http://oceans.tokyo.jp/2017-1109-4/

iPhoneX最速レビュー、使って分かった超進化。 「全面ディスプレー」がすべての始まりだった

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneには10年間、ホームボタンが搭載されてきた。アップルはホームボタンについて、世界で最も押され、多機能になったボタン、と振り返る。筆者も、iPhone 3G以来の9年間、毎日何十回も押し込んできたボタンだ。

iPhone Xを使い始めた初日、無意識にiPhone Xの何もないガラス部分を押し込んでしまったことが多々あった。それだけ、ホームボタンを押すことが、あまりに日常になりすぎていた、ということだ。

「ジェスチャー」は、iPhone Xのもうひとつの魔法

廃止されたホームボタンの代わりに、画面下部をフリックする操作を行う。すぐに慣れることができる、快適な操作方法だ(筆者撮影)

元々の役割はホーム画面を表示させること。ロック画面や開いているアプリからホーム画面に戻ることができ、何か困ったら一旦このボタンを押せばはじめに戻れる、という基本を提供してくれた。またロック中、iPhoneの画面を点灯させる役割もあった。

iOSがマルチタスクに対応すると、ホームボタンの2度押しによるアプリ切り替え画面の表示、という新しい役割が備わった。3度押しではアクセシビリティを起動できる。Siriが採用されたiPhone 4S移行は、ホームボタンの長押しで音声アシスタントを呼び出すようになった。

加えて、Touch IDの搭載だ。画面が大型化したら、画面上部の表示に届くようにするため、Touch IDセンサーを押し込まずに2度タップする「簡易アクセス」という機能が追加された。そしてApple Payの起動と認証にも、ホームボタンが利用されている。

アップルは、有機ELディスプレーで全面を覆うiPhone Xを実現するにあたり、ホームボタンに与えてきたこれらの役割をすべて、ほかの方法に置き換えなければならなくなった。世界でもっとも働き者のボタンを、自然な形で退役させるチャレンジが、そこにあったのだ。

同時に、ユーザーにとっても、この移行はチャレンジになる。10年間ユーザーがホームボタンを押すことを奨励してきたアップルが、「もうホームボタンはない、押すな」と言うからだ。結論から言えば、アップルのチャレンジは非常にシンプルな形で成功した、と評価できる。

iPhone Xはホームボタンの代わりに、画面の下縁付近のフリック操作を採用した。ホームボタンを押し込む動作は、縁から上にフリックするだけ。アプリ切り替え画面は、下から上へのフリックを画面上で一度止めればよい。あるいは、画面下縁を左にフリックすれば、隣のアプリに切り替えることができる。簡易アクセスは、画面下縁を上から下にフリック、だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone , 携帯電話 , 東洋経済
京都の芸舞妓が惚れる人と敬遠する人の差 〜ご贔屓さんを気取っても本質は態度に表れる〜
2017.10.26
48歳バンドマンの「しぶとすぎる」生き残り術 〜結成28年、酸いも甘いも噛み分け進んできた〜
2017.10.18
お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう。金融マンも意外と知らない“積立投資”の利点
2017.10.11
「上司に相談します」は生産性で見て致命的だ 。「生産性が日本の1.5倍」ドイツ人に学ぶ
2017.10.04