http://oceans.tokyo.jp/2017-1026-2/

代官山で“ネオな”名杜氏たちを応援する角打ち「未来日本酒店」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネオ角打ち」という名の愉悦Vol.4
酒屋の店頭で飲むスタイルを「角打ち」と呼ぶ。「四角い升の角に口をつけて飲むから」「店の一角を仕切って立ち飲み席にするから」など名称の由来は諸説あるが、いずれにせよプロの酒飲みが集うイメージ。一般人には少々敷居が高い。しかし、最近では誰でも入りやすい新しいタイプの角打ちが続々と登場している。そんな「ネオ角打ち」の魅力に迫る連載です。

1万円以上するTシャツを着た人々が集う。そんなイメージの代官山だが、この街にも角打ちがあるという情報を得た。さっそく行ってみると、さすがにお洒落だ。

いかにも“ネオ”な装い

しかし、お酒に対する愛情とこだわりが尋常ではなかった。

店内の様子

オーナーの山本祐也さん(32歳)に話を聞いた。

野村證券、JPモルガンを経て独立

「27歳で独立してコンサル系の仕事をしていたんですが、とあるご縁で日本酒のプロデュースをすることになりまして。これをきっかけに今年7月、日本酒のセレクトショップをオープンしました」

出身が金沢の近郊だったため、同級生に酒蔵の子息が大勢いたという。こうした環境も今の展開と無関係ではないかもしれない。現在、店内に置いてある日本酒は約150種類。若い世代の蔵元が作るレアな銘柄がメインだ。

「うちのコンセプトはメジャーでもプロ野球でもなく、甲子園。若いチャレンジを応援したいという思いが強い。“未来のスター”のお酒を扱うので『未来日本酒店』というわけです」 。未来の味をさっそくいただこうではないか。山本さんオススメの3銘柄を注文する。

すべて日本酒である

「左は徳島の三芳菊酒造が34年間熟成させて作った『1984』です。ジョージ・オーウェルと村上春樹の小説タイトルで、かつヴァン・ヘイレンのアルバムタイトル。物語が立ち上がってきそうなところもいい。値段は900円」

さらに、中央は山本さんや能登の名杜氏を含むプロジェクトチームが“究極の食前酒”としてデザインした無濾過生原酒、「桜咲け!(SakuraSake)」。こちらのアルコール度数は16度だが、同銘柄の右は14度と少し飲みやすくなっているという。共に700円。

おおお、ワインのようなスッキリとした飲み口

34年熟成ものは色味的に赤ワインのつもりで飲んだが、実際は強烈な酸っぱさと香ばしさを併せ持つ究極の発酵酒だった。

「酵素を介さずに糖とアミノ酸が結合するメイラード反応によって、こういう色になるんですよ」

外飲み好きとしてはオープンエアの席があるのもうれしい。余談だが、店の前で橋の遺構を見つけた。

三田用水猿楽口分水跡に残る「新坂橋」

山本さんが言う。

「同じ酒蔵でも杜氏の代替わりで味が変わるんです。うちではそんな日本酒たちを『デザイナーズ』『ヴィンテージ』『テロワール』といったジャンルに分けて冷蔵しています」

CDショップのようなディスプレイ

「デザイナーズ」はいわゆるモダンな味、「ヴィンテージ」はとくに推したいもの、「テロワール」は地元の米や水にこだわる銘柄だそうだ。

とにかく、見たことがない日本酒ばかり

常々、日本酒のラベルはデザインが多様で美しいと思っていたが、山本さんいわく、「ワインなどと違って表示の規制がないから自由なんです」。

「こんなのもありますよ」

「先ほどの三芳菊酒造のオヤジさんが大のロック好きでね。デザインは完全にサイケだし、ほら、下に『WALK ON THE WILD SIDE』って書いてあるでしょ。ルー・リードの代表曲です(笑)」

なんと、三芳菊酒造の娘さんが働いていた

現在、東京農大に通っており、蔵を継ぐかどうかは「考え中」とのことだった。

「そうそう、若い世代の蔵元といえばこれも見てくださいよ」と山本さん。

洒落たボトルが3本並ぶ

「未来のスター杜氏が最高峰の純米大吟醸を醸す『Stars』というプロジェクトから生まれたスペシャルな日本酒です。3人とも20代から30代。まさにドラフト1位指名が噂される高校球児だといえますね」

左から、阿部裕太さん、吉田泰之さん、浅野理可さん

いずれも、ゆくゆくは蔵元を継ぐ人々。蔵元ではなく杜氏にスポットを当てようという試みなのだ。スペシャルな大吟醸なのに3種セットで1400円。

なお、「ネオ角打ち」は得てしてフードもネオである。ここもそうだった。

名酒に寄り添うフードメニュー

おっと、気になる文字列が……。

ハイパー干物クリエイター?

「熱海にある『干物屋ふじま』の藤間義孝さんが作る逸品です。ぜひ、召し上がってください」

光り輝く鯖の干物が出てきた

天日干しにこだわった製法と秘伝のレシピがあるらしい。文字通りハイパーな美味しさだった。お値段900円。

ひやおろし入荷告知の横にカープのリーグ優勝を祝うコーナー

「新潟の今代司酒造が作っている『錦鯉』という日本酒。もちろん、カープとは関係ないんですが、錦鯉は縁起がいいということで中国の方にも人気なんです」

日本酒婚活パーティーも定期的に開催

もう少し飲みたい。山本さんにそう告げると、「じゃあ、熱燗いってみましょうか。岡山・丸本酒造の『かもみどり』なんて芳醇で燗酒にぴったりですよ」。

しみじみ美味しくて呆けたような顔になった。600円

も、もう一杯ください。

「酸が強く、チーズによく合います」

蔵元は奈良の美吉野醸造。15世紀といえば、ヨーロッパではオスマン帝国が興隆し、日本では応仁の乱が起きた時代だ。米、麹、水が時空を超える。

「杜氏ってミュージシャンに似てるんですよ。アーティスト魂を注ぎ込んで年に1回集大成となるアルバムを出すという意味で。『ファーストアルバムが一番いいとは言わせないぞ』という矜持もありますからね」

かくして日本酒の世界を十二分に堪能。飲んでいる最中は、お連れしたい日本酒付きの知人の顔がいくつか浮かんだ。さて、そろそろお会計をしようか。

このあと、夜の帝王になりました

取材・文/石原たきび

このエントリーをはてなブックマークに追加
37.5歳の愉悦 , お酒 , ネオ角打ち
64年の東京五輪に合わせて発売!「ワンカップ大関」の凄い歴史
2017.12.07 / 37.5歳からの愉悦
築地市場でオレンジワインを推す“ネオな”角打ち「酒美土場」
2017.11.30 / 37.5歳からの愉悦
創業130年、最前線ワインを出す“ネオな”角打ち「相模屋本店」
2017.11.09 / 37.5歳からの愉悦
1200種類のクラフトビールにクラクラする“ネオな”角打ち「びあマ・びあマBAR」
2017.11.02 / 37.5歳からの愉悦