http://oceans.tokyo.jp/2017-1028-3/

「月」と「人」の時を刻む。その機械式時計から覗く「フレデリック・コンスタント」のロマン

このエントリーをはてなブックマークに追加

「機能美と融合したロマンあるデザイン」
by ピーター・C・スタース(フレデリック・コンスタント グループ社長)

月の満ち欠けの平均周期は約29日と12時間44分。この約1カ月の月の姿を表示する機能がムーンフェイズだ。

SSケース、40㎜径、自動巻き。24万円/フレデリック・コンスタント 0570-03-1988

ではこの月齢が必要とされた理由はどこにあるか。まず、月の引力の作用で海には毎日2回満潮が訪れ、14日ごとに太陽と月と地球が直線上に並び、大潮となる。これが航海や漁業に大きな影響を与え、月齢が必要とされた。だがそれにも増して一般的に浸透したのは宗教との関わりによる。

キリスト教で最も重要な記念日のひとつであるイースターは毎年“春分の日ののちの、最初の満月後の日曜日”と決められ、それだけ月齢は古来、生活習慣に根差し、広く親しまれていたということだ。クラシックテイストをよりモダンなスタイルに表現するフレデリック・コンスタントがムーンフェイズに強い思いを注ぎ込む理由もそこにある。

今回紹介するのは、洗練されたヒストリカルなデザインが特徴のクラシックラインに採用されたモデル。1994年にフレデリック・コンスタントが世に初めて送り出し、今やブランドのシンボルになったハートビートと組み合わせることで、夜空に浮かぶ自然界のダイナミズムと創造性豊かな人間の技の融合を思わせる。

文字盤では、ハートビートの奥に鼓動するバランスホイールと、秒を刻む針の動き、そして静かに満ち欠けする月という異なる3つの瞬間が共存し、大いなるロマンが伝わってくる。それは“手の届くラグジュアリー”というブランド哲学にも見事に合致する。

CLASSICS HEARTBEAT MOONPHASE クラシック ハートビート ムーンフェイズ

すっきりとしたレイアウトが特徴的。クル・ド・パリ装飾の文字盤とブレゲ針、ローマ数字インデックスの組み合わせも美しい。

ブレスレットタイプや、YGプレート加工のケースも展開。異なる個性が楽しめる。、[左]27万円、[右]26万円/ともにフレデリック・コンスタント  0570-03-1988

[問い合わせ]
フレデリック・コンスタント相談室 
0570-03-1988 
https://frederiqueconstant.com/ja/

星 武志(エストレジャス)=写真 石川英治(Table Rock. Studio)=スタイリング 柴田 充=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
フレデリック・コンスタント , 機械式時計 , 腕時計
伝統の“機械式時計”と次世代の“スマートウォッチ”。その最先端を知ろう
2017.11.18
造形、背景から深き愛を伝える腕時計。いま知りたい“ロマンティック”な7本
2017.11.05
すべての男は冒険家である。世界一“高い”時計が語りかける譲れない価値観とは?
2017.10.26
交錯する時の物語。腕時計が紡ぐ男と女のオムニバスストーリー
2017.10.24
2017年12月号
2017年12月号 / FEATURE