスト)
>東洋経済ONLINEの著者ページはこちら

記事提供:東洋経済ONLINE

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone , 携帯電話 , 東洋経済
京都の芸舞妓が惚れる人と敬遠する人の差 〜ご贔屓さんを気取っても本質は態度に表れる〜
2017.10.26
48歳バンドマンの「しぶとすぎる」生き残り術 〜結成28年、酸いも甘いも噛み分け進んできた〜
2017.10.18
お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう。金融マンも意外と知らない“積立投資”の利点
2017.10.11
「上司に相談します」は生産性で見て致命的だ 。「生産性が日本の1.5倍」ドイツ人に学ぶ
2017.10.04